Meta の Workplace

Dialogflow Meta Workplace 統合を使用すると、エンドユーザーとやり取りする Meta Workplace ボットを作成できます。

仕組み

統合の仕組みは次のとおりです。

  • Meta Workplace を使用する顧客統合を作成します。
  • Dialogflow の統合と Workplace インスタンスを構成して、相互に通信できるようにします。
  • Dialogflow の統合では、Send API from Meta を使用してエンドユーザーにメッセージを送信します。
  • Dialogflow の統合は、Workplace Webhook from Meta として機能することで、エンドユーザーからメッセージを受信します。

設定

統合を設定するには:

  1. Meta Workplace カスタム統合の作成の手順に沿って、Meta Workplace カスタム統合を作成します。

    • Meta Workplace カスタム統合を作成します。
    • このステップではアプリ シークレットが提供されます。この値をコピーします。このトークンは、Dialogflow コンソールから統合を構成するために使用されます。
    • 統合のアクセス トークンを作成またはリセットします。この値をコピーします。このトークンは、Dialogflow コンソールから統合を構成するために使用されます。
    • カスタム統合の権限を設定します。[権限] で Message any member が有効になっていることを確認します。
  2. Dialogflow コンソールから統合を構成します。

    1. Dialogflow CX コンソールに移動
    2. 左側のパネルで [Manage] タブをクリックします。
    3. 左側のサイドバー メニューで [Integrations] をクリックします。
    4. [Meta Workplace] タイルの [Connect] ボタンをクリックします。
    5. 構成ダイアログが開きます。

      • App secret: [App Dashboard Basic Settings] でアプリ シークレットを入力します。

      • Access token: 上記の Meta アプリ設定時にコピーしたアクセス トークンを入力します。

      • Verify token: 任意のプライベート トークンを入力できます。この値をコピーします。これは Meta Workplace の Webhook を構成するために使用されます。

      • Webhook URL: この値をコピーします。これは Meta Workplace の Webhook を構成するために使用されます。

      • Start: クリックすると、エージェントのこの統合サービスが開始されます。

  3. Meta Workplace カスタム統合の設定を完了してテストします。Webhook for Meta Workplace のドキュメントの手順に沿って、次の操作を行います。

    • アプリの Meta の Webhook を構成します。上記でコピーした [Webhook URL] と [Verify token] の値を使用します。
    • Webhook トピックの統合をサブスクライブします。ページ登録で、messagesmessaging_postbacks を必ず有効にしてください。
    • アプリをテストします。

リッチ レスポンス メッセージ

リッチ レスポンス メッセージは、フルフィルメントカスタム ペイロードによってサポートされます。メッセージの形式については、API パラメータのメッセージ オブジェクトを送信するをご覧ください。

たとえば、次のカスタム ペイロードは単純なテキスト メッセージを提供します。

{
  "text": "Hello, world"
}

次のカスタム ペイロードは、画像メッセージを提供します。

{
  "attachment": {
    "type": "image",
    "payload": {
      "url": "https://example.com/test.jpg"
    }
  }
}