AI & 機械学習

2021 年 Google Cloud で高い人気を集めた AI ブログ投稿

#aiml

※この投稿は米国時間 2021 年 12 月 22 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

昨年来、人工知能(AI)は注目を集め続けています。これは、単にデータを保有する組織と、データを用いて AI を駆使して行動につながるインサイトを生成したり、カスタマー エクスペリエンスを改善したりする組織との間に横たわるギャップが引き続き拡大しているためです。

Google Cloud では、お客様の AI 投資を実際の成果につなげることを最も重要な目標の一つとして掲げており、2021 年も全力で数々の新しいソリューション、研究、チュートリアルを立ち上げてきました。お客様が、これまでの情報すべてを確認できていなかったとしても焦る必要はありません。経験豊富なデータ サイエンティストでも、初めて AI を活用して問題を解決しようとする初心者でも、Google Cloud はあらゆるレベルの専門知識に対応したプラットフォームやツール、ベスト プラクティスを提供しています。そこで、2021 年を締めくくるにあたり、今年高い人気を集めた AI ブログ投稿をまとめました。2022 年にも役立つ内容となっておりますので、ぜひご覧ください。  

Vertex AI: 単一プラットフォームですべての ML ツールに対応

5 月に発表された Vertex AI は、今年の AI に関するお知らせの中でも最も重要なものの一つでした。マネージド機械学習(ML)プラットフォームである Vertex AI は、データチームが ML モデルをより迅速に構築、デプロイ、保守できるようサポートします。競合するプラットフォームと比較した場合、モデルのトレーニングに必要なコードが約 80% 少なくて済むため、組織は専門知識のレベルを問わずに機械学習オペレーション(MLOps)を実装できます。Vertex AI を 2022 年に新たに採用する予定でも、数か月ご利用になられている場合でも、この強力な機能を最大限に活用するためのさまざまな記事を以下にご紹介します。

CCAI: AI を活用してカスタマー エクスペリエンスを再定義

Google Cloud の Contact Center AI(CCAI)プラットフォームは、AI の限られた専門知識しかない企業でも、顧客やパートナーとの対話からインサイトを取得し、顧客と自然にチャットできる仮想エージェントをデプロイできるようにすることで、ML を活用した言語モデルをより使いやすく効果の高いものにします。

CCAI は、コールセンターで人間のエージェントが対応できない場合でも、オンデマンドで優れたカスタマー サービスを提供できるよう特別に構築されています。顧客が数語の音声入力で自らを認証できるようにする Speaker ID、人間のエージェントに通話中やチャット中の顧客の意図に関する継続的なインサイトを提供する Agent Assist、データが仮想エージェントと人間のエージェントのどちらから得られたものかに関わらず AI を使用してコンタクト センターの未加工の対話をマイニングし、インサイトを得ることができる CCAI Insights など、年間を通じて強力な新機能を追加しています。

お客様の CCAI の活用方法について詳しくは、HSBC が CCAI の一部である Dialogflow を使用してポリシーの専門家にかかる電話の負担を軽減した事例に関する投稿をご確認ください。

DocAI: 非構造化データから価値を引き出す

Document AI(DocAI)プラットフォームは、ドキュメント処理における推測と手作業を排除し、チームがドキュメントに記録されたデータの理解を深め、ワークフローの合理化を図れるように支援します。お客様のビジネスの実装から価値創出までの時間を短縮できるように、ユースケース別の追加機能をプラットフォームに導入しました。これには、Lending DocAIProcurement DocAIContract DocAI などがあります。お客様がどのように DocAI ソリューションを活用しているかについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

業種別ソリューション: 小売業から製造業まで、意思決定をよりスマートに

お客様に適切な情報を適切なコンテキストで提供するのは重要なことです。IKEABazaarvoice などの小売業のお客様は、Recommendations AI ソリューションを使用して、それぞれのクリック率を 30%、60% 向上させるという素晴らしい成果を上げています。このソリューションを使用してより多くのことができるように、今年は以下のようなブログを公開しました。

ユースケースを考慮した DocAI ソリューションや小売業向けの Recommendations AI に加え、その他の特定の業種や課題についても掘り下げ、次のような記事も取り上げました。

翻訳: 言葉の壁をなくして顧客とつながる

AI ユースケースの中でも、翻訳は急成長を遂げています。100 以上の言語でビジネス ドキュメントを翻訳する機能を中心に、お客様とのつながりをサポートする幅広い機能のアップデートをリリースしました。2022 年の抱負の一つに、迅速な翻訳ワークフローを掲げている場合、Translation API によるウェブサイト翻訳のベスト プラクティスや、サンノゼ市がいかにして重要なサービスが地域社会全体に行き渡るよう AI 翻訳を利用しているかなどの投稿をご覧ください。

これからも続く取り組み: トレーニング リソースと評価

Google Cloud では、AI は引き続きビジネスに影響を与え、もっと容易に実装したり活用したりできるようになると考えています。つまり、2021 年以前は氷山の一角でしかありません。2022 年もお客様が AI を使用してさらに多くの取り組みを行えるよう支援できることを楽しみにしております。それまでの間、Google Cloud のその他の研究、推奨事項、賞賛を紹介するブログに加え、AI を活用してより多くのことをより迅速に実現するのに役立つトレーニング リソースを以下にまとめましたのでご覧ください。


- Google Cloud のコンテンツおよび編集担当編集長