用語集

次のセクションでは、Anthos GKE On-Prem(GKE On-Prem)と Kubernetes の用語について説明します。

以下も参照してください。

A

管理クラスタ

ユーザー クラスタを作成し、そのコントロール プレーンを管理するクラスタ。GKE On-Prem との間のすべての API 呼び出しは、管理クラスタで実行される管理コントロール プレーンによって処理されます。

管理コントロール プレーン

管理クラスタで実行されているコントロール プレーン

このコントロール プレーンは、GKE On-Prem との間のすべての Kubernetes API 呼び出しを処理します。API 呼び出しが行われたときに管理コントロール プレーンに到達し、次に目的の宛先にルーティングします。ユーザー クラスタの作成、アップグレード、削除などの全ライフサイクルを管理します。これは、vSphere や Connect Agent とやり取りするサービスを実行します。

C

CLI

「コマンドライン インターフェース」の略。

クラスタ

次を参照してください。

  • vSphere クラスタ、vSphere 仮想マシンのセット。
  • GKE On-Prem クラスタ。Kubernetes 標準用語集より: 「ノードと呼ばれるマシンのセット。Kubernetes によって管理されるコンテナ化されたアプリケーションを実行する。」GKE On-Prem には、管理クラスタユーザー クラスタがあります。

構成ファイル

「config file」とも呼ばれます。次を参照してください。

  • Kubernetes リソースを記述する YAML ファイル。
  • 新しいクラスタの作成と既存のクラスタのアップグレードに使用する GKE On-Prem 構成ファイル

Kubernetes ConfigMap リソースと混同しないでください。

コントロール プレーン

ワークロードのスケジュールと管理、クラスタとの通信、クラスタの機能を保証する一連のコンポーネントで構成されたクラスタの制御ユニット。コントロール プレーンには、etcd Key-Value データストア、Kubernetes API サーバー、スケジューラ、コントローラ マネージャーが含まれます。Kubernetes コントロール プレーンの Kubernetes ドキュメントもご覧ください。

D

データセンター

次を参照してください。

  • ネットワークに接続されたコンピュータとストレージ デバイスを格納する施設の物理的な場所。
  • 仮想 vCenter データセンター。VMware ドキュメントより: 「仮想マシンの運用向けの完全な機能環境を完成させるために必要なすべてのインベントリ オブジェクトのコンテナ。」

導入

Deployment をご覧ください。

Distributed Resource Scheduler(DRS)

物理ホストのグループ間で VM のコンピューティング容量を動的に分散する VMware ユーティリティ。

G

gkectl

GKE On-Prem へのコマンドライン インターフェース(CLI)。gkectl を使用して GKE On-Prem クラスタを作成、管理し、クラスタの問題を診断します。

H

高可用性(HA)

次を参照してください。

  • vSphere HA。VM で障害が発生した場合に、使用可能なホストで VM を自動的に再起動する機能。
  • 高可用性のコンセプト。コンピューティング システムの停止に対する高い復元力を表します。

ホスト

データセンターで稼働している物理マシン。サーバーとも呼ばれます。仮想マシンはホストにデプロイされます。

I

アイランド モード

GKE On-Prem では、クラスタ ネットワークのオーバーレイ ネットワークは作成されません。その代わり、BGP を使用してノード間メッシュを作成して、既存のアンダーレイ ネットワークを使用してクラスタ内で Pod が相互に接続できるようにします。ただし、クラスタを構成するノード間でのみルートが通知されるため、このネットワークにクラスタの外部から直接接続することはできません。この構成は、既存のオンプレミス ネットワーク内の島と考えることができるため、アイランド モード ネットワーキングと呼ばれます。

M

機械

次を参照してください。

マニフェスト

次を参照してください。

  • Kubernetes YAML 構成ファイル。
  • 仕様

N

ノード

次を参照してください。

  • Kubernetes クラスタで実行されるワーカーマシン。クラスタは複数のノードで構成されます。

  • GKE On-Prem クラスタ内の vSphere 仮想マシン「VM」または「マシン」とも呼ばれます。

  • クラスタ API ノードリソース。Kubernetes クラスタ内のワーカーマシンへのシンボリック リンクとして機能します。

O

オブジェクト

通常、Kubernetes リソースを指します。

P

Pod

コンテナ化されたワークロードを実行する Kubernetes オブジェクト。Kubernetes でデプロイ可能なコンピューティングの最小単位です。Pod は通常、Deployment や StatefulSet などの別のオブジェクトによって管理されます。また、Pod の Kubernetes ドキュメントもご覧ください。

R

リソース

次を参照してください。

  • リソースプール内の vSphere エンティティ。
  • クラスタに存在する、または構成ファイルで記述される Kubernetes エンティティ。

リソースプール

GKE On-Prem では、単に vSphere クラスタVM のセット。詳細についてはリソースプールをご覧ください

S

サービス

論理的に一連の Pod をグループ化し、Pod へのアクセス時にポリシーを定義する Kubernetes オブジェクト。Service については Kubernetes のドキュメントもご覧ください。

StatefulSet

ステートフル アプリケーション向けの Kubernetes オブジェクト。StatefulSet によって管理される Pod は、クラスタ内で一意の永続的な ID を取得します。StatefulSet については Kubernetes のドキュメントもご覧ください。

U

ユーザー クラスタ

開発者の Kubernetes ワークロードが実行されるクラスタ。ユーザー クラスタは管理クラスタによって管理されます。

V

Virtual Machine File System(VMFS)

ESXi のクラスタ ファイル システム。

vCenter

データセンター サービスを管理する vSphere のウェブベース ユーザー インターフェース。ESXi ホスト全体を一元管理できます。

vSphere

vCenter と ESXi を含む VMware の一連の仮想化プロダクト。

vSphere クライアント

vSphere Web Client とも呼ばれる、vSphere 向け VMware のウェブベース管理インターフェース。これを使用して、vCenter Server に接続できます。

仮想マシン(VM)

特定のアーキテクチャとハードウェア仕様を持つコンピュータ システムのエミュレーション。物理マシンのハードウェアに置き換わるものです。VM は、データセンターで実行されている物理マシンであるホストにデプロイされます。GKE On-Prem は、vSphere VM のクラスタを作成して使用し、GKE On-Prem クラスタをデプロイします。