Google Cloud SDK の概要

Google Cloud SDK は、Google Cloud Platform でホストされるリソースやアプリケーションの管理に使用できる一連のツールです。

Cloud SDK コンポーネント

Cloud SDK には、次のツールが用意されています。

  • gcloud
  • bq
  • gsutil

各種の gcloud コマンドを実行すると、追加のコンポーネントが自動的にインストールされます。たとえば、gcloud を使用して App Engine アプリケーションをデプロイすると、各言語の Google App Engine 拡張機能が自動的にインストールされます。

gcloud

gcloud は、Google Cloud Platform で多くの一般的なタスクを実行するために使用できるコマンドライン ツールです。gcloud を使用すると、以下を作成および管理できます。

  • Google Compute Engine 仮想マシン インスタンスと他のリソース
  • Google Cloud SQL インスタンス
  • Google Kubernetes Engine クラスタ
  • Google Cloud Dataproc クラスタとジョブ
  • Google Cloud DNS マネージド ゾーンとレコードセット
  • Google Cloud Deployment Manager のデプロイ

また、gcloud を使用して、App Engine アプリケーションのデプロイなどのタスクを実行することもできます。さらに、gcloud Alpha Commands コンポーネントと gcloud Beta Commands コンポーネントで追加機能を利用できます。これらのコンポーネントを使用すると、Google Cloud BigTable、Google Cloud Dataflow など、一般提供より前のリリースレベルの Cloud Platform の機能を利用できるようになります。

bq

bq は、Google BigQuery でデータを操作するために使用できるコマンドライン ツールです。bq を使用すると、データセット、テーブルなどの BigQuery のエンティティを管理したり、データに対してクエリを実行したりすることができます。

gsutil

gsutil は、Google Cloud Storage でタスクを実行するために使用できるコマンドライン ツールです。gsutil を使用すると、以下を行うことができます。

  • Google Cloud Storage バケットの作成、管理
  • バケットへのオブジェクトのアップロード、オブジェクトのダウンロード、オブジェクトの削除
  • オブジェクトの移動、コピー、名前変更
  • 保存されたデータへのアクセスの管理

Cloud SDK のインストール

ツールを実行するシステムに Cloud SDK をダウンロードしてインストールします。Google では、Linux、macOS、Windows の最新バージョンと以前のバージョンに対応する各プラットフォームのバージョン固有のアーカイブを提供しています。また、ガイド付きの対話式インストーラを使用して、Cloud SDK をインストールすることもできます。Debian および Ubuntu プラットフォームでは、apt-get を使用して Cloud SDK をインストールできます。

Cloud SDK の初期化

gcloud コマンドライン ツールには、Cloud SDK の初期化に使用できる gcloud init コマンドが用意されています。このコマンドを使用すると、現在のユーザー アカウントの認証情報を使用して Cloud Platform にアクセスできるように Cloud SDK ツールを承認し、デフォルトの Cloud SDK の構成をセットアップできます。また、このセットアップ手順を個別に行うことも(ユーザー アカウントの代わりにサービス アカウントの承認を使用して Cloud Platform にアクセスする必要がある場合など)、後で gcloud init コマンドを実行して設定を変更したり新しい構成を作成したりすることもできます。

Cloud SDK の使用

Cloud SDK をセットアップした後、他のコマンドライン ツールを使用する場合と同じようにそのツールを使用できます。コマンドは、コマンドラインから実行することも、スクリプトや他の自動化で実行することもできます(Jenkins を使用して Google Cloud Platform のタスクを自動化する場合など)。

Cloud SDK コンポーネントの管理

gcloud には、インストールされた Cloud SDK コンポーネントの管理に使用できる gcloud components というコマンド グループが用意されています。このグループのコマンドを使用して、インストール環境のコンポーネントについて、リスト表示、インストール、更新、削除を行うことができます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud SDK のドキュメント