MySQL プラグイン

MySQL は、多くのデータベースにマルチユーザー アクセスを提供するサーバーとして動作する、リレーショナル データベース管理システムです。詳細については、mysql.com をご覧ください。

検出

MySQL プラグインが構成されていない場合でも、Monitoring で次の操作を行うことで、Cloud Platform プロジェクトで実行されている MySQL サービスが検出されます。

  • mysql のインスタンス名検索
  • ファイアウォール ルールで 3306 に開かれているポートを確認

検出されたサービスは、[リソース] メニューの [MySQL Services] ページに表示されます。モニタリング エージェントをインストールし、インスタンス上の MySQL プラグインを構成すると、Monitoring はインベントリや指標を [MySQL Services] ページに移入します。

MySQL モニタリングの構成

モニタリング エージェントは Connector/C クライアント ライブラリを使用して MySQL をモニタリングします。Connector/C ライブラリは、モニタリング エージェントでサポートされているほとんどの Linux システム(Ubuntu 16.04 LTS を除く)に、MySQL とともにデフォルトでインストールされます。

Ubuntu 16.04 LTSAmazon AMI 2016.03 以降では、MySQL をインストールした後、次のコマンドを実行して、欠落している依存関係をインストールする必要があります。

Ubuntu 16.04 LTS

    sudo apt-get install libmysqlclient20

Amazon AMI 2016.03 以降

    sudo yum install mysql-libs

MySQL をモニタリングするための Monitoring の構成

モニタリング エージェントをインストールした後、次の手順でインスタンス上の MySQL プラグインを構成します。

事前準備

MySQL のコレクションでは、SHOW STATUS コマンドを実行することができる、MySQL のパスワードを持つユーザーを追加する必要があります。ユーザーとパスワードは、以下の設定ファイルで、STATS_USERSTATS_PASS と呼ばれます。

MySQL モニタリング プラグインを有効化する

MySQL は、システム上のデータベースごとに設定されています。現時点では、ドロップイン設定は使用できません。次の設定ファイルは、DATABASE_NAME と名付けられた 1 つのデータベースを設定する方法を示しています。データベースのテンプレートとしてその設定を使用する必要があります。

VM インスタンス上で、GitHub 構成リポジトリから mysql.conf をダウンロードし、ディレクトリ /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ に置きます。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/mysql.conf)

ダウンロードした設定ファイルを編集し、データベースに関する情報を追加します。インライン コメントは、どこに追加のデータベースの構成を追加する必要があるか示してします。DATABASE_NAME が見えるところはすべて、データベースの名前に置き換えてください。

設定ファイルを編集した後、次のコマンドを実行して、モニタリング エージェントを再起動します。

sudo service stackdriver-agent restart

他のプラグインの構成オプションに関する情報は collectd.org をご覧ください。

モニタリング対象

MySQL プラグインは、次の指標をモニタリングします。

  • 接続(数): MySQL へのアクティブな接続の数。
  • 選択クエリ(数): 実行中の選択クエリの数。
  • 挿入クエリ(数): 実行中の挿入クエリの数。
  • 更新クエリ(数): 実行中の更新クエリの数。
  • スレーブ レプリケーションの遅れ

詳細については、エージェント指標の一覧: MySQL をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。