プライベート クラウドのリソースとアクティビティを管理する

プライベート クラウドを管理するには、Google Cloud VMware Engine ポータルにアクセスします。ここで、プライベート クラウドのリストの表示、概要情報の表示、プライベート クラウド オペレーションの管理、vCenter 環境へのアクセスを行うことができます。

プライベート クラウドのリストを表示する

[Resources] ページで、すべてのプライベート クラウドのリストをプライベート クラウドのタブに表示します。各プライベート クラウドについて提供される情報には、名前、ノード数、vSphere クラスタの数、ロケーション、プライベート クラウドの現在の状態、有効期限などがあります。

さらに詳しい情報と操作を表示するには、プライベート クラウドの名前をクリックします。

プライベート クラウドの概要を表示する

選択したプライベート クラウドの包括的な概要を表示できます。概要ページには、プライベート クラウドにデプロイされた DNS サーバーが含まれます。

選択できる操作

サブネット

選択したプライベート クラウド用に、定義された管理サブネットのリストを表示します。このリストには、プライベート クラウドの作成時に作成された HCX サブネットが含まれます。

選択できる操作

作業内容

選択したプライベート クラウドのアクティビティ情報を表示します。この情報は、選択したプライベート クラウドのすべてのアクティビティをフィルタしたリストです。このページには、最近のアクティビティが 25 件まで表示されます。アクティビティとそれらに関連する操作の完全なリストについては、VMware Engine アクティビティのモニタリングをご覧ください。

クラウドラック

クラウドラックは、プライベート クラウドの構成要素です。各ラックは容量の単位を提供します。Google は、プライベート クラウドの作成時または拡張時の選択に基づいてクラウドラックを自動的に構成します。クラウドラックの完全なリスト(各クラウドラックに割り当てられているプライベート クラウドを含む)を表示できます。

vSphere 管理ネットワーク

現在プライベート クラウドで構成されている VMware 管理リソースと仮想マシンのリストを表示します。情報には、ソフトウェア バージョン、完全修飾ドメイン名(FQDN)、リソースの IP アドレスが含まれます。

次のステップ