vCenter アクセス用の DNS を構成する

オンプレミス ワークステーションから VMware Engine プライベート クラウド上の vCenter Server にアクセスするには、DNS アドレス解決を構成して、vCenter Server がホスト名と IP アドレスでアドレス指定されるようにする必要があります。

プライベート クラウドの DNS サーバーの IP アドレスを取得する

  1. Google Cloud VMware Engine ポータルにアクセスする
  2. [リソース] > [プライベート クラウド] に移動し、接続するプライベート クラウドを選択します。
  3. プライベート クラウドの [概要] ページの [プライベート クラウド DNS サーバー] で、[コピー] をクリックして、プライベート クラウド DNS サーバーの IP アドレスをコピーします。

DNS 構成には次のいずれかのオプションを使用します。

gve.goog の DNS サーバーにゾーンを作成する

ゾーンをスタブゾーンとして設定し、プライベート クラウド上の DNS サーバーを名前解決用に指定します。このセクションでは、BIND DNS サーバーまたは Microsoft Windows DNS サーバーの使用について説明します。

BIND DNS サーバーにゾーンを作成する

構成する特定のファイルとパラメータは、個々の DNS 設定によって異なります。

たとえば、デフォルトの BIND サーバーの構成では、DNS サーバー上の /etc/named.conf ファイルを編集して、次のゾーン情報を追加します。

zone "gve.goog"
{
    type stub;
    masters { IP address of DNS servers; };
    file "slaves/gve.goog.db";
};

Microsoft Windows DNS サーバーにゾーンを作成する

  1. DNS サーバーを右クリックし、[新しいゾーン] を選択します。
  2. [Stub zone] を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. 環境に応じて適切なオプションを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [逆引きゾーンを転送] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. ゾーン名を入力し、[次へ] をクリックします。
  6. VMware Engine ポータルから取得したプライベート クラウド用の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
  7. 必要に応じて [次へ] をクリックして設定を完了します。

条件付きフォワーダーを作成する

条件付きフォワーダーは、指定されたサーバーにすべての DNS 名前解決リクエストを送信します。この設定では、*.gve.goog へのリクエストはすべてプライベート クラウドにある DNS サーバーに転送されます。次の例は、さまざまな種類の DNS サーバーにフォワーダーを設定する方法を示しています。

BIND DNS サーバーに条件付きフォワーダーを作成する

構成する特定のファイルとパラメータは、個々の DNS 設定によって異なります。

たとえば、デフォルトの BIND サーバーの構成では、DNS サーバー上の /etc/named.conf ファイルを編集して、次の条件付きフォワーダー情報を追加します。

zone "gve.goog" {
    type forward;
    forwarders { IP address of DNS servers; };
};

Microsoft Windows DNS サーバーに条件付きフォワーダーを作成する

  1. DNS サーバーで DNS Manager を開きます。
  2. [条件付きフォワーダー] を右クリックして、条件付きフォワーダーを追加するオプションを選択します。
  3. プライベート クラウドで DNS サーバーの DNS ドメインと IP アドレスを入力し、[OK] をクリックします。

次のステップ