管理アプライアンス アクセス用の DNS の構成

オンプレミス ワークステーションからプライベート クラウドの vCenter Server、NSX Manager、HCX などの管理アプライアンスにアクセスできます。これを行うには、管理アプライアンスがホスト名と IP アドレスで解決されるように DNS アドレス解決を構成する必要があります。

Cloud DNS を使用したグローバル アドレス解決

VMware Engine では、ピアリングされた VPC ネットワーク内のすべての接続された管理アプライアンスに対して、単一の DNS の解決のエンドポイントとして、プロジェクト内の Cloud DNS ゾーンを使用できます。これは、プライベート クラウドが複数のリージョンにわたってデプロイされている場合でも実行できます。

この機能には、プライベート クラウドを作成する前に Cloud DNS の設定を完了する必要があります。既存のプライベート クラウドに関する設定アシスタントについては、Cloud カスタマーケアまでお問い合わせください

Cloud DNS を使用してアドレスを解決するには、次のとおりにします。

  1. プロジェクトで Cloud DNS API を有効にします共有 VPC を使用して VMware Engine に接続する場合は、共有 VPC を所有するプロジェクトで API を有効にします。
  2. Cloud DNS を使用する VPC を VMware Engine とピアリングします。VPC ピアリングの詳細については、プライベート サービス アクセスの設定をご覧ください。
  3. VPC ネットワークで受信 DNS 転送を有効にします
  4. オンプレミスで使用する DNS サーバー アドレスを特定します
  5. オンプレミスの DNS サーバーに条件付きフォワーダーを作成して gve.goog を解決します

プライベート クラウドの DNS サーバーの IP アドレスを取得する

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. [Resources] に移動します。
  3. 接続するプライベート クラウドの名前をクリックします。
  4. プライベート クラウドの [Summary] ページの [Private cloud DNS servers] で、[Copy] をクリックして、プライベート クラウド DNS サーバーの IP アドレスをコピーします。

DNS 構成には、次のいずれかの方法を使用します。

gve.goog の DNS サーバーにゾーンを作成する

ゾーンをスタブゾーンとして設定し、プライベート クラウド上の DNS サーバーを名前解決用に指定します。このセクションでは、BIND DNS サーバーまたは Microsoft Windows DNS サーバーの使用について説明します。

BIND DNS サーバーにゾーンを作成する

構成する特定のファイルとパラメータは、個々の DNS 設定によって異なります。

たとえば、デフォルトの BIND サーバーの構成では、DNS サーバー上の /etc/named.conf ファイルを編集して、次のゾーン情報を追加します。

zone "gve.goog"
{
    type stub;
    masters { IP address of DNS servers; };
    file "slaves/gve.goog.db";
};

Microsoft Windows DNS サーバーにゾーンを作成する

  1. DNS サーバーを右クリックし、[New zone] を選択します。
  2. [Stub zone] を選択して、[Next] をクリックします。
  3. 環境に応じて適切なオプションを選択し、[Next] をクリックします。
  4. [Forward lookup zone] を選択し、[Next] をクリックします。
  5. ゾーン名を入力し、[Next] をクリックします。
  6. VMware Engine ポータルから取得したプライベート クラウド用の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
  7. 必要に応じて [Next] をクリックして設定を完了します。

条件付きフォワーダーを作成する

条件付きフォワーダーは、指定されたサーバーにすべての DNS 名前解決リクエストを送信します。この設定では、*.gve.goog へのリクエストはすべてプライベート クラウドにある DNS サーバーに転送されます。次の例は、さまざまな種類の DNS サーバーにフォワーダーを設定する方法を示しています。

BIND DNS サーバーに条件付きフォワーダーを作成する

構成する特定のファイルとパラメータは、個々の DNS 設定によって異なります。

たとえば、デフォルトの BIND サーバーの構成では、DNS サーバー上の /etc/named.conf ファイルを編集して、次の条件付きフォワーダー情報を追加します。

zone "gve.goog" {
    type forward;
    forwarders { IP address of DNS servers; };
};

Microsoft Windows DNS サーバーに条件付きフォワーダーを作成する

  1. DNS サーバーで DNS Manager を開きます。
  2. [Conditional forwarders] を右クリックして、条件付きフォワーダーを追加するオプションを選択します。
  3. プライベート クラウドで DNS サーバーの DNS ドメインと IP アドレスを入力し、[OK] をクリックします。