モニタリング アクティビティ

アクティビティ ログには現在のすべてのアクティビティがまとめられ、Google Cloud VMware Engine ポータルでアクティビティをモニタリングし、探索できます。記録されるアクティビティには、アラート、イベント、タスク、監査が含まれます。アクティビティ ログを使用すると、オペレーションが実行された日時とオペレーションを行ったユーザーを確認できます。アクティビティ ログでは、ユーザーが行った読み取りオペレーションは含まれません。

アクティビティ情報の表示

VMware Engine 環境でのアクティビティの詳細を表示するには、次の手順に沿って操作します。

  1. VMware Engine ポータルにアクセスして、[アクティビティ] を選択します。
  2. 目的のアクティビティ タイプのタブを選択します。たとえば、[タスク] を選択すると、完了に時間がかかると考えられるプライベート クラウド アクティビティが表示されます。
  3. 表示された表内のエントリをクリックして、詳細パネルを開きます。パネルの操作は、アクティビティの種類によって異なります。

アラート

アラートとは、プライベート クラウドにおける重要なアクティビティの通知のことです。アラートには、課金やユーザー アクセスに影響するイベントが含まれます。

アラートを確認してリストから削除するには、リストから 1 つ以上のアラートを選択し、[確認] をクリックします。

アラートで利用できる情報を、次の表に示します。情報を表示するには、[列の設定] をクリックして、表示する列を選択します。

説明
アラートの種類 アラートのカテゴリ
時刻 アラートが発生した時刻
重要度 アラートの重要度
リソース名 リソースに割り当てられた名前(プライベート クラウド名など)
リソースの種類 リソースのカテゴリ(プライベート クラウド、Cloud Rack など)
リソース ID リソースの識別子
説明 アラートが発生した理由
確認済み アラートが確認応答されたかどうかの表示

イベント

イベントでは、ユーザーとシステムのアクティビティが VMware Engine ポータル上で表示されます。 [イベント] ページには、特定のリソースに関連付けられたアクティビティと影響の重大度が表示されます。

イベントで利用できる情報を、次の表に示します。情報を表示するには、[列の設定] をクリックして、表示する列を選択します。

説明
時刻 イベントが発生した日時
イベントの種類 イベントを識別する数値コード
リソース名 リソースに割り当てられた名前(プライベート クラウド名など)
リソースの種類 リソースのカテゴリ(プライベート クラウドなど)
説明 アラートが発生した理由

タスク

タスクとは、完了までに少なくとも 30 秒かかると予想されるプライベート クラウド アクティビティです。30 秒未満と予想されるアクティビティは、イベントとしてのみ報告されます。完了したタスクの場合、この情報には完了までの合計時間が含まれます。

タスクに使用できる情報を、次の表に示します。[タスク] ページを開いて、プライベート クラウドのタスクの進行状況を追跡します。特定の情報を表示するには、[列の設定] をクリックし、表示する列を選択します。

説明
タスク ID タスクの一意の ID
操作 タスクが実行するアクション
ユーザー タスクを完了するために割り当てられたユーザー
リソース名 リソースに割り当てられた名前
リソースの種類 リソースのカテゴリ(プライベート クラウドなど)
リソース ID リソースの ID
開始 タスクの開始時刻
終了 タスクの終了時刻
ステータス タスクの現在のステータス
経過時間 タスクの完了にかかった時間(完了の場合)、または現在までにかかった時間(処理中の場合)
説明 タスクの説明

監査ログ

監査ログには、ユーザー操作が記録され、ユーザーが各操作について指定したパラメータも含まれます。監査ログを使用して、すべてのユーザーのユーザー アクティビティをモニタリングできます。

次の表に、監査ログで利用できる情報を示します。情報を表示するには、[列の設定] をクリックして、表示する列を選択します。

説明
時刻 監査エントリの時刻
操作 監査で実施するアクション
リソース名 リソースに割り当てられた名前
リソースの種類 リソースのカテゴリ(プライベート クラウドなど)
リソース ID リソースの ID
結果 アクティビティの結果(成功など)
所要時間 タスクを完了するために必要な時間
説明 アクションの説明

次のステップ