プライベート クラウド vCenter 用の vSphere クライアントにアクセスする

Google Cloud VMware Engine ポータルから、プライベート クラウド用の vSphere クライアントのインスタンスを起動できます。管理タスクを実行する必要がある場合は、権限を一時的に拡張できます。

  1. Google Cloud VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. ホームページで [Launch vSphere client] をクリックします。
  3. 管理しているプライベート クラウドで [Launch vSphere Client] をクリックします。
  4. デフォルトの HTML5 クライアントを選択します。
  5. vSphere の認証情報を使用してログインします。

デフォルトの認証情報

vCenter

  • ユーザー名: CloudOwner@gve.local
  • パスワード: VMwareEngine123!

NSX-T manager

  • ユーザー名: admin
  • パスワード: VMwareEngine123!

デフォルトの vCenter パスワードを変更する

vCenter に初めてログインするときに、vCenter のデフォルトのパスワードを変更します。

設定するパスワードは次の要件を満たしている必要があります。

  • 最大有効期間: 365 日ごとにパスワードを変更する必要があります。
  • 再利用の制限: ユーザーは以前の 5 つのパスワードを再利用できません。
  • 長さ: 8~20 文字
  • 特殊文字: 少なくとも 1 つの特殊文字
  • アルファベット: 少なくとも 1 つの大文字(A~Z)と少なくとも 1 つの小文字(a~z)
  • 数字: 少なくとも 1 つの数字(0~9)
  • 同一の隣接する最大文字数: 3

例: aa または aaa はパスワードの一部として使用できますが、aaaa は使用できません。

要件を満たしていないパスワードを設定した場合:

  • vSphere Flash Client を使用している場合、エラーが報告されます
  • HTML5 クライアントを使用している場合、エラーは報告されません。クライアントは変更を受け付けず、以前のパスワードを引き続き使用できます。

次のステップ