コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ログイン認証情報を取得する

プライベート クラウドを作成すると、Google Cloud VMware Engine は、管理アプライアンスと呼ばれる VMware スタック コンポーネントをそのプライベート クラウドの管理サブネットにデプロイします。VMware Engine が生成した認証情報を使用して、そのプライベート クラウドの管理用アプライアンス(vCenter、NSX-T、HCX など)にアクセスできます。

ログイン認証情報を取得する

VMware Engine は、作成した各プライベート クラウド上の管理アプライアンス用のパスワードを生成します。生成された認証情報は、プライベート クラウドの詳細ページから取得できます。

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. [Resources] に移動して、プライベート クラウドを選択します。
  3. [Basic info] セクションで、vCenter のログイン情報(vCenter Server、HCX Manager)または NSX-T ログイン情報(NSX Manager)のいずれかの [View] リンクをクリックします。

新しい認証情報を生成するには、対応する [Reset password] リンクをクリックします。この方法は、管理アプライアンスでパスワードを変更した後、そのパスワードを紛失した場合に有効です。パスワードの再設定プロセスが新しいログインに適用されるため、既存のセッションには影響しません。パスワードの再設定後、自動化されたツールとスクリプトを新しい認証情報で更新します。

パスワードの有効期限

VMware Engine および gve.local シングル サインオン ドメインで作成されたアカウントによって生成した認証情報は、最後のパスワード更新から 365 日後に期限切れになります。その期限を過ぎてもアカウントを引き続き使用するには、パスワードを更新する必要があります。この動作は、次のアカウントに適用されます。

  • vCenter Server と HCX Manager に使用する CloudOwner@gve.local アカウント
  • NSX-T Manager に使用する admin アカウント
  • サードパーティのツールやプロダクトの設定に使用されるすべてのソリューション ユーザー アカウント
  • gve.local のシングル サインオン ドメインで作成されたその他のアカウント

管理用アプライアンスにアクセスする

プライベート クラウド内の管理用アプライアンスのインスタンスは、VMware Engine ポータルから起動できます。

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. [Resources] に移動して、プライベート クラウドを選択します。
  3. [vSphere management network] タブを選択します。
  4. アクセスする管理用アプライアンスの FQDN リンクをクリックします。
  5. 適切な認証情報でログインします。

パスワードを更新する

アカウントのパスワードを更新する場所は、アカウントによって異なります。

アカウント パスワードの再設定手順
CloudOwner@gve.local VMware Engine ポータルで、プライベート クラウドの詳細ページに移動します。パスワード再設定用のリンクが [vCenter login info] セクションに表示されます。
admin VMware Engine ポータルで、プライベート クラウドの詳細ページに移動します。パスワードの再設定リンクは、[NSX-T login info] セクションにあります。
すべてのソリューション ユーザー アカウント ソリューション ユーザー アカウントを準備するの手順で、ソリューション ユーザー アカウントのパスワードを更新します。
gve.local シングル サインオン ドメインで作成されたその他のアカウント ソリューション ユーザー アカウントのパスワードを更新する場合と同じ手順を行います。詳しくは、ソリューション ユーザー アカウントの準備をご覧ください。