オンプレミス ネットワークを VMware Engine のプライベート クラウドに接続する

Google Cloud VMware Engine は、データセンターのリフト&シフト、データセンター拡張、障害復旧などの主要なユースケースを可能にします。次のユースケースでは、オンプレミス ネットワークから Google Cloud VMware Engine ネットワークと Google Cloud への接続を確立する必要があります。

  1. オンプレミス サイトから VPC に接続する
  2. VPC からリージョンの VMware Engine 環境に接続する

オンプレミス ネットワークから VPC への接続

Google Cloud には、Cloud VPNCloud Interconnect などの複数のハイブリッド接続オプションが用意されています。リンクに従って、Cloud VPN または Cloud Interconnect(Dedicated Interconnect と Partner Interconnect)の VPC との接続を設定する方法を学習します。オンプレミス ネットワークを VPC にすでに接続している場合は、このステップでこの接続を使用できます。

VPC からリージョン内の VMware Engine への接続

VPC から VMware Engine ネットワークへの接続では、プライベート サービス アクセスを使用します。オンプレミス ネットワークまたは VPC からワークロード仮想マシン(VM)にアクセスするには、VPC から VMware Engine ネットワークへのプライベート サービス アクセスを設定します

エンドツーエンドの接続とルーティングに関する検討事項

VMware Engine リージョン ネットワークがオンプレミス ネットワークに到達できるようにするには、プライベート サービス アクセスに関連付けられた VPC ピアリング接続でインポート / エクスポートのカスタムルートを有効にする必要があります。これにより、オンプレミスから VPC にアドバタイズされ、VMware Engine リージョンに伝搬されるルートを有効にできます。RFC 1918 ルートは自動的に伝播されます。RFC 1918 以外のオンプレミス ネットワークについて、VMware Engine でルートを有効にするためには、サポートにお問い合わせください。

VPC へのオンプレミス接続に Cloud VPN を使用する場合は、VMware Engine ネットワークを Cloud VPN トンネルに追加する必要があります。

VPC へのオンプレミス接続に Cloud Interconnect を使用する場合は、Cloud Interconnect アタッチメントを終端する Cloud Router へのカスタムルートを追加します。

次のステップ