GKE 用 Google Cloud オペレーション スイートの概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Kubernetes Engine(GKE)には、Google Cloud Managed Service for Prometheus など、Cloud Logging や Cloud Monitoring との統合が含まれています。

Google Cloud で実行する GKE クラスタを作成すると、Cloud Logging と Cloud Monitoring がデフォルトで有効になり、Kubernetes 専用のオブザーバビリティが提供されます。

GKE クラスタから Cloud Logging と Cloud Monitoring に送信するログと指標(存在する場合)を制御できます。また、Google Cloud Managed Service for Prometheus を有効にするかどうかも制御できます。有効にすると、大規模な環境で Prometheus を手動で管理と運用を行うことなく、Prometheus を使用してワークロードのモニタリングとアラートを行うことができます。インストールと構成手順については、Cloud Operations for GKE の構成をご覧ください。

Cloud Operations for GKE の概要

GKE 用 Cloud Operations は、GKE クラスタをモニタリングするように設計されています。また、Monitoring と Logging の両方のサービスを管理し、GKE クラスタ用にカスタマイズされたインターフェースを提供する GKE 用 Cloud Operations ダッシュボードを備えています。

  • CPU 使用率、メモリ使用率、対応待ちのインシデント数など、クラスタの重要な指標を表示できます。

  • インフラストラクチャ、ワークロード、サービスごとにクラスタを表示できます。

  • Namespace、ノード、ワークロード、Service、Pod、コンテナを調査できます。

  • Pod とコンテナの場合、時間の関数として指標を表示し、ログエントリを確認できます。

料金

Cloud Operations for GKE は、収集されたログと指標に基づいて課金されます。詳細については、料金のページをご覧ください。

Cloud Operations for GKE 入門ガイド

  • Cloud Operations for GKE の構成: 新規および既存のクラスタで Cloud Operations for GKE を有効にする方法について説明しています。

  • システムの概要: Cloud Operations for GKE ダッシュボードのインターフェース、クラスタ情報の整理方法、アラートの詳細の表示方法について説明しています。

  • auditd ログの有効化: GKE クラスタノードで、詳細な OS レベルの監査ロギングを有効にする方法と、Cloud Logging にログをエクスポートする方法について説明しています。