クエリ オプティマイザーの管理

Cloud Spanner は、クエリ オプティマイザーのバージョニングによってオプティマイザーを制御します。 このガイドでは、クエリで使用するクエリ オプティマイザーのバージョンを管理する方法について説明します。

Cloud Spanner のクエリ オプティマイザーのアップデートを公開するにあたり、クエリ実行プランを改善し、クエリのパフォーマンスを向上させることを目指しています。 デフォルトでは、Cloud Spanner は各データベースに対して最新のバージョンのクエリ オプティマイザーを使用します。クエリ オプティマイザーのバージョニングを使用すると、予測可能なパフォーマンスを提供する古いバージョンのオプティマイザーに対してクエリを実行できます。

サポートされているすべてのオプティマイザーのバージョンを一覧表示する

クエリ オプティマイザーのバージョンは整数値で、更新のたびに 1 ずつ大きくなります。クエリ オプティマイザーの最新バージョンは 2 です。

サポートされているすべてのオプティマイザのバージョンと対応するリリース日の一覧を知るには、次の SQL 文を実行します。返される最大のバージョン番号が、サポートされている最新バージョンです。

SELECT * FROM SPANNER_SYS.SUPPORTED_OPTIMIZER_VERSIONS

デフォルトでは、Cloud Spanner はオプティマイザの最新バージョン(現在は 2)を使用します。このガイドで説明するいずれかの方法を使用して、シナリオに応じてこのデフォルトの動作をオーバーライドします。

各バージョンの詳細については、クエリ オプティマイザーのバージョン履歴をご覧ください。

バージョンのオーバーライド優先順位

Cloud Spanner には、オプティマイザーのバージョンを変更する方法が複数あります。たとえば、特定のクエリのバージョンを設定したり、クライアント ライブラリのバージョンをプロセス レベルまたはクエリレベルで構成したりできます。バージョンが複数の方法で設定されている場合は、次の優先順位が適用されます。(このドキュメント内の該当するセクションに移動するリンクを選択してください)。

Cloud Spanner のデフォルト ← データベース オプションクライアント アプリ環境変数クライアント クエリステートメント ヒント

上記の優先順位は次のように解釈できます。データベースを作成すると、常に最新バージョンの Cloud Spanner のデフォルト オプティマイザーが使用されます。上記のいずれかの方法を使用してオプティマイザのバージョンを設定することで、オプティマイザの左側にあるものよりも優先されます。たとえば、環境変数を使用してアプリのオプティマイザーを設定すると、データベース オプションを使用してデータベースに設定した値よりも優先されます。ステートメント ヒントを使用してオプティマイザーのバージョンを設定すると、他の方法で設定された値よりも優先されます。

次に、各メソッドについて詳しく見ていきましょう。

ALTER DATABASE を使用して、データベースのオプティマイザーのバージョンを設定する

次の ALTER DATABASE DDL コマンドを使用して、データベースにデフォルトのオプティマイザーのバージョンを設定できます。

ALTER DATABASE MyDatabase
SET OPTIONS (optimizer_version = 2);

次のように、gcloud spanner databases ddl update コマンドを使用して gcloud Spanner で ALTER DATABASE を実行できます。

gcloud spanner databases ddl update MyDatabase --instance=test-instance \
    --ddl='ALTER DATABASE MyDatabase SET OPTIONS ( optimizer_version = 2 )'

データベース オプションを NULL に設定することでデータベースがクリアされ、デフォルトで最新バージョンになります。これが新しいデータベースのデフォルトです。

データベースの現在のオプションの値を確認するには、INFORMATION_SCHEMA.DATABASE_OPTIONS ビューから読み取ります。

クライアント アプリのオプティマイザーのバージョンを設定する

クライアント ライブラリを介して Cloud Spanner をプログラムで操作する場合、クライアント アプリケーションのオプティマイザーのバージョンを変更する方法がいくつかあります。

アプリケーションは、次のコード スニペットに示すように、クエリ オプション プロパティを構成することで、クライアント ライブラリにグローバル クエリ オプションを設定できます。 オプティマイザのバージョン設定はクライアント インスタンスに保存され、クライアントの存続期間中に実行されるすべてのクエリに適用されます。オプションはバックエンドのデータベース レベルで適用されますが、クライアント レベルで設定された場合は、そのクライアントを介して接続されるすべてのデータベースに適用されます。

C++

namespace spanner = ::google::cloud::spanner;
spanner::Client client(
    spanner::MakeConnection(db),
    spanner::ClientOptions().set_query_options(
        spanner::QueryOptions().set_optimizer_version("1")));

C#

var builder = new SpannerConnectionStringBuilder
{
    DataSource = $"projects/{projectId}/instances/{instanceId}/databases/{databaseId}"
};
// Create connection to Cloud Spanner.
using (var connection = new SpannerConnection(builder))
{
    // Set query options on the connection.
    connection.QueryOptions = QueryOptions.Empty.WithOptimizerVersion("1");
    var cmd = connection.CreateSelectCommand(
        "SELECT SingerId, AlbumId, AlbumTitle FROM Albums");
    using (var reader = await cmd.ExecuteReaderAsync())
    {
        while (await reader.ReadAsync())
        {
            Console.WriteLine("SingerId : "
            + reader.GetFieldValue<string>("SingerId")
            + " AlbumId : "
            + reader.GetFieldValue<string>("AlbumId")
            + " AlbumTitle : "
            + reader.GetFieldValue<string>("AlbumTitle"));
        }
    }
}

Go


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/spanner"
	"google.golang.org/api/iterator"
	sppb "google.golang.org/genproto/googleapis/spanner/v1"
)

func createClientWithQueryOptions(w io.Writer, database string) error {
	ctx := context.Background()
	queryOptions := spanner.QueryOptions{
		Options: &sppb.ExecuteSqlRequest_QueryOptions{OptimizerVersion: "1"},
	}
	client, err := spanner.NewClientWithConfig(
		ctx, database, spanner.ClientConfig{QueryOptions: queryOptions},
	)
	if err != nil {
		return err
	}
	defer client.Close()

	stmt := spanner.Statement{SQL: `SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues`}
	iter := client.Single().Query(ctx, stmt)
	defer iter.Stop()
	for {
		row, err := iter.Next()
		if err == iterator.Done {
			return nil
		}
		if err != nil {
			return err
		}
		var venueID int64
		var venueName string
		var lastUpdateTime time.Time
		if err := row.Columns(&venueID, &venueName, &lastUpdateTime); err != nil {
			return err
		}
		fmt.Fprintf(w, "%d %s %s\n", venueID, venueName, lastUpdateTime)
	}
}

Java

static void clientWithQueryOptions(DatabaseId db) {
  SpannerOptions options =
      SpannerOptions.newBuilder()
          .setDefaultQueryOptions(
              db, QueryOptions.newBuilder().setOptimizerVersion("1").build())
          .build();
  Spanner spanner = options.getService();
  DatabaseClient dbClient = spanner.getDatabaseClient(db);
  try (ResultSet resultSet =
      dbClient
          .singleUse()
          .executeQuery(Statement.of("SELECT SingerId, AlbumId, AlbumTitle FROM Albums"))) {
    while (resultSet.next()) {
      System.out.printf(
          "%d %d %s\n", resultSet.getLong(0), resultSet.getLong(1), resultSet.getString(2));
    }
  }
}

Node.js

// Imports the Google Cloud client library
const {Spanner} = require('@google-cloud/spanner');

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// const projectId = 'my-project-id';
// const instanceId = 'my-instance';
// const databaseId = 'my-database';

// Creates a client
const spanner = new Spanner({
  projectId: projectId,
});

// Gets a reference to a Cloud Spanner instance and database
const instance = spanner.instance(instanceId);
const database = instance.database(databaseId, {}, {optimizerVersion: '1'});

const query = {
  sql: `SELECT AlbumId, AlbumTitle, MarketingBudget
        FROM Albums
        ORDER BY AlbumTitle`,
};

// Queries rows from the Albums table
try {
  const [rows] = await database.run(query);

  rows.forEach(row => {
    const json = row.toJSON();
    const marketingBudget = json.MarketingBudget
      ? json.MarketingBudget
      : null; // This value is nullable
    console.log(
      `AlbumId: ${json.AlbumId}, AlbumTitle: ${json.AlbumTitle}, MarketingBudget: ${marketingBudget}`
    );
  });
} catch (err) {
  console.error('ERROR:', err);
} finally {
  // Close the database when finished.
  database.close();
}

PHP

use Google\Cloud\Spanner\SpannerClient;
use Google\Cloud\Spanner\Database;

/**
 * Create a client with query options.
 * Example:
 * ```
 * create_client_with_query_options($instanceId, $databaseId);
 * ```
 *
 * @param string $instanceId The Spanner instance ID.
 * @param string $databaseId The Spanner database ID.
 */
function create_client_with_query_options($instanceId, $databaseId)
{
    $spanner = new SpannerClient([
        'queryOptions' => [
            'optimizerVersion' => "1"
        ]
    ]);
    $instance = $spanner->instance($instanceId);
    $database = $instance->database($databaseId);

    $results = $database->execute(
        'SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues'
    );

    foreach ($results as $row) {
        printf('VenueId: %s, VenueName: %s, LastUpdateTime: %s' . PHP_EOL,
            $row['VenueId'], $row['VenueName'], $row['LastUpdateTime']);
    }
}

Python

# instance_id = "your-spanner-instance"
# database_id = "your-spanner-db-id"
spanner_client = spanner.Client(query_options={"optimizer_version": "1"})
instance = spanner_client.instance(instance_id)
database = instance.database(database_id)

with database.snapshot() as snapshot:
    results = snapshot.execute_sql(
        "SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues"
    )

    for row in results:
        print(u"VenueId: {}, VenueName: {}, LastUpdateTime: {}".format(*row))

Ruby

# project_id  = "Your Google Cloud project ID"
# instance_id = "Your Spanner instance ID"
# database_id = "Your Spanner database ID"

require "google/cloud/spanner"

query_options = { optimizer_version: "1" }

spanner = Google::Cloud::Spanner.new project: project_id
client  = spanner.client instance_id, database_id, query_options: query_options

sql_query = "SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues"

client.execute(sql_query).rows.each do |row|
  puts "#{row[:VenueId]} #{row[:VenueName]} #{row[:LastUpdateTime]}"
end

環境変数を使用してクライアント アプリのオプティマイザーのバージョンを設定する

アプリを再コンパイルせずにさまざまなオプティマイザ バージョンを試すには、次のスニペットのように SPANNER_OPTIMIZER_VERSION 環境変数を設定してアプリを実行します。

Linux / macOS

export SPANNER_OPTIMIZER_VERSION="2"

Windows

set SPANNER_OPTIMIZER_VERSION="2"

指定されたクエリ オプティマイザーのバージョン値は、クライアントの初期化時にクライアント インスタンスに読み取られて保存され、クライアントの存続期間中に実行されるすべてのクエリに適用されます。

クライアント クエリのオプティマイザーのバージョンを設定する

クエリを作成するときにクエリ オプション プロパティを指定することで、クライアント アプリケーションのクエリレベルでオプティマイザーのバージョンの値を指定できます。サポートされている各言語のコード スニペットを以下に示します。

C++

void QueryWithQueryOptions(google::cloud::spanner::Client client) {
  namespace spanner = ::google::cloud::spanner;
  auto sql = spanner::SqlStatement("SELECT SingerId, FirstName FROM Singers");
  auto opts = spanner::QueryOptions().set_optimizer_version("1");
  auto rows = client.ExecuteQuery(std::move(sql), std::move(opts));

  using RowType = std::tuple<std::int64_t, std::string>;
  for (auto const& row : spanner::StreamOf<RowType>(rows)) {
    if (!row) throw std::runtime_error(row.status().message());
    std::cout << "SingerId: " << std::get<0>(*row) << "\t";
    std::cout << "FirstName: " << std::get<1>(*row) << "\n";
  }
  std::cout << "Read completed for [spanner_query_with_query_options]\n";
}

C#

var builder = new SpannerConnectionStringBuilder
{
    DataSource = $"projects/{projectId}/instances/{instanceId}/databases/{databaseId}"
};
// Create connection to Cloud Spanner.
using (var connection = new SpannerConnection(builder))
{
    var cmd = connection.CreateSelectCommand(
        "SELECT SingerId, AlbumId, AlbumTitle FROM Albums");
    // Set query options just for this command.
    cmd.QueryOptions = QueryOptions.Empty.WithOptimizerVersion("1");
    using (var reader = await cmd.ExecuteReaderAsync())
    {
        while (await reader.ReadAsync())
        {
            Console.WriteLine("SingerId : "
            + reader.GetFieldValue<string>("SingerId")
            + " AlbumId : "
            + reader.GetFieldValue<string>("AlbumId")
            + " AlbumTitle : "
            + reader.GetFieldValue<string>("AlbumTitle"));
        }
    }
}

Go


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/spanner"
	"google.golang.org/api/iterator"
	sppb "google.golang.org/genproto/googleapis/spanner/v1"
)

func queryWithQueryOptions(w io.Writer, db string) error {
	ctx := context.Background()
	client, err := spanner.NewClient(ctx, db)
	if err != nil {
		return err
	}
	defer client.Close()

	stmt := spanner.Statement{SQL: `SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues`}
	queryOptions := spanner.QueryOptions{
		Options: &sppb.ExecuteSqlRequest_QueryOptions{OptimizerVersion: "1"},
	}
	iter := client.Single().QueryWithOptions(ctx, stmt, queryOptions)
	defer iter.Stop()
	for {
		row, err := iter.Next()
		if err == iterator.Done {
			return nil
		}
		if err != nil {
			return err
		}
		var venueID int64
		var venueName string
		var lastUpdateTime time.Time
		if err := row.Columns(&venueID, &venueName, &lastUpdateTime); err != nil {
			return err
		}
		fmt.Fprintf(w, "%d %s %s\n", venueID, venueName, lastUpdateTime)
	}
}

Java

static void queryWithQueryOptions(DatabaseClient dbClient) {
  try (ResultSet resultSet =
      dbClient
          .singleUse()
          .executeQuery(
              Statement
                  .newBuilder("SELECT SingerId, AlbumId, AlbumTitle FROM Albums")
                  .withQueryOptions(QueryOptions.newBuilder().setOptimizerVersion("1").build())
                  .build())) {
    while (resultSet.next()) {
      System.out.printf(
          "%d %d %s\n", resultSet.getLong(0), resultSet.getLong(1), resultSet.getString(2));
    }
  }
}

Node.js

// Imports the Google Cloud client library
const {Spanner} = require('@google-cloud/spanner');

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// const projectId = 'my-project-id';
// const instanceId = 'my-instance';
// const databaseId = 'my-database';

// Creates a client
const spanner = new Spanner({
  projectId: projectId,
});

// Gets a reference to a Cloud Spanner instance and database
const instance = spanner.instance(instanceId);
const database = instance.database(databaseId);

const query = {
  sql: `SELECT AlbumId, AlbumTitle, MarketingBudget
        FROM Albums
        ORDER BY AlbumTitle`,
  queryOptions: {
    optimizerVersion: 'latest',
  },
};

// Queries rows from the Albums table
try {
  const [rows] = await database.run(query);

  rows.forEach(row => {
    const json = row.toJSON();
    const marketingBudget = json.MarketingBudget
      ? json.MarketingBudget
      : null; // This value is nullable
    console.log(
      `AlbumId: ${json.AlbumId}, AlbumTitle: ${json.AlbumTitle}, MarketingBudget: ${marketingBudget}`
    );
  });
} catch (err) {
  console.error('ERROR:', err);
} finally {
  // Close the database when finished.
  database.close();
}

PHP

use Google\Cloud\Spanner\SpannerClient;
use Google\Cloud\Spanner\Database;

/**
 * Queries sample data using SQL with query options.
 * Example:
 * ```
 * query_data_with_query_options($instanceId, $databaseId);
 * ```
 *
 * @param string $instanceId The Spanner instance ID.
 * @param string $databaseId The Spanner database ID.
 */
function query_data_with_query_options($instanceId, $databaseId)
{
    $spanner = new SpannerClient();
    $instance = $spanner->instance($instanceId);
    $database = $instance->database($databaseId);

    $results = $database->execute(
        'SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues',
        [
            'queryOptions' => [
                'optimizerVersion' => "1"
            ]
        ]
    );

    foreach ($results as $row) {
        printf('VenueId: %s, VenueName: %s, LastUpdateTime: %s' . PHP_EOL,
            $row['VenueId'], $row['VenueName'], $row['LastUpdateTime']);
    }
}

Python

# instance_id = "your-spanner-instance"
# database_id = "your-spanner-db-id"
spanner_client = spanner.Client()
instance = spanner_client.instance(instance_id)
database = instance.database(database_id)

with database.snapshot() as snapshot:
    results = snapshot.execute_sql(
        "SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues",
        query_options={"optimizer_version": "1"},
    )

    for row in results:
        print(u"VenueId: {}, VenueName: {}, LastUpdateTime: {}".format(*row))

Ruby

# project_id  = "Your Google Cloud project ID"
# instance_id = "Your Spanner instance ID"
# database_id = "Your Spanner database ID"

require "google/cloud/spanner"

spanner = Google::Cloud::Spanner.new project: project_id
client  = spanner.client instance_id, database_id

sql_query = "SELECT VenueId, VenueName, LastUpdateTime FROM Venues"
query_options = { optimizer_version: "1" }

client.execute(sql_query, query_options: query_options).rows.each do |row|
  puts "#{row[:VenueId]} #{row[:VenueName]} #{row[:LastUpdateTime]}"
end

ステートメント ヒントを使用してクエリのオプティマイザーのバージョンを設定する

ステートメント ヒントは、クエリの実行をデフォルトの動作から変更するヒントです。ステートメントに OPTIMIZER_VERSION ヒントを設定すると、指定したクエリ オプティマイザーのバージョンを使用してそのクエリが実行されます。

OPTIMIZER_VERSION ヒントは、オプティマイザのバージョン優先度が最も高くなります。ステートメント ヒントが指定されている場合は、他のすべてのオプティマイザーのバージョン設定に関係なく使用されます。

@{OPTIMIZER_VERSION=2} SELECT * FROM MyTable

latest リテラルを使用して、クエリのオプティマイザのバージョンを最新バージョンに設定することもできます。

@{OPTIMIZER_VERSION=latest} SELECT * FROM MyTable

JDBC ドライバを使用する場合のオプティマイザー バージョンを設定する

次の例に示すように、JDBC 接続文字列でバージョンを指定すると、オプティマイザーのバージョンのデフォルト値をオーバーライドできます。

import edu.umd.cs.findbugs.annotations.SuppressFBWarnings;
import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.ResultSet;
import java.sql.SQLException;
import java.sql.Statement;

class ConnectionWithQueryOptionsExample {

  static void connectionWithQueryOptions() throws SQLException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project";
    String instanceId = "my-instance";
    String databaseId = "my-database";
    connectionWithQueryOptions(projectId, instanceId, databaseId);
  }

  @SuppressFBWarnings(
      value = "OBL_UNSATISFIED_OBLIGATION",
      justification = "https://github.com/spotbugs/spotbugs/issues/293")
  static void connectionWithQueryOptions(String projectId, String instanceId, String databaseId)
      throws SQLException {
    String optimizerVersion = "1";
    String connectionUrl =
        String.format(
            "jdbc:cloudspanner:/projects/%s/instances/%s/databases/%s?optimizerVersion=%s",
            projectId, instanceId, databaseId, optimizerVersion);
    try (Connection connection = DriverManager.getConnection(connectionUrl);
        Statement statement = connection.createStatement()) {
      // Execute a query using the optimizer version '1'.
      try (ResultSet rs =
          statement.executeQuery(
              "SELECT SingerId, FirstName, LastName FROM Singers ORDER BY LastName")) {
        while (rs.next()) {
          System.out.printf("%d %s %s%n", rs.getLong(1), rs.getString(2), rs.getString(3));
        }
      }
      try (ResultSet rs = statement.executeQuery("SHOW VARIABLE OPTIMIZER_VERSION")) {
        while (rs.next()) {
          System.out.printf("Optimizer version: %s%n", rs.getString(1));
        }
      }
    }
  }
}

次の例に示すように、SET OPTIMIZER_VERSION ステートメントを使用してクエリ オプティマイザーのバージョンを設定することもできます。

import edu.umd.cs.findbugs.annotations.SuppressFBWarnings;
import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.ResultSet;
import java.sql.SQLException;
import java.sql.Statement;

class SetQueryOptionsExample {

  static void setQueryOptions() throws SQLException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "my-project";
    String instanceId = "my-instance";
    String databaseId = "my-database";
    setQueryOptions(projectId, instanceId, databaseId);
  }

  @SuppressFBWarnings(
      value = "OBL_UNSATISFIED_OBLIGATION",
      justification = "https://github.com/spotbugs/spotbugs/issues/293")
  static void setQueryOptions(String projectId, String instanceId, String databaseId)
      throws SQLException {
    String connectionUrl =
        String.format(
            "jdbc:cloudspanner:/projects/%s/instances/%s/databases/%s",
            projectId, instanceId, databaseId);
    try (Connection connection = DriverManager.getConnection(connectionUrl);
        Statement statement = connection.createStatement()) {
      // Instruct the JDBC connection to use version '1' of the query optimizer.
      statement.execute("SET OPTIMIZER_VERSION='1'");
      // Execute a query using the latest optimizer version.
      try (ResultSet rs =
          statement.executeQuery(
              "SELECT SingerId, FirstName, LastName FROM Singers ORDER BY LastName")) {
        while (rs.next()) {
          System.out.printf("%d %s %s%n", rs.getLong(1), rs.getString(2), rs.getString(3));
        }
      }
      try (ResultSet rs = statement.executeQuery("SHOW VARIABLE OPTIMIZER_VERSION")) {
        while (rs.next()) {
          System.out.printf("Optimizer version: %s%n", rs.getString(1));
        }
      }
    }
  }
}

オープンソース ドライバの使用の詳細については、オープンソース JDBC ドライバの使用をご覧ください。

無効なオプティマイザー バージョンの処理方法

Cloud Spanner では、オプティマイザーのバージョンの範囲がサポートされます。この範囲は、クエリ オプティマイザーが更新されると変更されます。このガイドで説明する方法のいずれかを使用して指定したバージョンが範囲外の場合、Cloud Spanner ではクエリに失敗します。たとえば、オプティマイザーのバージョンが 100 の場合にクエリを実行しようとして、現在の最大値を超えると、次のエラーが発生します。

Query optimizer version: 100 is not supported

クエリの実行に使用されるクエリ オプティマイザーのバージョンを確認する

クエリで使用されるオプティマイザーのバージョンは、gcloud spanner と Cloud Console に表示されます。

gcloud spanner

gcloud Spanner でクエリを実行するときに使用されるバージョンを確認するには、次のスニペットに示すように --query-mode フラグを PROFILE に設定します。

gcloud spanner databases execute-sql MyDatabase --instance=test-instance \
    --query-mode=PROFILE --sql='SELECT * FROM MyTable'

Cloud Console

クエリに使用されるオプティマイザーのバージョンを表示するには、Cloud Console の [クエリ データベース] ビューでクエリを実行し、[説明] タブを選択します。次のようなメッセージが表示されます。

このクエリは、オプティマイザ バージョン 2 を使用して実行されました。

Metrics Explorer でクエリ オプティマイザーのバージョンを可視化する

Cloud Monitoring は、アプリケーションとシステム サービスのパフォーマンスの理解に役立つ測定を収集します。Cloud Spanner 用に収集される指標の 1 つは、クエリの数です。これは、一定期間にサンプリングされたインスタンス内のクエリ数を測定します。この指標は、エラーコードでグループ化されたクエリを表示するために非常に有用で、この指標を使用して各クエリの実行に使われているオプティマイザー バージョンを確認することもできます。

Cloud Console で Metrics Explorer を使用すると、データベース インスタンスのクエリの数を可視化できます。図 1 は、3 つのデータベースのクエリ数を示したものです。各データベースで使用されているオプティマイザーのバージョンを確認できます。

この図のグラフの下にある表は、my-db-1 での無効なオプティマイザー バージョンを使用したクエリの実行によって、Bad usage というステータスが返され、その結果、クエリ数が 0 になったことを示しています。他のデータベースでは、それぞれオプティマイザーのバージョン 1 とバージョン 2 を使用してクエリを実行しました。

クエリ オプティマイザーのバージョン別にグループ化された Metrics Explorer でのクエリ数

図 1:Metrics Explorer に表示されるクエリ オプティマイザーのバージョン別にグループ化されたクエリの数

インスタンスに同様のチャートを設定するには:

  1. Cloud Console で Metrics Explorer に移動します。
  2. [リソースタイプ] フィールドで Cloud Spanner Instance を選択します。
  3. [指標] フィールドで [Count of queries] を選択します。
  4. [グループ条件] フィールドで databaseoptimizer_versionstatus を選択します。

この例では、同じデータベース内の複数のクエリで異なるオプティマイザ バージョンを使用している場合は示していません。その場合は、データベースとオプティマイザのバージョンの組み合わせごとに棒グラフが表示されます。

Cloud Monitoring を使用して Cloud Spanner インスタンスをモニタリングする方法については、Cloud Monitoring を使用したモニタリングをご覧ください。