Key Visualizer スタートガイド

概要

Key Visualizer はデフォルトで有効になっています。

データが Key Visualizer ですぐに利用できないこともあります。

  • 新しく作成されたデータベースのストレージとトラフィックの統計情報はすぐには利用できない場合があります。
  • 新しく挿入された行のトラフィックの統計情報は、既存のキー範囲に起因している場合があります。

Key Visualizer のインターフェース

Key Visualizer ツールは、Google Cloud Console からアクセスします。

Key Visualizer にアクセスするには、次のようにします。

  1. Cloud Console の Spanner ページで、インスタンスを選択します。

  2. 調査するデータベースを選択します。

  3. 左側のナビゲーション メニューの [モニタリング] で、[Key Visualizer] を選択します。

Key Visualizer の無効化

Key Visualizer の有効化は、enable_key_visualizer データベース オプションによって制御されます。デフォルト値は true です。

Key Visualizer を無効にするには、enable_key_visualizer データベース オプションの値を false に設定します。Key Visualizer を無効にする DDL 構文は次のとおりです。

ALTER DATABASE `database_id` SET OPTIONS (enable_key_visualizer=false)

データベース ID に文字、数字、アンダースコア以外の文字が含まれている場合は、ID をバッククォート(``)で囲んでください。

ステートメントは、gcloud コマンドか、UpdateDatabaseDdl gRPC / REST リクエストで送信できます。次に例を示します。

gcloud spanner databases ddl update database_id --instance=instance_id \
    --ddl='ALTER DATABASE `database_id` SET OPTIONS ( enable_key_visualizer=false )'

enable_key_visualizer の値を明示的に設定したら、概要ページで [同等のDDLを表示] をクリックするか、ddl describe gcloud コマンドを使用すると、値を確認できます。

gcloud spanner databases ddl describe `database_id` --instance=instance_id

Key Visualizer の再有効化

Key Visualizer を再度有効にするには、Key Visualizer の無効化の手順に沿って、enable_key_visualizer データベース オプションの値を true に設定します。

データベースに対して初めて再度有効にすると、Key Visualizer ヒートマップは、Cloud Spanner が指標を収集する最初の数分間、空になります。

次のステップ