ソリューション

サービスとしての VMware

VMware ワークロードを Google Cloud でネイティブに実行する

Vmware ロゴ

オンプレミスの VMware ワークロードを処理しているお客様は、Google Cloud VMware ソリューションを利用すると、アプリケーションを再設計またはリファクタリングすることなく、Google Cloud にシームレスに移行できます。 VMware への既存の投資価値を活用しながら、運用の継続性を維持し、データセンターの管理、ハードウェアの更新、調達サイクルを回避できます。

クラウドへの移行を円滑に

既存の VMware ワークロードをシームレスに移行

vSphere、vCenter、VSAN、NSX を含む VMware SDDC ネイティブ スタックでワークロードを処理しながら、Google Cloud の俊敏性とシンプルさを活かしてビジネスニーズを満たせます。

専用のプライベート クラウドで実行

Google Cloud VMware ソリューションは、最大級に要求の厳しいアプリケーションをホストできる、分離された専用のオールフラッシュ、ハイパーコンバージド ベアメタル スタックで実行されます。このシェアード ナッシング環境では、すべてのコンピューティング能力への完全アクセス権と、Google Cloud パブリック サービスへの高速による低レイテンシのアクセスが可能です。

ハイブリッド クラウド環境全体を管理

Google Cloud は、最新のコンテナ化されたワークロードと従来のエンタープライズ ワークロードの両方に、魅力的なハイブリッド クラウド ソリューションを提供することで、クラウド導入のあらゆる段階をサポートします。

ネイティブ サービスでインテリジェントな分析情報を引き出す

Google Cloud のネイティブ サービスを活用すれば、既存のデータから得た情報に基づいて迅速に判断を下せます。 分析ツールや機械学習ツールをまとめた統合スイートを使用してデータから分析情報を抽出し、すべての意思決定者がインサイトを理解して活用できるようにします。

主な利点

シームレスな移行

同じ VMware SDDC ネイティブ スタックを引き続き活用しながら、VMware 環境をリフト&シフト、または拡張して、クラウドの価値の実現、運用の継続性の維持だけでなく、既存の投資、ツール、トレーニングを継続して生かすことができます。

容易なスケーリング

Google Cloud データセンターで VMware ワークロードを実行することで、優れた弾力性のあるサービスの利点を活用できます。ハードウェア インフラストラクチャの管理や、長い調達サイクルへの対応の必要なく、オンデマンド モデルと定額モデルのいずれかを選択してビジネスニーズに応えることができます。

迅速なイノベーション

Google Cloud の安全で高性能なプライベート環境にデータをアップロードして、データ分析や AI / ML などのネイティブ サービスを利用できます。次世代のハイブリッド アプリケーションを構築して、環境全体でワークロードを統合します。

セルフサービス エクスペリエンス

VMware ベースの VM をオンデマンドで起動できるため、アプリケーションの迅速なデプロイ、新しいクラウド グループの作成、メモリとストレージの容量管理、必要に応じた環境の拡大または縮小が可能になります。

ビジネスニーズに合わせて構築

ユースケース
データセンターの拡張とハイブリッド クラウド

既存データセンターをクラウドに完全移行または拡張します。データセンター運用終了までの厳しいスケジュールを満たし、インフラストラクチャの調達と管理にまつわる運用上の負担を回避して、条件に合わせてわずか数分でワークロードをクラウドに移行します。

ユースケース
バースト機能

わずか数分で容量を追加して変化するビジネスニーズと要件に対応できるため、新しいハードウェアを計画、調達、プロビジョニングすることなく、組織を動的にスケールできます。

ユースケース
バックアップと障害復旧

障害復旧をクラウドに構築または移行したり、オンデマンド リソースを活用できます。また、運用の簡素化でリソースを解放して付加価値のあるアクティビティで使用できるようにすることで、総所有コストを削減します。

ユースケース
仮想デスクトップ / VDI

既存の VDI を変換して最新のデスクトップとアプリケーション アーキテクチャを提供します。真にステートレスなデスクトップにより、デスクトップを数秒で導入し、ストレージと運用コストを削減します。アプリケーションのパッケージングとインストールの簡素化も図ります。

ユースケース
アプリケーションのモダナイゼーション

ハイブリッド クラウド環境全体で以前のクラウド ネイティブのワークロードを構築、接続、シームレスに管理します。高速で低レイテンシの直接接続でクラウド ネイティブ サービスにアクセスし、既存のデータを基に新しいビジネス分析情報を提供します。