Anthos Service Mesh 1.8 のドキュメントを表示しています。最新のドキュメントを表示するか、他の利用可能なバージョンを選択します。

テレメトリー アドオンのデモバージョンのデプロイ

Prometheus、Grafana、Kiali のデモバージョンをデプロイする YAML ファイルは、Istio GitHub リポジトリにあります。これらの YAML ファイルを使用すると、クラスタに Prometheus、Grafana、Kiali のインスタンスを簡単にデプロイできますが、これらのアプリケーションを自分でインストールして構成する必要はありません。

クラスタにデモバージョンのデモをデプロイする手順は、次のとおりです。

  1. Prometheus への指標のエクスポートを有効にします

  2. リポジトリのクローンを作成します。

    git clone -b release-1.8 https://github.com/istio/istio --depth 1
    
  3. アドオンのインスタンスをデプロイします。

    • Grafana をデプロイするには:

      kubectl apply -f istio/samples/addons/grafana.yaml
      
    • Kiali をデプロイするには:

      kubectl apply -f istio/samples/addons/kiali.yaml
      
    • Prometheus をデプロイするには:

      kubectl apply -f istio/samples/addons/prometheus.yaml
      

アドオンを削除する必要がある場合は、kubectl delete -f コマンドを使用して削除できます。

Istio には、Grafana 用に事前構成されたダッシュボードのセットが用意されています。これらのダッシュボードはデモ版に含まれています。既存の Grafana デプロイにダッシュボードをインポートすることもできます。