Cloud Data Transfer

Google Cloud Platform にデータを高速で移行

Transfer Appliance ベータ版に申し込む

転送サービス系プロダクト

世界中のどこであれ、データ量や通信速度にかかわらず、Google ではお客様それぞれのデータ転送に関する要件に対応するソリューションを提供し、迅速かつ安全にクラウドにデータを移行します。

オンライン転送
ネットワークを使用して Google Cloud Storage にデータを転送します。
ドラッグ&ドロップgsutilJSON API の取り込みツールのドキュメントを見る
Cloud Storage Transfer Service
クラウド間でデータを転送できます。
Transfer Appliance ベータ版
Google Cloud Storage へ安全にデータを移動させるには、100 TB または 480 TB のラックマウント可能なアプライアンスを選択します。 ベータ版にぜひお申し込みください
BigQuery Data Transfer Service
SaaS アプリケーションから Google BigQuery へのデータ転送のスケジュールを設定し自動化します。

適切なサービスの選択

Cloud Data Transfer のユースケース

データセンターの移行

オンプレミスで作成し格納したデータを、費用対効果に優れた、安全で信頼性の高い方法で管理するには、徹底的な集中力とかなりのリソースが必要です。データの急激な増加に直面している多くの企業は、スケーリングが容易なクラウドへ移行する取り組み進めています。少量だがアクセスが頻繁、または大容量だが参照されることがめったにない構造化および非構造化データに対し、Google では Google Cloud StorageBigQueryDataproc へ迅速にデータを移行させるソリューションを提供しています。

テープ ライブラリとインフラストラクチャの廃止

多くの組織では、バックアップやアーカイブ、災害復旧の目的でデータをコピーために、膨大な磁気テープ ライブラリをため込んでいます。テープに保存されたデータは、災害発生時には必要ですが、ユーザーには利用価値がなく、維持管理が面倒なインフラストラクチャを必要とします。Google Cloud のパートナーと協力すれば、データをテープから Google Cloud Storage に簡単に移行させることができます。Google Cloud に移行すると、高度な分析機能により新たな発見が生まれ、規制や法的な目的のためのデータ検索が容易になり、機械学習を導入することができます。

機械学習

Google Cloud StorageBigQuery に移行させたデータには、機械学習プロジェクト用に Google Cloud Dataflow 処理サービス経由でアクセスできるようになります。Google Cloud Machine Learning Engine は、サイズを問わず、あらゆるデータの機械学習モデルを簡単に構築できるマネージド サービスです。モデルの構築には、Google フォトから Google Cloud Speech まで多くの Google プロダクトを支えている強力な TensorFlow フレームワークを使用できます。Google のスケーラブルなマネージド インフラストラクチャを利用して、あらゆるサイズのモデルを構築できます。トレーニングしたモデルは、何千ものユーザーとテラバイト単位のデータをサポートできる、Google のグローバルな予測プラットフォームですぐにご利用いただけます。

コンテンツの保存と配信

世界中のユーザーに最高の可用性を備えたサービスの提供が必要な場合は、動画のストリーミングや、ウェブサイトや画像などアクセスが頻繁なコンテンツのためのマルチリージョンの設定が可能です。分析とバッチ処理では、リージョンの設定を利用して、これらのワークロードに固有の要件に対応できます。このように豊富なコンテンツを使用する場合、大量のデータを移動する一方で、ネットワークへの影響を最小限に抑えるデータ転送オプションを選ぶことができます。

バックアップとアーカイブ

クラウドが頻繁に停止する場合、データを常に利用できる状態にしておく必要があります。Google のデータ転送サービスを使用すれば、データを別のクラウド ストレージから Google Cloud Storage に簡単にバックアップすることができます。Google の Nearline Storage クラスと Coldline Storage クラスによる超低コストで耐久性の高いアーカイブ ストレージを利用して、データを費用対効果の高い方法で保持することができます。オブジェクトのライフサイクル管理によりこのデータ移行を自動化し、その時のコストと可用性のニーズに合わせてストレージ クラス間でデータをシームレスに移動できます。

Cloud Data Transfer の特長

どのようなデータセットやネットワークでも、高速で安全にデータを転送

オンライン転送

シンプル
gsutil コマンドライン、ドラッグ&ドロップ機能、JSON API を使用して、お好みのメソッドと言語でデータをアップロードできます。BigQuery Data Transfer Service はデプロイ不要であり、設定操作は使いやすいユーザー インターフェースから行います。
直通
BigQuery Data Transfer Service では、AdWords、DoubleClick Campaign Manager、DoubleClick for Publishers、YouTube Content and Channel Owner Reports といった主要アプリケーションに直接接続できます。Google のパートナー経由でその他のアプリケーションとも接続できます。

クラウド間

信頼性
Cloud Storage Transfer Service を使用すると、データを他のクラウド ストレージ プロバイダから Google Cloud Storage バケットにバックアップできます。Cloud Storage Transfer Service では、デフォルトでコンテンツを正しく転送できるようになっています。ファイルがデータシンク内に存在しない場合や、データソースとデータシンクの間でファイルのバージョンが異なる場合、Cloud Storage Transfer Service はデータソースからファイルをコピーします。
整合性
Cloud Storage Transfer Service では、転送先バケット内に存在しているオブジェクトで、データソース内に対応するオブジェクトがない場合は、それらを削除することができます。転送したソース オブジェクトは削除します。
予測可能
1 回限りの転送または定期的な転送をスケジュールできます。ファイル作成日、ファイル名フィルタ、データをインポートする時刻に基づいた高度なフィルタを使用して、データソースからデータシンクへの定期的な同期をスケジュールします。

オフライン転送

スケーラブル
1 台の Transfer Appliance から最大 1 ペタバイトのデータをキャプチャします。複数台のアプライアンスを使用してより多くのデータを転送することもできます。どの方法でも送信ネットワークに影響しません。
安全性
データはキャプチャした瞬間に暗号化され、最終的なストレージ バケットに取り込まれると復号化されます。
使いやすい
Transfer Appliance は、データセンターで空いているラックに簡単にマウントできます。シンプルなユーザー インターフェースの案内に沿ってローカルデータを取得し、Google Cloud Platform Console で復号化して取り込むことができます。

「Google Transfer Appliance のようなサービスを利用すれば、何百テラバイトものデータを、数週間ではなく数日で転送できます。クライアントへの説明を興味深いものにする際に、Google Cloud Platform が提供するあらゆるサービスや機能を活用できます。」

— Tom Taylor 氏、The Mill エンジニアリング担当責任者