バージョン 2.3

kf 未設定のスペースロール

名前

kf unset-space-role - Subject へのロールの割り当ての解除。

概要

kf unset-space-role SUBJECT_NAME ROLE [flags]

  # Unassign a User to a Role
  kf unset-space-role john@example.com SpaceDeveloper

  # Unassign a Group to a Role
  kf unset-space-role my-group SpaceAuditor -t Group

  # Unassign a ServiceAccount to a Role
  kf unset-space-role my-sa SpaceAuditor -t ServiceAccount

フラグ

-h, --help
スペースロールの設定解除のヘルプ
-t, --type=string
Subjectの種類。有効な値は Group\ServiceAccount\User(デフォルト)です。(デフォルト「ユーザー」)

継承されるフラグ

次のフラグは親コマンドから継承されます。

--as=string
対象のオペレーションになり代わるユーザー名。
--as-group=strings
このオペレーションになり代わるグループ。複数のグループを指定するには、このフラグを複数回指定します。
--config=string
CLI リクエストに使用する Kf 構成ファイルへのパス。
--kubeconfig=string
CLI リクエストに使用する kubeconfig ファイルへのパス。
--log-http
HTTP リクエストを標準エラーに記録します。
--space=string
コマンドが実行されるスペース。このフラグにより、現在のターゲット スペースがオーバーライドされます。