ストレージの概要

Google Kubernetes Engine で動作するアプリケーションには、いくつかのストレージ オプションがあります。柔軟性と使いやすさの観点から、各種オプションを選択できます。Google Cloud Platform(GCP)には、さまざまなニーズに特化したストレージ ソリューションがいくつか用意されています。これら以外にも、Kubernetes には、クラスタにストレージを提供するために使用できるストレージの抽象化機能が用意されています。

マネージド オプション

最も簡単なストレージ オプションは、Google Cloud Platform のマネージド ストレージ プロダクトです。

データベースが必要な場合は、Google Cloud SQLCloud DatastoreCloud Spanner を検討してください。オブジェクト ストレージ用には Google Cloud Storage を使用できます。Container Registry には非公開の Docker コンテナ イメージを保存します。

アプリケーションで管理されたネットワーク接続ストレージ(NAS)が必要な場合は、Cloud Filestore を使用します。POSIX と互換性のあるファイル ストレージが必要な場合は、Compute Engine でファイル サーバーを使用できます。アプリケーションにブロック ストレージが必要な場合は、永続ディスクを使用します。永続ディスクは手動でプロビジョニングできます。また、Kubernetes でディスクを動的にプロビジョニングすることもできます(以下の「PersistentVolume」を参照)。

GCP で利用可能なストレージ ソリューションの全リストと比較については、ストレージ オプションの選択に関するガイドをご覧ください。

Kubernetes のストレージ抽象化

Kubernetes のストレージ抽象化によって、ファイル システムとブロックベースのストレージがポッドに提供されます。ストレージ抽象化は、マネージド データベースや Cloud Storage では使用されません。

ボリューム
ボリュームは、ポッド内のコンテナにアクセスできるストレージです。一部のボリューム タイプは一時ストレージを利用しているため、構成情報を保存する場合や、アプリケーションの一時的な領域として便利です。その他のボリューム タイプは耐久性の高いストレージを利用しています。
PersistentVolume
永続ボリュームは、ポッドで耐久性の高いストレージとして使用できるクラスタ リソースです。PersistentVolumesClaims を使用すると、永続ボリュームを動的にプロビジョニングできます。この永続ボリュームは、クラスタで使用される Compute Engine 永続ディスクを利用します。また、PersistentVolumeClaims を使用すると、NFS などの他のタイプのバッキング ストレージをプロビジョニングすることもできます。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Kubernetes Engine のドキュメント