Cloud Filestore

高パフォーマンスでフルマネージドのファイル ストレージ

コンソールを開く ドキュメントを見る

ハイパフォーマンスなファイル ストレージ

Cloud Filestore は、データ用のファイル システム インターフェースと共有ファイル システムを必要とするアプリケーション向けのマネージド ファイル ストレージ サービスです。 Filestore を使用すると、Google Compute Engine や Kubernetes Engine のインスタンスでマネージド NAS(ネットワーク接続ストレージ)を立ち上げ、シンプルでネイティブに活用できます。 Filestore のパフォーマンスと容量は個別に細かく調整できるため、ファイルベースのワークロードに対して、想定どおりに高速のパフォーマンスを実現できます。

利点

高速

Cloud Filestore は、低レイテンシのファイル操作を実現します。コンテンツ管理システム、データベース、ランダムな入出力、その他のメタデータ量の多いアプリケーションなど、レイテンシの影響を受けやすいワークロードに対して、Filestore はパフォーマンスのばらつきを最小限に抑えつつ高い IOPS を提供します。

利点

一貫性

Cloud Filestore ではパフォーマンスだけでなく、料金も予測可能です。1 秒あたりのオペレーション数と Filestore に必要なストレージ容量を選択できるので、特定のワークロードに合わせてファイル システムを調整できます。これにより、特定のワークロードで一貫したパフォーマンスを維持できます。

一貫性

シンプル

Cloud Filestore は、Google Cloud ポートフォリオの他のプロダクトと統合されるフルマネージドの NoOps サービスです。 Filestore のファイル共有は、Compute Engine VM に簡単にマウントできます。Filestore は Google Kubernetes Engine とも緊密に統合されているため、複数のコンテナから同じ共有データを参照できます。

シンプル

スケーラブル

Elastifile を利用すると、ファイル ストレージを柔軟にスケールして、ビジネスニーズの拡大に対応できます。容量やパフォーマンスの要件が変わった場合は、GCP ネイティブの GUI や API ベースの制御を介して、それに合わせてクラスタを拡張または縮小できます。

スケーラブル

Filestore インスタンスを作成する

gcloud での Filestore インスタンスの作成は、次の簡単なコマンドで行います。

    gcloud filestore instances create nfs-server \
        --project=[PROJECT_ID] \
        --zone=us-central1-c \
        --tier=STANDARD \
        --file-share=name="vol1",capacity=1TB \
        --network=name="default"

NFS のインストール、ファイル共有のマウント、アクセス権限の設定は、次の簡単なコマンドで行います。

    sudo apt-get -y update
    sudo apt-get -y install nfs-common
    sudo mkdir /mnt/test
    sudo mount 10.0.0.2:/vol1 /mnt/test
    sudo chmod go+rw /mnt/test

特長

Cloud Filestore には 2 つのパフォーマンス階層があります。

標準 プレミアム
最大読み取りスループット 100 MB/秒(1 TB)、180 MB/秒(10 TB 以上) 1.2 GB/秒
最大書き込みスループット 100 MB/秒(1 TB)、120 MB/秒(10 TB 以上) 350 MB/秒
最大 IOPS 5,000 60,000
共有あたりの最大容量 63.9 TB 63.9 TB
一般的なユーザー可用性 99.9% 99.9%
プロトコル NFSv3 NFSv3
料金 詳細は Cloud Filestore の料金をご覧ください 詳細は Cloud Filestore の料金をご覧ください
使用例
レンダリング
レンダリング
視覚効果アーティストは、Compute Engine インスタンスに簡単にマウントできる Cloud Filestore ファイル共有を活用して、共同作業の効率を上げることができます。 レンダリング ワークフローはコンピューティング マシンのフリート(「レンダー ファーム」)で実行されるのが一般的ですが、それらのマシンすべてが共有ファイル システムである Filestore をマウントすることで、レンダリングのニーズに応じて Compute Engine をスケーリングできます。
アプリケーションの移行
アプリケーションの移行
多くのオンプレミス アプリケーションが、データに対するファイル システム インターフェースを必要としています。 こうしたアプリケーションがクラウドへの移行を進める中、Filestore も共有ファイルシステムを必要とするエンタープライズ アプリケーションを幅広くサポートしています。
ウェブ コンテンツ管理
ウェブ コンテンツ管理
ファイル コンテンツをオーディエンスに提供するウェブサイトやブログを作成するウェブ デベロッパーは、Filestore を WordPress などのウェブ ソフトウェアと簡単に統合できます。
メディア処理
メディア処理
グラフィック デザイン、動画、画像の編集などのメディア ワークフローでは、入出力ともにファイルが多用されます。Filestore を使用すると、クリエイターは共有ストレージにアクセスして、大きなファイルの操作と生成を簡単にできるようになります。
ホーム ディレクトリ
ホーム ディレクトリ
組織全体のユーザーが共通のデータセットにアクセスしてそれを共有することが必要な場合があります。このような場合、Cloud Filestore でファイル コンテンツをホストして、そのデータへの共有アクセスを有効にできます。
ストレージのシンボル