エージェントの設定

このページでは、エージェントに適用できるさまざまな設定について説明します。このような設定にアクセスするには、以下の手順を行います。

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. 左側のサイドバー メニューの上部付近でエージェントを選択します。
  3. エージェント名の横にある設定ボタン()をクリックします。

エージェントのエディション

エージェントのデフォルトは Dialogflow Trial Edition です。エージェントのエディションを変更するには、以下の手順を行います。

  1. 左側のサイドバー メニューの一番下までスクロールし、エージェントのエディションを表示します。
  2. [Edit] または [Upgrade] リンクをクリックします。
  3. プランを選択します。

複数のプロジェクトを使用する場合は、コンシューマ プロジェクトによってエディションが決まります。

全般

一般設定にアクセスするには、[全般] タブをクリックします。

次の設定を使用できます。

  • Description: エージェントの説明。
  • Default Time Zone: エージェントのデフォルトのタイムゾーン。
  • Google Project:
  • エージェントの Webhook プロトコルのバージョン: V1 API レガシー エージェントでのみ表示されます。V2 API の Webhook 形式に切り替えることができます。
  • Beta Features: エージェントのベータ版機能を有効にできます。
  • Log Settings:
    • Log interactions to Dialogflow: 詳細については、履歴トレーニングをご覧ください。
    • Log interactions to Google Cloud: Google Stackdriver で詳細をご覧ください。このオプションは [Log interactions to Dialogflow] が有効な場合にのみ使用できます。Dialogflow のロギングを無効にすると、この設定も無効になります。
  • Delete Agent: エージェントを完全に削除します。この操作を元に戻すことはできません。エージェントが他のユーザーと共有されている場合は、エージェントを削除する前にそのユーザーをエージェントから削除する必要があります。エージェント管理をご覧ください。

言語

言語設定にアクセスするには、言語タブをクリックします。

デフォルトの言語と、追加の言語を複数設定できます。一部のルート言語では、言語 / 地域を 1 つ以上追加できます。詳しくは、多言語エージェントをご覧ください。

ML settings(機械学習)

機械学習の設定にアクセスするには、ML 設定タブをクリックしてください。

Dialogflow エージェントは、機械学習アルゴリズムを使用して、エンドユーザーの表現を理解し、インテントと照合して、構造化されたデータを抽出します。エージェントは、ユーザーが提供するトレーニング フレーズと、Dialogflow に組み込まれた言語モデルから学習します。このデータに基づいて、エンドユーザー表現と照合するインテントを決定するモデルを構築します。このモデルはエージェントに固有です。

Dialogflow のデフォルトでは、インテントやエンティティの変更、エージェントのインポートや復元、エージェントのトレーニングが行われるたびにエージェントの機械学習モデルが更新されます。

次の設定を使用できます。

  • Match Mode: この設定で、マッチングが有効になっているすべてのインテントの機械学習に使用されるアルゴリズムを定義します。次の 2 つのモードのいずれかを選択できます。

    • Hybrid: このモードでは、まずルールベースの文法マッチングが試みられます。このマッチングが行われない場合、ML マッチングに切り替わります。ほとんどの状況でこのモードが最適です。
    • ML Only: このモードは、ML マッチングのみを行います。
  • ML Classification Threshold: 偽陽性結果を除外しながらも、エージェントで照合する自然言語入力の多様性を得るために、機械学習の分類しきい値を調整できます。この設定は、インテントの一致に必要なインテント検出の信頼度を制御します。

  • Automatic Spell Correction:

    これを有効にすると、ユーザーの入力にスペルミスや文法ミスがあっても、インテントが正しく書かれたかのようにマッチングされます。インテント検出レスポンスには、修正済みのユーザー入力が含まれます。たとえば、ユーザーが「I want an aple」と入力した場合、「I want an apple」と入力したかのように処理されます。これは、システム エンティティとカスタム エンティティの両方を含むマッチングにも当てはまります。

    スペル修正は、Dialogflow でサポートされているすべての言語で利用できます。

    警告とおすすめの方法:

    • スペル修正では ASR(自動音声認識)エラーを修正できないため、ASR 入力を使用しているエージェントではこれを有効にしないことをおすすめします。
    • 修正された入力が誤ったインテントと一致する可能性があります。これを修正するには、誤ってインテントに一致することがよくあるフレーズをネガティブ サンプルに追加します。
    • スペルの修正により、エージェントのレスポンス時間がわずかに増加します。
    • Actions on Google では、スペルチェックを使用しないでください。
    • スペル修正は一般的なユーザークエリでトレーニングされます。エージェントがドメイン固有の専門用語を使用して定義されている場合、修正が望ましくない場合があります。
  • Automatic Training: エージェントが変更されるたびに自動エージェント トレーニングを有効または無効にします。

  • Agent Validation: エージェント確認ガイドをご覧ください。

エクスポートとインポート

エクスポートとインポートを設定するには、[エクスポートとインポート] タブをクリックします。

この機能を使用すると、エージェントを zip ファイルとの間でエクスポートまたはインポートして、エージェントをバックアップしたり、別のアカウントに移行したりできます。JSON ファイルを直接編集して再インポートできますが、それには、Dialogflow コンソールまたは API を使用した編集が必要です。これにより、変更がシステムによって確実に検証され、トラブルシューティングが最小限に抑えられます。

次のオプションが用意されています。

  • Export as ZIP: エージェントを zip ファイルにエクスポートします。
  • Restore from ZIP: 現在のエージェントを指定された zip ファイルに上書きします。
  • Import from ZIP: 指定された zip ファイルから現在のエージェントにインテントとエンティティを追加します。既存のインテントやエンティティの名前が zip ファイルにあるものと同じ場合、置き換えられます。

以下は、エージェントのエクスポートには含められず、インポート時や復元時に上書きされません。

環境

環境設定にアクセスするには、[環境] タブをクリックします。

バージョンと環境によっては、エージェントの複数のバージョンを個別のカスタマイズ可能な環境にデプロイできます。詳細については、バージョンと環境をご覧ください。

音声

音声設定にアクセスするには、[音声] タブをクリックします。

これは、音声認識と音声合成の設定です。次の設定を使用できます。

  • Improve Speech Recognition Quality
  • Text to Speech
    • Enable Automatic Text to Speech: すべての会話でデフォルトのテキスト レスポンスを音声に自動的に変換します。音声出力でインテントを検出をご覧ください。
    • Voice Configuration:
      • Agent Language: 音声合成のデフォルトの言語を選択します。
      • Voice: 音声合成モデルを選択します。
      • Speaking Rate: 音声の発話速度を調節します。
      • Pitch: 音声のピッチを調節します。
      • Volume Gain: 音量ゲインを調節します。
      • Audio Effects Profile: 合成音声に適用する音声効果プロファイルを選択します。読み上げ音声は、選択したプロファイルに関連付けられたデバイス(ヘッドフォン、大型スピーカー、スマートフォンなど)に合わせて最適化されます。利用可能なプロファイルのリストについては、テキスト読み上げのドキュメントで生成された音声にデバイス プロファイルを使用するをご覧ください。

共有

共有設定にアクセスするには、[共有] タブをクリックします。

これらの設定は、エージェントのアクセスを他のデベロッパーと共有するために使用します。詳しくは、アクセス制御をご覧ください。

詳細

詳細設定にアクセスするには、[詳細設定] タブをクリックします。

現在、この設定から制御される機能は 1 つだけです。詳しくは、感情分析をご覧ください。