Cloud のロギング

Dialogflow API のリクエストとレスポンスは、必要に応じてエージェントの Cloud Logging にログを記録できます。また、こうしたログを保存するリージョンを指定することもできます。

Cloud Logging を有効にする

エージェントの Cloud Logging を有効または無効にする場合は、エージェントの全般設定のロギング オプションをご覧ください。

Cloud ログの表示

エージェントの Cloud Logging を有効にすると、Cloud ログ エクスプローラ を使用してこれらのログを参照できます。

また、エージェントの全般設定で [Open logs] リンクをクリックして、エージェントのすべてのログにアクセスすることもできます。

ログ形式

ログ形式の詳細については、ログエントリの構造をご覧ください。

以下は、Dialogflow で使用されるログエントリのタイトルの一部です。

  • Dialogflow リクエスト
  • Dialogflow レスポンス
  • Dialogflow フルフィルメント リクエスト
  • Dialogflow フルフィルメント レスポンス
  • Dialogflow フルフィルメント エラー
リクエスト ログエントリとレスポンス ログエントリには、HOCON または Human-Optimized Config Object Notation 形式の textPayload フィールドがあります。 このペイロードの内容は、Dialogflow リファレンス ドキュメントで定義されているのと同じ名前の Dialogflow API REST のリクエストとレスポンスの構造に似ています。HOCON パーサーを使用してログを JSON に変換できます。

リージョン指定

デフォルトでは、Dialogflow Cloud ログエントリはグローバルである _Default ログバケットにルーティングされます。プロジェクトのデータ所在地に関する要件がある場合は、リージョン固有のログバケットにログをルーティングできます。手順については、ログバケットを使用したプロジェクト ログのリージョン指定をご覧ください。

ログ分析ツール

Looker には、ログデータの分析に役立つツールが用意されています。