リージョン指定とデータ所在地

Dialogflow では、データ所在地を提供することで保存データを地理的リージョンまたはロケーションに物理的に保持します。リージョンを指定すると、保存データはリージョン外で複製されません。料金はすべてのリージョンで同一です。

リージョンは次の理由で使用されます。

  • システムに、データの保管場所を制御する規制要件またはポリシー要件が含まれる場合があるため。
  • お客様と同じリージョンにデータが存在する場合、ネットワークのレイテンシが改善されることがあるため。たとえば、英国のお客様が europe-west2 を使用すると、レイテンシの改善が期待できます。

保存データ

すべての Dialogflow デベロッパー ユーザー データとエンドユーザー データは、保存データに含まれています。例:

  • コンソールまたは API で設定されたすべてのエージェント リソース(インテント、エンティティなど)
  • コンソールまたは API で設定されたすべてのエージェント設定
  • クエリ履歴
  • 検証結果
  • モデル作成タスク
  • トレーニング タスク
  • 長時間実行オペレーション タスク

利用可能なリージョン

Dialogflow では次のリージョンが利用できます。

南北アメリカ ヨーロッパ アジア太平洋 マルチリージョン
us マルチリージョンを使用する europe-west2(ロンドン) asia-northeast1(東京)
australia-southeast1(シドニー)
us(デフォルト)

コンソールでリージョンを選択する

Dialogflow ES コンソール の左上部分には、リージョンの選択のプルダウンがあります。すべてのエージェントには、作成時に指定された変更できないリージョンが含まれます。コンソールからリージョンを選択すると、選択したリージョンのエージェントのみを一覧表示または作成できます。デフォルトのリージョンは us です。

API を使用してリージョンを選択する

デフォルト以外のリージョンにエージェントが作成された場合は、設計時のリクエストかランタイム リクエストのために API を呼び出すときに、そのリージョンを指定する必要があります。

リージョンを指定するには、API リクエストに location パラメータを指定します。REST 呼び出しの場合は、次の両方を行います。

  • location URL パス パラメータを指定します。
  • ロケーション固有のホスト名の形式 [location]-dialogflow.googleapis.com を使用します。例: asia-northeast1-dialogflow.googleapis.com ホスト名で指定されたロケーションが URL パスで指定されたロケーションと一致しない場合、リクエストは拒否されます。

クライアント ライブラリについては、ロケーション構成オプションのクライアント ライブラリのドキュメントをご覧ください。

制限事項

Dialogflow コンソールでデフォルト以外のリージョンが選択されている場合、次の機能は使用できません。