JOBS_TIMELINE ビュー

INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE ビューには、現在のプロジェクトで送信されたすべてのジョブのタイムスライスごとのリアルタイムの BigQuery メタデータが含まれます。このビューには、現在実行中のジョブと完了したジョブが表示されます。

必要な権限

INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE ビューにクエリを実行するには、プロジェクトの bigquery.jobs.listAll Identity and Access Management(IAM)権限が必要です。次に示す事前定義された各 IAM ロールには、必要な権限が含まれています。

  • プロジェクト所有者
  • BigQuery 管理者

BigQuery の権限の詳細については、IAM によるアクセス制御をご覧ください。

スキーマ

INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE_BY_* ビューに対してクエリを実行すると、クエリ結果にすべての BigQuery ジョブについて 1 秒ごとの実行結果を示す行が 1 行ずつ表示されます。各期間は整数秒の時点で開始し、厳密に 1 秒間継続します。

INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE_BY_* ビューのスキーマは次のとおりです。

列名 データ型
period_start TIMESTAMP この期間の開始時間。
period_slot_ms INTEGER この期間に使用したスロットのミリ秒数。
project_id STRING (クラスタリング列)プロジェクトの ID。
project_number INTEGER プロジェクトの番号。
user_email STRING (クラスタリング列)ジョブを実行したユーザーのメールアドレスまたはサービス アカウント。
job_id STRING ジョブの ID。例: bquxjob_1234
job_type STRING ジョブのタイプ。QUERYLOADEXTRACTCOPY、または null のいずれかです。ジョブタイプ null は、スクリプト ジョブ ステートメントの評価やマテリアライズド ビューの更新などの内部ジョブを示します。
statement_type STRING クエリ ステートメントのタイプ(有効な場合)。例: SELECTINSERTUPDATE、または DELETE
job_creation_time TIMESTAMP (パーティショニング列)このジョブの作成時間。パーティショニングは、このタイムスタンプの UTC 時間に基づきます。
job_start_time TIMESTAMP このジョブの開始時間。
job_end_time TIMESTAMP このジョブの終了時間。
state STRING この期間の終了時点におけるジョブの実行状態。有効な状態には PENDINGRUNNINGDONE があります。
reservation_id STRING この期間の終了時点でこのジョブに割り当てられているメイン予約の名前(該当する場合)。
total_bytes_processed INTEGER ジョブによって処理された合計バイト数。
error_result RECORD ErrorProto. としてのエラー(ある場合)の詳細。
cache_hit BOOLEAN このジョブのクエリ結果がキャッシュから取得されたかどうか。

データの保持

このビューには、現在実行中のジョブと過去 180 日間のジョブの履歴が表示されます。

スコープと構文

このビューに対するクエリでは、リージョン修飾子を指定する必要があります。リージョン修飾子を指定しない場合、メタデータはすべてのリージョンから取得されます。次の表に、このビューのリージョン スコープを示します。

ビュー名 リソース スコープ リージョン スコープ
[PROJECT_ID.]`region-REGION`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE[_BY_PROJECT] プロジェクト レベル REGION
以下を置き換えます。

  • (省略可)PROJECT_ID: Cloud プロジェクトの ID。指定しない場合は、デフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • REGION: 任意のデータセット リージョン名。例: region-us

デフォルト プロジェクト以外のプロジェクトに対してクエリを実行するには、次の形式でプロジェクト ID を追加します。

`PROJECT_ID`.`region-REGION_NAME`.INFORMATION_SCHEMA.VIEW
例えば `myproject`.`region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE です。

次の例では、前日における 1 秒ごとのスロット使用率を計算しています。

SELECT
  period_start,
  SUM(period_slot_ms) AS total_slot_ms,
FROM
  `reservation-admin-project.region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE
WHERE
  period_start BETWEEN TIMESTAMP_SUB(CURRENT_TIMESTAMP(), INTERVAL 1 DAY) AND CURRENT_TIMESTAMP()
GROUP BY
  period_start
ORDER BY
  period_start DESC;
注: `INFORMATION_SCHEMA` ビュー名では大文字と小文字が区別されます。 次のような結果になります。
+---------------------+---------------+
|    period_start     | total_slot_ms |
+---------------------+---------------+
| 2020-07-29 03:52:14 |     122415176 |
| 2020-07-29 03:52:15 |     141107048 |
| 2020-07-29 03:52:16 |     173335142 |
| 2020-07-28 03:52:17 |     131107048 |
+---------------------+---------------+

特定の予約の使用状況は WHERE reservation_id = "…" で確認できます。スクリプト ジョブの場合、親ジョブは子ジョブからのスロットの合計使用状況も報告します。重複してカウントされないように、WHERE statement_type != "SCRIPT" を使用して親ジョブを除外します。

例: RUNNING ジョブと PENDING ジョブの数の推移

デフォルト プロジェクト以外のプロジェクトに対してクエリを実行するには、次の形式でプロジェクト ID を追加します。

`PROJECT_ID`.`region-REGION_NAME`.INFORMATION_SCHEMA.VIEW
例えば `myproject`.`region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE です。

次の例では、前日における 1 秒ごとの RUNNING ジョブと PENDING ジョブの数を計算しています。

SELECT
  period_start,
  SUM(IF(state = "PENDING", 1, 0)) as PENDING,
  SUM(IF(state = "RUNNING", 1, 0)) as RUNNING
FROM
  `reservation-admin-project.region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE
WHERE
  period_start BETWEEN TIMESTAMP_SUB(CURRENT_TIMESTAMP(), INTERVAL 1 DAY) AND CURRENT_TIMESTAMP()
GROUP BY
  period_start;

次のような結果になります。

+---------------------+---------+---------+
|    period_start     | PENDING | RUNNING |
+---------------------+---------+---------+
| 2020-07-29 03:52:14 |       7 |      27 |
| 2020-07-29 03:52:15 |       1 |      21 |
| 2020-07-29 03:52:16 |       5 |      21 |
| 2020-07-29 03:52:17 |       4 |      22 |
+---------------------+---------+---------+

例: 特定の時点におけるジョブ別のリソース使用量

デフォルト プロジェクト以外のプロジェクトに対してクエリを実行するには、次の形式でプロジェクト ID を追加します。

`PROJECT_ID`.`region-REGION_NAME`.INFORMATION_SCHEMA.VIEW
例えば `myproject`.`region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS です。

次の例では、特定の時点で実行されているすべてのジョブの job_id と、それらのジョブの 1 秒間におけるリソース使用量を返しています。

SELECT
  job_id,
  period_slot_ms
FROM
  `reservation-admin-project.region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_TIMELINE_BY_PROJECT
WHERE
  period_start = '2020-07-29 03:52:14'
  AND statement_type != 'SCRIPT';

次のような結果になります。

+------------------+
| job_id | slot_ms |
+------------------+
| job_1  | 2415176 |
| job_2  | 4417245 |
| job_3  |  427416 |
| job_4  | 1458122 |
+------------------+