コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

拡張プライベート クラウドのリソースとアクティビティの管理

拡張プライベート クラウドを作成すると、その詳細情報の表示、リソースとアクティビティの管理、VMware 管理用アプライアンスへのアクセスが可能になります。

それぞれの拡張プライベート クラウドには、2 つの Google Cloud ゾーンにわたって拡張された 1 つ以上のクラスタが含まれています。各クラスタには、ESXi ホストに対応するノードが含まれています。

拡張プライベート クラウドのクラスタに適用される自動スケーリング ポリシーでは、リソースの使用量をモニタリングし、クラスタに対してノードを自動的に追加または削除します。プライベート クラウドのクラスタに対してノードを追加または削除して、プライベート クラウドを手動で拡張または縮小することもできます。たとえば、現在のニーズに基づいて拡張プライベート クラウドを作成してから、使用量の増加に応じてノードを追加することでプライベート クラウドを拡張できます。

拡張プライベート クラウドを管理するには、まずリソース概要ページにアクセスします。

  1. Google Cloud VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. メイン ナビゲーションから [Resources] に移動します。
  3. 拡張プライベート クラウドのリストから、管理するプライベート クラウドを選択します。

プライベート クラウドの概要の表示

概要には、名前、vSphere クラスタの数、ノード数、ロケーション、運用状態など、拡張プライベート クラウドに関する情報が表示されます。概要ページには、プライベート クラウドにデプロイされた DNS サーバーが含まれます。

プライベート クラウドの概要ページから、次の操作を行えます。

拡張プライベート クラウドの拡張

拡張プライベート クラウドは、1 つ以上の vSphere クラスタで構成され、各クラスタには複数のノードが含まれています。拡張プライベート クラウドにノードを追加する場合は、少なくとも 2 つのノード(または 2 の倍数のノード)を既存のクラスタに追加するか、新しいクラスタを作成します。拡張プライベート クラウドは、全体のノードの上限を超えない範囲で複数回拡張できます。

拡張クラスタが 2 つのノードで拡張されている場合、一方のノードが優先サイトに追加され、もう一方のノードがセカンダリ サイトに追加されます。

新しいクラスタ構成の一部として、Google は VMware インフラストラクチャを構成します。この設定には、vSAN ディスク グループ、VMware 高可用性、分散リソース スケジューラ(DRS)のストレージ設定が含まれます。

拡張プライベート クラウドを拡張する方法は次のとおりです。

  1. プライベート クラウドの概要ページで、[Add Nodes] をクリックします。
  2. 既存のクラスタの 1 つノードを追加するか、新しい vSphere クラスタを作成するかを選択します。変更を加えると、そのページの概要情報が更新されます。

    • 既存のいずれかのクラスタにノードを追加するには、[Add nodes to existing] を選択します。拡張するクラスタを選択し、追加するノード数をゾーンごとに入力します。

    • 新しいクラスタを追加するには、[Create new] を選択します。続いて、次の詳細情報を指定します。

    • クラスタの名前を入力します。

    • 既存の vSphere データセンターを選択します。

    • ゾーンあたりのノード数を選択します。それぞれの新しいクラスタで、ゾーンごとに少なくとも 3 つのノードが必要です。

    • 省略可: 管理クラスタ内の各ノードで使用可能なコア数を減らすには、[Customize Cores] トグルをクリックします。詳細については、カスタムコア数をご覧ください。

  3. [送信] をクリックします。

拡張プライベート クラウドの縮小

拡張プライベート クラウドからノードを削除する場合は、既存のクラスタからノードを削除するか、クラスタ全体を削除します。

拡張プライベート クラウドを縮小する方法は次のとおりです。

  1. プライベート クラウドの概要ページで、[Remove nodes] をクリックします。
  2. 縮小または削除するクラスタを選択します。
  3. [ゾーンごとに 1 つのノードを削除する] または [クラスタ全体を削除する] を選択します。
  4. クラスタの容量を確認します。
  5. [Submit] をクリックすると、ノードの削除プロセスが開始されます。

進行状況をモニタリングするには、[Activity] > [Tasks] の順に選択します。

このプロセスでは、vSAN での再同期が必要であり、データによっては数時間かかることがあります。

制限事項

拡張プライベート クラウドからノードを削除するプロセスには、次の制約があります。

  • 6 つ(ゾーンごとに 3 つ)のノードを持つクラスタからノードを削除することはできません。
  • 使用した総容量は、クラスタからノードを削除した後の合計容量を超えることはありません。
  • プライベート クラウドの作成時に作成された最初のクラスタは削除できません。

サブネットの表示

プライベート クラウド用に定義された管理サブネットのリストを表示するには、[Subnets] タブを選択します。このリストには、プライベート クラウドの作成時に作成された HCX サブネットが含まれます。サブネットのリストには、各サブネットに関連付けられたファイアウォール テーブルも含まれています。

アクティビティ情報の表示

プライベート クラウドのアクティビティ情報を表示するには、[Activity] タブを選択します。表示される情報は、プライベート クラウドのすべてのアクティビティをフィルタリングしたリストです。このページには、最近のアクティビティが 25 件まで表示されます。アクティビティとそれらに関連する操作の全一覧については、VMware Engine アクティビティのモニタリングをご覧ください。

vSphere 管理ネットワークの表示

プライベート クラウドで現在構成されている VMware 管理リソースと仮想マシンのリストを表示するには、[vSphere Management Network] タブを選択します。情報には、ソフトウェア バージョン、完全修飾ドメイン名(FQDN)、リソースの IP アドレスが含まれます。