コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
クイックスタート: VMware VM を作成する

VMware VM を作成する

このページでは、vSphere クライアントを使用して、プライベート クラウドで仮想マシン(VM)とポリシーを作成、管理する方法について説明します。

始める前に

vSphere クライアントを使用してプライベート クラウドで VM を作成して管理するには、プライベート クラウドに接続できる必要があります。このクイックスタートは、次のことを前提としています。

  1. Google Cloud VMware Engine プライベート クラウドが作成されている。これは、クイックスタートの最初のプライベート クラウドを作成するを完了することで作成できます。
  2. 次のいずれかの方法で、オンプレミス ネットワークからプライベート クラウドへの安全な接続を確立している。

  3. プライベート クラウドでサブネットを作成している。これは、クイックスタートの最初のサブネットを作成するを完了することで作成できます。

VMware Engine ポータルから vCenter クライアントにアクセスする

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. ホームページの [Common tasks] で、[Launch vSphere client] をクリックします。
  3. プライベート クラウドを選択し、選択したプライベート クラウドの [Launch vSphere client] をクリックします。
  4. vSphere クライアントを開くには、vSphere クライアント タイプの [Launch] ボタンをクリックします。ISO アップロードでは、vSphere HTML5 クライアントを使用します。
  5. プロンプトが表示されたら、ログイン認証情報を入力します。なお、プライベート クラウドの詳細ページから生成された認証情報を取得することもできます。

ISO または vSphere テンプレートをアップロードする

ISO ファイルまたは vSphere テンプレートをアップロードして、VM のインストール メディアを提供します。

  1. vCenter にアップロードする ISO または vSphere テンプレートを取得し、VM を作成して、ローカル システムで利用できるようにします。
  2. vCenter で、ディスクのアイコンをクリックし、[vsanDatastore] を選択します。[Files] > [New Folder] をクリックします。
  3. ISO とテンプレートというフォルダを作成します。
  4. 新しいフォルダで [Upload files] をクリックします。
  5. 画面上の手順に沿って ISO をアップロードします。

vCenter クライアントで VM を作成する

vCenter で新しい VM を作成し、ワークロード ネットワーク セグメントに接続します。

  1. vCenter で、ホストとクラスタのアイコンをクリックします。
  2. [Workload] を右クリックし、[New virtual machine] を選択します。
  3. [Create new virtual machine] を選択し、[Next] をクリックします。
  4. マシンに名前を付け、ワークロード VM のロケーションを選択して、[Next] をクリックします。
  5. [Workload] コンピューティング リソースを選択し、[Next] をクリックします。
  6. [vsanDatastore] を選択し、[Next] をクリックします。
  7. デフォルトの ESXi 互換性のままにして、[Next] をクリックします。
  8. 作成する VM の ISO のゲスト OS を選択し、[Next] をクリックします。
  9. ハードディスクとネットワークのオプションを選択します。
  10. [New CD/DVD Drive] で [Datastore ISO file] を選択します。
  11. NSX-T で作成したワークロード ネットワーク セグメントを選択します。これを VMware Engine 管理アプライアンス サブネットにはしないでください。
  12. 選択ウィンドウが開きます。以前に ISO とテンプレート フォルダにアップロードしたファイルを選択し、[OK] をクリックします。
  13. 設定を確認し、[OK] をクリックして、VM を作成します。

VM がワークロード コンピューティング リソースに追加され、使用できる状態になります。これで、基本設定が完了しました。VM をパワーオンし、オペレーティング システムをインストールします。オンプレミス VM インフラストラクチャの使用と同様の方法で、プライベート クラウドの使用を開始できます。

以降のセクションでは、オプションとして、プライベート クラウド ワークロード用に DNS サーバーと DHCP サーバーを設定する方法と、デフォルトのネットワーク構成を変更する方法について説明します。

DNS サーバーと DHCP サーバーを作成する(省略可)

プライベート クラウド環境で実行されるアプリケーションとワークロードには、ルックアップと IP アドレスの割り当てのための名前解決と DHCP サービスが必要です。これらのサービスを提供するためには、適切な DHCP と DNS インフラストラクチャが必要です。プライベート クラウド環境でこれらのサービスを提供するように vCenter の VM を構成することが可能です。

前提条件

  • VLAN が構成された分散ポートグループ。
  • オンプレミスまたはインターネット ベースの DNS サーバーに設定されたルート。
  • VM を作成する VM テンプレートまたは ISO。

以下のリンクをクリックすると、Linux や Windows サーバーでの DHCP サーバーと DNS サーバーの設定に関する説明が記載された Google Cloud 以外のページにジャンプします。

Linux ベースの DNS サーバーの設定

Linux では、DNS サーバーを設定するためのさまざまなパッケージが用意されています。オープンソースの BIND DNS サーバーを設定する手順は、次のリンク先をご覧ください。

Windows ベースの DNS サーバーの設定

Windows Server を DNS サーバーと DHCP サーバーとして設定する方法については、次の Microsoft のトピックをご覧ください。

ネットワーク構成をカスタマイズする(省略可)

VMware Engine ポータルのネットワーク ページに沿って、ファイアウォール テーブルと VM のパブリック IP アドレスの構成を指定できます。

パブリック IP アドレスを割り振る

  1. VMware Engine ポータルで、[Network] > [Public IPs] に移動します。
  2. [Allocate Public IP] をクリックします。
  3. IP アドレス エントリを識別する名前を入力します。
  4. デフォルトのロケーションをそのまま使用します。
  5. パブリック IP アドレスを割り当てるローカル IP アドレスを入力します。ローカル アドレスは、ファイアウォールを介してアクセスできる必要があります。
  6. [Done] をクリックします。

パブリック IP アドレスの割り振りタスクが開始されます。[Activity] > [Tasks] ページで、タスクのステータスを確認します。割り振りが完了すると、新しいエントリが [Public IPs] ページに表示されます。

指定したローカル アドレスが、パブリック IP アドレスを使用する VM に追加される必要があります。IP アドレスを構成する手順は、VM オペレーティング システムに固有です。VM の IP アドレスを構成する方法については、VM オペレーティング システムのドキュメントをご覧ください。

Ubuntu 16.04 の例

ファイル /etc/network/interfaces の inet アドレス ファミリー構成に静的メソッドを追加し、アドレス、ネットマスク、ゲートウェイの値を変更します。

この例では、eth0 インターフェース、内部 IP アドレス 192.168.24.10、ゲートウェイ アドレス 192.168.24.1、ネットマスク 255.255.255.0 が使用されています。

  1. interfaces ファイルを編集します。

    posix-terminal
    sudo vi /etc/network/interfaces
  2. interfaces ファイルの次のセクションを更新します。

    auto eth0
    iface eth0 inet static
    address 192.168.24.10
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.24.1
    dns-nameservers 8.8.8.8
    dns-domain acme.com
    dns-search acme.com
  3. インターフェースを無効にします。

    posix-terminal
    sudo ifdown eth0
  4. インターフェースを再度有効にします。

    posix-terminal
    sudo ifup eth0

    デフォルトでは、インターネットからの受信トラフィックはすべて拒否されます。他のポートを開く場合は、ファイアウォール テーブルを作成します。

  5. 内部 IP アドレスを静的 IP アドレスとして構成した後、VM 内からインターネットにアクセスできることを確認します。

    posix-terminal
    ping 8.8.8.8
  6. パブリック IP アドレスを使用してインターネットから VM に到達できるかを確認します。VM 上のファイアウォール(iptable)ルールによってポート 80 の受信がブロックされていないか確認します。

    posix-terminal
    netstat -an | grep 80
  7. 次のいずれかのコマンドを使用して、ポート 80 をリッスンする HTTP サーバーを起動します。

    posix-terminal
    python2.7 -m SimpleHTTPServer 80

    または

    posix-terminal
    python3 -m http.server 80
  8. VM 上のファイルを参照するには、デスクトップでブラウザを起動し、パブリック IP アドレスのポート 80 を指すようにします。

パブリック IP アドレスの割り振りに関するデフォルトのファイアウォール ルール

パブリック IP アドレスの割り振りには、次のデフォルトのルールが適用されます。

  • VPN トラフィック: VPN とすべてのワークロード ネットワークおよび管理ネットワークとの間のすべてのトラフィックが許可されます。
  • プライベート クラウドの内部トラフィック: ワークロード ネットワークと管理ネットワークとの間の East-West トラフィックはすべて許可されます(上に示したとおり)。
  • インターネット トラフィック:

    • ワークロード ネットワークと管理ネットワークに対するインターネットからのすべての受信トラフィックが拒否されます。
    • インターネットに対するワークロード ネットワークと管理ネットワークからのすべての送信トラフィックが許可されます。

これらのルールを変更するには、ファイアウォール テーブルをご覧ください。

他のツールとプロダクトの構成(省略可)

VMware Site Recovery Manager(SRM)などの他のツールやプロダクトをインストールして構成することで、プライベート クラウド環境の機能をさらに拡張できます。そうすることで、障害復旧やレプリケーションなど、VM を保護するための他の機能を利用できます。

プライベート クラウドで使用する一部のツールやプロダクトは、vSphere の管理者権限を必要とします。その場合、プライベート クラウドで使用できるソリューション ユーザー アカウントのいずれかを使用します。

次のステップ