RabbitMQ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Google Cloud Managed Service for Prometheus を使用して RabbitMQ エクスポータから指標を収集できるように、Google Kubernetes Engine の Deployment を構成する方法について説明します。このドキュメントでは、次の方法について説明します。

  • RabbitMQ エクスポータを設定して指標を報告します。
  • エクスポートされた指標を収集するために、Managed Service for Prometheus の PodMonitoring リソースを構成する。
  • Cloud Monitoring のダッシュボードにアクセスして指標を表示する。
  • 指標をモニタリングするようにアラートルールを構成する。

以下の手順は、Managed Service for Prometheus でマネージド コレクションを使用している場合にのみ適用されます。セルフデプロイ コレクションを使用している場合は、RabbitMQ のドキュメントでインストール情報をご覧ください。

RabbitMQ の詳細については、RabbitMQ をご覧ください。

前提条件

Managed Service for Prometheus とマネージド コレクションを使用して RabbitMQ エクスポータから指標を収集するには、Deployment が次の要件を満たしている必要があります。

  • クラスタで Google Kubernetes Engine バージョン 1.21.4-gke.300 以降を実行している必要があります。
  • マネージド コレクションを有効にして、Managed Service for Prometheus を実行する必要があります。詳細については、マネージド コレクションを使ってみるをご覧ください。

  • RabbitMQ とのインテグレーションに Cloud Monitoring で利用可能なダッシュボードを使用するには、rabbitmq バージョン v3.8.0 以降を使用する必要があります。

    利用可能なダッシュボードの詳細については、ダッシュボードを表示するをご覧ください。

RabbitMQ では、Prometheus 形式の指標が自動的に公開されます。個別にインストールする必要はありません。想定されるエンドポイントで RabbitMQ エクスポータが指標を出力していることを確認するには、次の操作を行います。

  1. 次のコマンドを使用してポート転送を設定します。
    kubectl -n NAMESPACE_NAME port-forward POD_NAME 15692
    
  2. 別のターミナル セッションでブラウザまたは curl ユーティリティを使用して、localhost:15692/metrics エンドポイントにアクセスします。

PodMonitoring リソースを定義する

ターゲット ディスカバリの場合、Managed Service for Prometheus Operator には、同じ Namespace 内の RabbitMQ エクスポータに対応する PodMonitoring リソースが必要です。

次の PodMonitoring 構成を使用できます。

# Copyright 2022 Google LLC
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
#     https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
# See the License for the specific language governing permissions and
# limitations under the License.

apiVersion: monitoring.googleapis.com/v1
kind: PodMonitoring
metadata:
  name: rabbitmq
  labels:
    app.kubernetes.io/name: rabbitmq
    app.kubernetes.io/part-of: google-cloud-managed-prometheus
spec:
  endpoints:
  - port: prometheus
    scheme: http
    interval: 30s
    path: /metrics
  selector:
    matchLabels:
      app.kubernetes.io/component: rabbitmq
port フィールドと matchLabels フィールドの値がモニタリング対象の RabbitMQ Pod の値と一致することを確認します。Operator によってデプロイされた RabbitMQ には、ラベル app.kubernetes.io/component: rabbitmqprometheus ポートが含まれています。

構成の変更をローカル ファイルから適用するには、次のコマンドを実行します。

kubectl apply -n NAMESPACE_NAME -f FILE_NAME

Terraform を使用して構成を管理することもできます。

ルールとアラートを定義する

次の Rules 構成を使用して、RabbitMQ 指標に関するアラートを定義できます。

# Copyright 2022 Google LLC
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
#     https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
# See the License for the specific language governing permissions and
# limitations under the License.

apiVersion: monitoring.googleapis.com/v1
kind: Rules
metadata:
  name: rabbitmq-rules
  labels:
    app.kubernetes.io/component: rules
    app.kubernetes.io/name: rabbitmq-rules
    app.kubernetes.io/part-of: google-cloud-managed-prometheus
spec:
  groups:
  - name: rabbitmq
    interval: 30s
    rules:
    - alert: RabbitMQHighUnacknowledgedMessages
      annotations:
        description: |-
          RabbitMQ high unacknowledged messages
            VALUE = {{ $value }}
            LABELS: {{ $labels }}
        summary: RabbitMQ high unacknowledged messages (instance {{ $labels.instance }})
      expr: rabbitmq_channel_messages_unacked > 5
      for: 5m
      labels:
        severity: critical
    - alert: RabbitMQHighUnroutableMessages
      annotations:
        description: |-
          RabbitMQ high unroutable messages
            VALUE = {{ $value }}
            LABELS: {{ $labels }}
        summary: RabbitMQ high unroutable messages (instance {{ $labels.instance }})
      expr: rate(rabbitmq_channel_messages_unroutable_dropped_total[5m]) > 0
      for: 5m
      labels:
        severity: warning
    - alert: RabbitMQLowDeliveredMessages
      annotations:
        description: |-
          RabbitMQ low delivered messages
            VALUE = {{ $value }}
            LABELS: {{ $labels }}
        summary: RabbitMQ low delivered messages (instance {{ $labels.instance }})
      expr: rate(rabbitmq_channel_messages_delivered_total[5m]) < 10
      for: 5m
      labels:
        severity: warning

構成の変更をローカル ファイルから適用するには、次のコマンドを実行します。

kubectl apply -n NAMESPACE_NAME -f FILE_NAME

Terraform を使用して構成を管理することもできます。

ルールをクラスタに適用する方法については、マネージド ルールの評価とアラートをご覧ください。

アラートのしきい値は、アプリケーションに合わせて調整できます。

構成を確認する

Metrics Explorer を使用すると、RabbitMQ エクスポータが正しく構成されていることを確認できます。Cloud Monitoring が指標を取り込むまでに 1~2 分かかる場合があります。

指標が取り込まれていることを確認します。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、 Metrics Explorer を選択します。
  3. [PromQL] タブを選択し、次のクエリを実行します。
    up{job="rabbitmq", cluster="CLUSTER_NAME", namespace="NAMESPACE_NAME"}

ダッシュボードを表示する

Cloud Monitoring インテグレーションには、RabbitMQ Prometheus の概要ダッシュボードが含まれています。ダッシュボードは、インテグレーションを構成すると自動的にインストールされます。インテグレーションをインストールすることなく、ダッシュボードの静的プレビューを表示することもできます。

インストールされているダッシュボードを表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、 [ダッシュボード] を選択します。
  3. [ダッシュボード リスト] タブを選択します。
  4. [統合] カテゴリを選択します。
  5. ダッシュボードの名前(RabbitMQ Prometheus Overview など)をクリックします。

ダッシュボードの静的プレビューを表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] を選択するか、次のボタンをクリックします。
    [Monitoring] に移動
  2. ナビゲーション パネルで、 [インテグレーション] を選択します。
  3. [デプロイメント プラットフォーム] フィルタの [Kubernetes Engine] をクリックします。
  4. RabbitMQ インテグレーションを見つけ、[詳細を表示] をクリックします。
  5. [ダッシュボード] タブを選択します。

トラブルシューティング

指標の取り込みに関する問題のトラブルシューティングについては、取り込み側の問題のトラブルシューティングエクスポータからの収集に関する問題をご覧ください。