HAProxy

このドキュメントでは、Google Cloud Managed Service for Prometheus を使用して HAProxy の PROMEX サービスから指標を収集できるように、Google Kubernetes Engine のデプロイを構成する方法について説明します。このドキュメントでは、次の方法について説明します。

  • HAProxy の PROMEX サービスを設定して指標を報告する。
  • エクスポートされた指標を収集するために、Managed Service for Prometheus の PodMonitoring リソースを構成する。
  • Cloud Monitoring のダッシュボードにアクセスして指標を表示する。
  • 指標をモニタリングするようにアラートルールを構成する。

以下の手順は、Managed Service for Prometheus でマネージド コレクションを使用している場合にのみ適用されます。セルフデプロイ コレクションを使用している場合は、HAProxy のドキュメントでインストール情報をご覧ください。

以下の手順は一例であり、ほとんどの Kubernetes 環境で機能します。セキュリティ ポリシーや組織のポリシーの制限により、アプリケーションやエクスポータのインストールに問題がある場合は、オープンソース ドキュメントでサポートを確認することをおすすめします。

HAProxy の詳細については、HAProxy をご覧ください。

前提条件

Managed Service for Prometheus とマネージド コレクションを使用して HAProxy の PROMEX サービスから指標を収集するには、デプロイが次の要件を満たしている必要があります。

  • クラスタで Google Kubernetes Engine バージョン 1.21.4-gke.300 以降を実行している必要があります。
  • マネージド コレクションを有効にして、Managed Service for Prometheus を実行する必要があります。詳細については、マネージド コレクションを使ってみるをご覧ください。

  • HAProxy とのインテグレーションに Cloud Monitoring で利用可能なダッシュボードを使用するには、haproxy_promex バージョン 2.4 以降を使用する必要があります。

    利用可能なダッシュボードの詳細については、ダッシュボードを表示するをご覧ください。

HAProxy は、サービスが有効な状態でビルドされ、適切な frontend が構成に含まれている場合にのみ、Prometheus 形式の指標を公開します。

2.4 以降のバージョンの公式の Docker イメージのほとんどは、このサービスを有効にしてビルドされています。

次の構成例は、HAProxy Enterprise のドキュメントを参照して作成されています。コミュニティ エディションに対応しているため、特定のニーズに合わせて変更できます。

HAProxy 構成を変更する

次の例のように HAProxy 構成を変更します。

# Copyright 2022 Google LLC
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
#     https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
# See the License for the specific language governing permissions and
# limitations under the License.

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: haproxy
data:
  haproxy.cfg: |
    ...
+   frontend prometheus
+     mode http
+     bind *:8404
+     http-request use-service prometheus-exporter if { path /metrics }
    ...
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: haproxy
spec:
  selector:
    matchLabels:
+     app.kubernetes.io/name: haproxy
  template:
    metadata:
      labels:
+       app.kubernetes.io/name: haproxy
    spec:
      containers:
      - name: haproxy
        image: haproxy:2.8
        ports:
+       - containerPort: 8404
+         name: prometheus
        volumeMounts:
        - mountPath: /usr/local/etc/haproxy/haproxy.cfg
          subPath: haproxy.cfg
          name: haproxy
      volumes:
      - name: haproxy
        configMap:
          name: haproxy
          items:
          - key: haproxy.cfg
            path: haproxy.cfg

+ 記号で始まるすべての行を構成に追加する必要があります。

構成の変更をローカル ファイルから適用するには、次のコマンドを実行します。

kubectl apply -n NAMESPACE_NAME -f FILE_NAME

Terraform を使用して構成を管理することもできます。

HAProxy の PROMEX サービスが、想定されるエンドポイントで指標を出力していることを確認する手順は次のとおりです。

  1. 次のコマンドを使用してポート転送を設定します。
    kubectl -n NAMESPACE_NAME port-forward POD_NAME 8404
    
  2. 別のターミナル セッションでブラウザまたは curl ユーティリティを使用して、localhost:8404/metrics エンドポイントにアクセスします。

PodMonitoring リソースを定義する

ターゲット ディスカバリの場合、Managed Service for Prometheus Operator には、同じ Namespace 内の HAProxy エクスポータに対応する PodMonitoring リソースが必要です。

次の PodMonitoring 構成を使用できます。

# Copyright 2022 Google LLC
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
#     https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
# See the License for the specific language governing permissions and
# limitations under the License.

apiVersion: monitoring.googleapis.com/v1
kind: PodMonitoring
metadata:
  name: haproxy
  labels:
    app.kubernetes.io/name: haproxy
    app.kubernetes.io/part-of: google-cloud-managed-prometheus
spec:
  endpoints:
  - port: prometheus
    scheme: http
    interval: 30s
    path: /metrics
  selector:
    matchLabels:
      app.kubernetes.io/name: haproxy
port フィールドと matchLabels フィールドの値がモニタリング対象の HAProxy Pod の値と一致することを確認します。

HAProxy は、bind 構成オプションで定義されているターゲットから指標を公開します。このオプションでは、指標の取得でリッスンする IP アドレスとポートをユーザーが定義する必要があります。

構成の変更をローカル ファイルから適用するには、次のコマンドを実行します。

kubectl apply -n NAMESPACE_NAME -f FILE_NAME

Terraform を使用して構成を管理することもできます。

ルールとアラートを定義する

次の Rules 構成を使用して、HAProxy 指標に関するアラートを定義できます。

# Copyright 2022 Google LLC
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
#     https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
# See the License for the specific language governing permissions and
# limitations under the License.

apiVersion: monitoring.googleapis.com/v1
kind: Rules
metadata:
  name: haproxy-rules
  labels:
    app.kubernetes.io/component: rules
    app.kubernetes.io/name: haproxy-rules
    app.kubernetes.io/part-of: google-cloud-managed-prometheus
spec:
  groups:
  - name: haproxy
    interval: 30s
    rules:
    - alert: HAProxyDown
      annotations:
        description: |-
          HAProxy instance is down
            VALUE = {{ $value }}
            LABELS: {{ $labels }}
        summary: HAProxy down (instance {{ $labels.instance }})
      expr: haproxy_server_up{job="haproxy"} == 0
      for: 5m
      labels:
        severity: critical
    - alert: HAProxyTooManyConnections
      annotations:
        description: |-
          HAProxy instance has too many connections
            VALUE = {{ $value }}
            LABELS: {{ $labels }}
        summary: HAProxy too many connections (instance {{ $labels.instance }})
      expr: haproxy_frontend_current_sessions{job="haproxy"} / haproxy_frontend_limit_sessions{job="haproxy"} * 100 > 90
      for: 5m
      labels:
        severity: warning

構成の変更をローカル ファイルから適用するには、次のコマンドを実行します。

kubectl apply -n NAMESPACE_NAME -f FILE_NAME

Terraform を使用して構成を管理することもできます。

ルールをクラスタに適用する方法については、マネージド ルールの評価とアラートをご覧ください。

構成を確認する

Metrics Explorer を使用すると、HAProxy エクスポータが正しく構成されていることを確認できます。Cloud Monitoring が指標を取り込むまでに 1~2 分かかる場合があります。

指標が取り込まれていることを確認します。

  1. Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで [Monitoring] を選択し、次に [ Metrics Explorer] を選択します。

    Metrics Explorer に移動

  2. クエリビルダー ペインのツールバーで、[MQL] または [PROMQL] という名前のボタンを選択します。
  3. [言語] で [PromQL] が選択されていることを確認します。言語切り替えボタンは、クエリの書式設定と同じツールバーにあります。
  4. 次のクエリを入力して実行します。
    up{job="haproxy", cluster="CLUSTER_NAME", namespace="NAMESPACE_NAME"}

ダッシュボードを表示する

Cloud Monitoring インテグレーションには、HAProxy Prometheus の概要ダッシュボードが含まれています。ダッシュボードは、インテグレーションを構成すると自動的にインストールされます。インテグレーションをインストールすることなく、ダッシュボードの静的プレビューを表示することもできます。

インストールされているダッシュボードを表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで、[Monitoring] を選択してから、[ダッシュボード] を選択します。

    [ダッシュボード] に移動

  2. [ダッシュボード リスト] タブを選択します。
  3. [統合] カテゴリを選択します。
  4. ダッシュボードの名前(HAProxy Prometheus Overview など)をクリックします。

ダッシュボードの静的プレビューを表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud コンソールのナビゲーション パネルで、[Monitoring] を選択してから、[インテグレーション] を選択します。

    [インテグレーション] に移動

  2. [デプロイメント プラットフォーム] フィルタの [Kubernetes Engine] をクリックします。
  3. HAProxy インテグレーションを見つけ、[詳細を表示] をクリックします。
  4. [ダッシュボード] タブを選択します。

トラブルシューティング

指標の取り込みに関する問題のトラブルシューティングについては、取り込み側の問題のトラブルシューティングエクスポータからの収集に関する問題をご覧ください。