Console を使用したデータの挿入と変更

Google Cloud Platform Console には、Cloud Spanner テーブル内のデータを挿入、編集、および削除するためのインターフェースがあります。

テーブルを見つける

まず、GCP Console で Cloud Spanner データのテーブルを開きます。

  1. GCP Console で [Cloud Spanner] ページに移動します。
    [Spanner] ページに移動
  2. インスタンスの名前をクリックします。
  3. [インスタンスの詳細] ページの左側のパネルで、データベースの名前をクリックします。

    左側のペインにリストされるデータベースのスクリーンショット

  4. [テーブル] からテーブルの名前をクリックします。

    データベースの詳細ページに表示されるテーブルのスクリーンショット

  5. [テーブルの詳細] ページで [データ] タブをクリックします。

    テーブルの詳細ページのスクリーンショット

このタブでテーブルの行を挿入、編集、および削除できます。詳細な手順については、以下を参照してください。

データの挿入

  1. [テーブルの詳細] ページの [データ] タブで [挿入] をクリックします。
  2. 挿入する値を入力します。

    • フィールドを <NULL> に設定するには、フィールドを空白のままにします。
    • STRING フィールドを空の文字列に設定するには、[空の文字列] チェックボックスをオンにします。
    • BYTES 値を Console で表示したり編集したりすることはできません。代わりに、クライアント ライブラリを使用してください。

    使用可能な型とそのプロパティの詳細については、データ型をご覧ください。

  3. [保存] をクリックします。

    GCP Console に表示されるテーブルのデータに、挿入した行が含まれます。

データの編集

  1. [テーブルの詳細] ページの [データ] タブで、編集する行を選択し、[編集] をクリックします。

    特定の行を簡単に見つけるには、その主キーを [フィルタ] ボックスに入力します。

  2. 値を編集し、[保存] をクリックします。

    GCP Console に表示されるテーブルのデータに、変更した行が反映されます。

データの削除

  1. [テーブルの詳細] ページの [データ] タブで、削除する行を 1 つ以上選択し、[削除] をクリックします。

    特定の行を簡単に見つけるには、その主キーを [フィルタ] ボックスに入力します。

  2. [削除] をクリックした後で表示されるダイアログで、[OK] をクリックします。

    GCP Console に表示されるテーブルのデータに、削除した行が含まれなくなります。

Cloud Spanner テーブルでデータを挿入および変更する操作の例については、Console を使用したクイックスタートをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Spanner のドキュメント