Cloud Pub/Sub

場所や規模を問わずイベント ストリームを取り込んで、シンプルで信頼性の高いリアルタイムのストリーム分析を実行

Cloud Pub/Sub のクイックスタートを表示する

どこでも必要な場所にイベントデータを配信

Cloud Pub/Sub は、ストリーム分析とイベント駆動型コンピューティング システム向けの、シンプルで信頼性の高いスケーラブルな基盤として機能します。 Google Cloud のストリーム分析ソリューションの一部をなすこのサービスは、イベント ストリームを取り込み、Cloud Dataflow に配信して処理を行うほか、データ ウェアハウジング ソリューションとして BigQuery に配信して分析を行います。 Cloud Pub/Sub サービスを次のような用途でのイベントデータ配信に利用すれば、ご自身のビジネスとデータシステムの変革に専念できます。

  • check ゲームでのリアルタイムのパーソナライズ
  • check 広告やメディアでの迅速なレポート作成、ターゲティング、および最適化
  • check 医療、製造、石油・ガス、物流向けの端末データの処理
  • check 金融サービス向けの市場関連データ ストリームのシンジケーション
イベントデータ

オープン アーキテクチャでのマルチクラウドおよびハイブリッド アプリケーションの構築

他のクラウドで、またはクラウドとオンプレミス アプリケーションをまたがって運用されているプロジェクトやアプリケーションのデータをシンジケートします。Cloud Pub/Sub は、複数言語、オープン REST/HTTP、gRPC サービス API、オープンソース Apache Kafka コネクタなどをサポートする効率的なクライアント ライブラリを介して、既存環境に簡単に適合します。

高い対応力で自動的にスケーリング

1 秒あたり数億件のメッセージにまでスケールでき、使用したリソースのみに対して課金されます。パーティションやローカル インスタンスの管理は必要ないため、操作上のオーバーヘッドが削減されます。データは独自の高速プライベート ネットワークを経由して、複数のデータセンターにインテリジェントに自動配信されます。

高い対応力でスケーリング

リアルタイム アプリに信頼性とセキュリティ ツールを提供

Cloud Pub/Sub を使用すれば、スケーラブルな分散型システムを簡素化できます。公開されたすべてのデータは可用性ゾーン間で同期的に複製されるため、ユーザーはデータの準備ができ次第メッセージを受信して処理できます。きめ細かなアクセス制御により、チーム間や組織での洗練されたデータ共有が可能になります。 さらに、エンドツーエンドの暗号化により、パイプラインのセキュリティが強化されます。

信頼性とセキュリティ

ストリーム分析のための Cloud Pub/Sub

Cloud Pub/Sub の特長

at-least-once 配信
同期されたゾーン間メッセージ レプリケーションとメッセージごとの受信トラッキングにより、あらゆる規模での at-least-once 配信が可能になります。
1 回限りの処理
Cloud Dataflow は、Cloud Pub/Sub ストリームでの高信頼性、高機能な 1 回限りの処理をサポートしています。
プロビジョニング不要の自動処理
Cloud Pub/Sub には、シャードやパーティションがありません。割り当てを設定し、公開し、使用するだけです。
統合
Cloud Storage、Gmail アップデート イベント、Cloud Functions をはじめとした複数のサービスとの統合を活かして、サーバーレスのイベント駆動型コンピューティングを実行できます。
オープン
オープン API と 7 言語対応のクライアント ライブラリで、クラウド間およびハイブリッド デプロイをサポートしています。
デフォルトでグローバル
一貫したレイテンシで、世界中のどこからでも公開でき、どこからでも使用できます。レプリケーションは必要ありません。
コンプライアンスとセキュリティ
Cloud Pub/Sub は HIPAA 準拠のサービスのため、きめ細かなアクセス制御とエンドツーエンドの暗号化を行えます。

Cloud Pub/Sub の料金

Cloud Pub/Sub は利用量が増えるほど料金が下がります。初期費用と、トピックやサブスクリプションの作成、メンテナンスの料金は不要です。

1 か月あたりのデータ容量1 GB あたりの料金
最初の 10 GB $0.00
次の 50 TB $0.06
次の 100 TB $0.05
150 TB 超 $0.04
1 料金の詳細については、料金ガイドをご覧ください。
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている料金の通貨が適用されます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。