イベントベースの軽量なマイクロサービス

Google Cloud Functions は軽量、イベントベース、かつ非同期のコンピュート ソリューションです。クラウド イベントに対応できる、単一目的の小規模な関数を作成することができます。サーバーやランタイム環境を管理する必要はありません。Google Cloud Storage と Google Cloud Pub/Sub のイベントは Cloud Functions を非同期的にトリガーできます。また、HTTP からの呼び出しによって同期実行することもできます。

完全にサーバーレス

Cloud Functions は、Google がサーバー、オペレーティング システム、ランタイム環境を処理するフルマネージドのサーバーレス環境で実行されるため、優れたアプリケーションの構築に集中できます。

自動スケーリングと超高速な処理

各 Cloud Function は切り離された安全な実行コンテキストで実行され、そのライフサイクルは他の Cloud Functions に依存しません。関数は別々に自動的にスケーリングされ、関数の複数のインスタンスで他の Cloud Platform リソースから発行されたイベントを同時に処理できます。

オープンで使いやすい

Cloud Functions は、JavaScript で書かれ、標準的な Node.js ランタイム環境で実行されます。Cloud Function を取得して、標準的な Node.js ランタイムで実行することができ、移植とローカルテストがスムーズに行われます。さらに、GitHub や Bitbucket レポジトリから Cloud Function を直接デプロイすることもできます。

Cloud Functions の特長

イベントベースのマイクロサービスを構築するためのサーバーレス プラットフォーム

Cloud Pub/Sub トリガー
Cloud Functions は、Cloud Pub/Sub トピックのメッセージによってトリガーすることができるため、複数の関数は同じトピックにサブスクライブすることができます。
Cloud Storage トリガー
Cloud Function は、Cloud Storage Bucket の mutation イベントに関連付けることができます。 バケット内のファイルが作成、削除、変更されるたびに、関数が実行されます。
HTTPS からの呼び出し
HTTP トリガーでデプロイされた関数には、安全な通信を行うために動的に生成された SSL/TLS 認証とともに完全修飾ドメインが付与されます。
GitHub/Bitbucket サポート
Cloud Source Repositories を使用すると、コードをアップロードしたり、バージョンを管理したりすることなく、GitHub や Bitbucket レポジトリから Cloud Functions を直接デプロイすることができます。
ロギングとモニタリング
Cloud Functions から発行されたログは自動的に Stackdriver Logging に書き込まれ、パフォーマンス テレメトリーは Stackdriver Monitoring に記録されます。