Cloud Runベータ版

フルマネージド環境または GKE クラスタでステートレス HTTP コンテナを実行

サーバーレス環境をコンテナに実現

Cloud Run は、マネージド型のコンピューティング プラットフォームで、HTTP リクエスト経由で呼び出し可能なステートレス コンテナを実行できます。Cloud Run はサーバーレスです。インフラストラクチャ管理が一切不要のため、最も重要な作業であるアプリケーション構築に集中できます。Knative から作成されているため、Cloud Run を使用してフルマネージド型でコンテナを実行するか、Cloud Run with GKE を使用して Google Kubernetes Engine クラスタ内でコンテナを実行するかを選択できます。

コンテナを秒単位で本番環境にデプロイ

コンテナを秒単位で本番環境にデプロイ

多くのサーバーレス プラットフォームでは、言語やライブラリに対するサポートに制約があり、場合によってはコーディング方法が制限されることもあります。Cloud Run では、HTTP リクエストをリッスンするステートレス コンテナを簡単にデプロイできるため、お好きな方法でコードを記述できます。コンテナにより、ワークロードの柔軟性とポータビリティが実現されています。Cloud Run を使用すると、お好みの言語で、必要な依存関係とツールを使用して適切なアプリケーションを構築し、数秒でデプロイすることができます。

ネイティブでサーバーレス

ネイティブでサーバーレス

Cloud Run を使用すると、サーバーのことを心配せずに、ステートレス HTTP ワークロードを実行できます。サーバーのプロビジョニング、構成、管理など、すべてのインフラストラクチャ管理が不要になるため、コードの記述に集中できます。トラフィックに応じてほぼ瞬時にゼロから自動的にスケールするため、スケーリング構成のことを心配する必要はありません。また、Cloud Run の課金対象は使用したリソース(100 ミリ秒単位、1,000 ミリ秒単位以下切り捨て)に限られるため、過剰にプロビジョニングしたリソースに料金を支払う必要はありません。

1 つのエクスペリエンス

必要な場所に 1 つのエクスペリエンス

ステートレス コンテナを一貫したデベロッパー エクスペリエンスでフルマネージドの環境または独自の GKE クラスタにデプロイします。この共通のエクスペリエンスは、Kubernetes 上に構築されているオープンな API とランタイム環境である Knative によって実現されているため、ワークロードをさまざまな環境とプラットフォーム(GCP 上のフルマネージド、GKE 上、Knative が実行される任意の場所)で自由に移動できます。

特長

シンプルなデベロッパー エクスペリエンス

コマンドラインとユーザー インターフェースはシンプルなで、サービスを即座にデプロイして管理できます。

迅速な自動スケーリング

Cloud Run は、トラフィックに応じてゼロから N まで自動的にスケールします。GKE で実行中の場合、自動スケーリングは GKE クラスタの容量の範囲内に制限されます。

マネージド

インフラストラクチャの管理は不要です。デプロイした後は Cloud Run がサービスを管理するため、管理について心配する必要はありません。

任意の言語、ライブラリ、バイナリ

任意のプログラミング言語に加え、任意の言語や OS のライブラリを使用したり、独自のバイナリを持ち込んだりすることができます。

コンテナのワークフローや基準を活用

コンテナは、コードやその依存関係をパッケージ化し、デプロイする際の基準となります。Cloud Run は、Cloud BuildContainer Registry、Docker などのコンテナ エコシステムと親和性の高いサービスです。

冗長性

Cloud Run はリージョン単位で、複数のゾーンにわたり自動的に複製されます。

ロギングとモニタリングの統合

Stackdriver Monitoring、Logging、Error Reporting との即座の統合により、アプリケーションの健全性を確保します。

Knative が基盤

Cloud Run は、Knative オープンソース プロジェクトを基盤とするため、プラットフォーム間でのワークロードのポータビリティが実現します。

カスタム ドメイン

サービスを独自のドメインにマッピングできます。

適切なプラットフォームを選択

Cloud Run は、Google Cloud と Google Kubernetes Engine のどちらでもサービスを実行できる柔軟性を備えています。すでに GKE を使用している場合、Cloud Run はクラスタへのデプロイが可能です。これにより、カスタム マシンタイプ、追加のネットワーク サポート、GPU にアクセスして、Cloud Run サービスの実行方法を拡張することができます。最大のメリットは、デプロイ後に簡単に変更を行える点です。つまり、サービスを再実装することなく、Cloud Run を Cloud Run on GKE(またはその逆)に簡単に切り替えることができます。

Cloud Run

Cloud Run on GKE

料金 従量課金(以下を参照) Kubernetes Engine の一部として利用可能。料金は一般提供の前に決定
マシンタイプ インスタンスごとに 1 個の vCPU(メモリ変更機能搭載) GKE 上の標準またはカスタム マシンタイプ(GPU 搭載)
ID とセキュリティ 各サービスを呼び出せる ID を管理(未認証の呼び出しも可能) サービスをインターネット上で公開し、クラスタまたは VPC ネットワークでのみ利用可能にする
ネットワーキング VPC / Compute Engine ネットワークへのアクセスがない。サービスが Istio サービス メッシュに含まれていない VPC / Compute Engine ネットワークにアクセス可能。サービスが Istio サービス メッシュに含まれている
URL 自動サービス URL と SSL 証明書 手動の SSL 証明書を含むカスタム ドメインのみ

料金

料金の詳細については、ドキュメント ページをご覧ください。

Cloud Run の料金

Cloud Run の課金対象は使用したリソースのみです(100 ミリ秒単位、1,000 ミリ秒単位以下切り捨て)。

合計金額=
コンピューティング+
$0.00002400 単位:
vCPU 秒
メモリ+
$0.00000250 単位:
GB 秒
リクエスト+
$0.40/100 万回
リクエスト
無料枠:
180,000
vCPU 秒/
360,000
GB/
200 万回
リクエスト数/
ベータ期間中は無料。
無料枠の詳細はベータ期間の
終了前に発表されます。

Cloud Run on GKE の料金

Cloud Run on GKE は、Google Kubernetes Engine クラスタに対するアドオンです。Cloud Run on GKE がデプロイするワークロードは、GKE の料金に含まれます。Cloud Run on GKE の最終的な料金は、一般提供の前に決定されます。Google Kubernetes Engine の料金は、クラスタ向けにプロビジョニングされたリソースに基づいて決定されます。Google Cloud Pricing Calculator を使用すれば、Google Kubernetes Engine クラスタの料金を見積もることができます。

リソース

Cloud Run と Cloud Run on GKE の貴重なリソースをお役立てください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めてご利用の場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築や、お客様のニーズに合ったパートナーを見つけるお手伝いをいたします。

このプロダクトはベータ版です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。

フィードバックを送信...