サービス名と構成 ID の取得

OpenAPI ドキュメントをデプロイするには、gcloud endpoints services deploy コマンドを実行します。OpenAPI ドキュメントを初めてデプロイすると、gcloud コマンドによって Service Management API が呼び出され、OpenAPI ドキュメントの host フィールドで指定された名前を使用してマネージド サービスが作成されます。続いて、Service Management によって、構成 ID(日付スタンプの後にリビジョン番号を付加したもの)が自動的に割り当てられます。たとえば 2017-02-13r0 です。

サービス構成を同じ日に再度デプロイすると、構成 ID のリビジョン番号がその都度増分されます。一方、別の日にサービス構成を再度デプロイすると、構成 ID に新しい日付スタンプが付けられ、リビジョン番号が 0 にリセットされます。

Endpoints では、サービス構成の保存に Service Management が使用されます。Service Management は、最新の 100 個のサービス構成のみを保存します。

このページでは、サービスの名前とその構成 ID を表示する方法について説明します。

GCP Console

  1. GCP Console で、プロジェクトの [エンドポイント] > [サービス] ページに移動します。

    [エンドポイント] の [サービス] ページに移動

  2. API が複数ある場合は、リストから対象の API を選択します。
  3. [デプロイの履歴] タブをクリックします。
  4. サービス名は、API 名とタブの間(ページの左上隅付近)に表示されます。[Service configuration deployment] リストには、構成 ID 以外に、その構成をデプロイしたプロジェクト メンバーのメールアドレスとデプロイ日も表示されます。[Service configuration deployments] リストには、最新の 100 個の構成が表示されます。最新の構成がリストの先頭に表示されます。

gcloud

  1. 次のコマンドを入力して、GCP プロジェクトのプロジェクト ID を表示します。
    gcloud projects list
  2. 前の手順で取得したプロジェクト ID のうち、API が含まれるプロジェクトの ID にデフォルトのプロジェクトを設定します。
    gcloud config set project YOUR_PROJECT_ID
  3. プロジェクト内のサービスのリストを取得します。
    gcloud endpoints services list
  4. 前の手順で取得したサービス名のうち、該当するサービス名を使用して、サービスの構成 ID のリストを取得します。
    gcloud endpoints configs list --service=YOUR_SERVICE_NAME

上記のコマンドの詳細については、gcloud リファレンスをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

OpenAPI を使用した Cloud Endpoints
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。