プロジェクトの設定

設定の手順

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Google Cloud Dataproc API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  8. Google Cloud Dataproc API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Cloud SDK をインストールして初期化します。

VM の設定(オプション)

Compute Engine 仮想マシン インスタンスから Cloud SDK を実行できるようにする場合は、Google Cloud Platform サービスにアクセスするようにこの仮想マシンを設定する必要があります。

仮想マシンが正しく設定されているかどうかをテストするには、gcloud compute instances describe <your-vm-instance-name> をコマンドラインから実行します。スコープ https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform を含むサービス アカウントが一覧表示されます。このスコープが見つからない場合は、インスタンスのサービス アカウント アクセスのスコープの設定をご覧ください。