予算と予算アラートの設定

概要

Cloud Billing の予算を作成して、Google Cloud のすべての料金を 1 か所でモニタリングすることで、想定外の請求が発生する事態を回避します。予算により、実際の Google Cloud の費用を予定費用と照らし合わせて追跡できます。 予算額を設定したら、メール通知のトリガーに使用する予算アラートしきい値のルールを設定します。予算アラートのメールにより、費用と予算の状況を常に追跡し、把握できます。

予算アラートの通知を示した図
図 1: 予算アラート通知のデフォルト機能、さまざまなオプションおよび使用について示しています。

Cloud Billing の予算の場合:

  • 予算の範囲を定義できます。たとえば、Cloud 請求先アカウント全体の費用に適用する予算の範囲を設定する、または予算の範囲を 1 つ以上のプロジェクト、1 つ以上のプロダクト、Cloud 請求先アカウントに適用可能なその他の予算フィルタに限定することができます。
  • 予算額は、指定した合計額に設定する、または前月の利用額に基づいて設定することができます。
  • 設定したルールに基づき、費用(実際の費用または予測費用)が予算の特定の割合を超えると、デフォルトでは対象となる Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者と請求先アカウント ユーザー(つまり、課金のロールとして roles/billing.admin または roles/billing.user が割り当てられているすべてのユーザー)にアラートメールが送信されます。
  • 予算アラートメールを受信する課金管理者に加えて、Cloud Monitoring を使用してメール受信者をカスタマイズし、組織内の他のユーザー(プロジェクト マネージャーなど)が予算アラートメールを受信するように指定できます。
  • Pub/Sub は、プログラムによる通知(予算メッセージを他のメディアに転送する、費用管理タスクを自動化するなど)にも使用できます。

このドキュメントでは、以下の方法について確認できます。

予算の管理に必要な権限

Cloud 請求先アカウントの予算を管理するために必要な権限は作業内容によって異なり、各トピックの冒頭に記載されています。

Google Cloud の権限の詳細については、以下をご覧ください。

予算の作成

このタスクに必要な権限

Cloud 請求先アカウントの予算を作成するには、Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者であることが必要です。

具体的には、このタスクを実行するには、Cloud 請求先アカウントに次の権限が必要です。

新しい予算を作成する手順は次のとおりです。

  1. 予算を作成して名前を付ける
  2. 予算の範囲を設定する
  3. 予算額を設定する
  4. 予算しきい値のルールとアクションを設定する
  5. [終了] をクリックして新しい予算を保存する

1. 予算を作成して名前を付ける

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を設定する対象のアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [予算とアラート] を選択します。

  4. [ 予算を作成] をクリックします。

  5. [名前] フィールドに、予算の名前を入力します。

2. 予算の範囲を設定する

  • 予算の [範囲] を設定し、[次へ] をクリックします。

    予算の範囲について

    予算は、Cloud 請求先アカウント全体に適用することも、特定のリソースセットに焦点を絞るように範囲を設定することもできます。

    • 販売パートナーの場合、Cloud 請求先アカウントにサブアカウントがあれば、[サブアカウント] フィールドで、予算アラートを適用する 1 つ以上のサブアカウントを選択します。Cloud 請求先アカウントのすべてのサブアカウントに予算アラートを適用するには、[すべて選択] を選択します。
    • [プロジェクト] フィールドで、予算アラートを適用するプロジェクトを 1 つ以上選択します。Cloud 請求先アカウントのすべてのプロジェクトに予算アラートを適用するには、[Select all] を選択します。
    • [プロダクト] フィールドで、予算アラートを適用するプロダクトを 1 つ以上選択します。Cloud 請求先アカウントのすべてのプロダクトに予算アラートを適用するには、[Select all] を選択します。
    • [ラベル] フィールドで、予算アラートを適用するラベルの [キー] と [] を選択します。予算ごとに適用できるラベルは 1 つのみです。詳しくは、リソースラベルの作成と管理をご覧ください。

3. 予算額を設定する

  • 1 か月の予算の [金額] を設定し、[次へ] をクリックします。

    予算タイプを選択します。

    • 1 か月の費用を比較する固定額を設定するには、[指定額] を選択し、[目標額] フィールドに金額を入力します。
    • 前月の利用額に基づいて毎月金額を更新する場合は、[先月の利用額] を選択します。このオプションを選択すると、[目標額] が自動的に更新されます。

    必要に応じて、[費用にクレジットを含める] を有効にできます。

    • 費用にクレジットを含める場合、費用は合計費用から該当するクレジットを差し引いて計算されます。クレジットは、Google Cloud の各種利用割引、プロモーション、資金援助などです。
    • クレジットが適用される前に Google Cloud の使用料金に予算額を適用する場合は、このオプションをオフにします。

4.予算しきい値のルールとアクションを設定する

  • 予算の [アクション] を設定し、[完了] をクリックします。

    アラートしきい値のルール

    しきい値のルールでは、予算通知の生成に使用されるトリガー イベントを定義します。予算通知のデフォルトの動作では、ここで定義したしきい値のルールに基づいて、ターゲット Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者と請求先アカウント ユーザーに予算アラートのメールが送信されます。

    アラートの額は、予算期間中に発生した費用の実値*、または予測費用(現在の予算期間の終了時点までの推定費用)のどちらでもトリガーできます。

    予算アクションのしきい値ルール セクションのスクリーンショット。
    図 2: 予算の作成時に表示されるデフォルトのしきい値ルールを示しています。

    デフォルトのアラートしきい値ルールが用意されています。 最初に予算を作成すると、デフォルトのアラートしきい値が 50%、90%、100% に設定されます。これは予算額に対する実際の利用額の割合です。

    この割合や指定額、利用額の種類は変更できます。また、アラートしきい値ルールの追加や削除を行うこともできます。

    • アラートを発生させる予算の割合を [予算の割合] に入力します。対応する利用額が [金額] に自動的に入力されます。(または、[金額] に値を入力すると、[予算の割合] が自動的に計算されます)。
    • [トリガー対象] で、利用額の [実値] または [予測] を選択します。
    • [実値] 費用のしきい値ルールでは、予算期間中に発生した累積費用がしきい値の金額を超えると通知が送信されます。たとえば、$100 の予算額に対して実際の利用額のアラートを 50% に設定した場合、予算期間内に $50 費やすとアラート通知が届きます。
    • [予測] 費用のしきい値ルールでは、予測費用(現在の予算期間の終了時点までで計算される)がしきい値の金額を超えると通知が送信されます。たとえば、$100 の予算額に対して予測費用のアラートを 110% に設定した場合、予算期間の終了までに利用額が $110 を超えると予測された時点でアラート通知が届きます。
    • 他のアラートしきい値ルールを追加するには、現在のアラートしきい値ルールのリストの近くにあるしきい値を追加)をクリックします。
    • しきい値ルールを削除するには、削除する行の [削除]()をクリックします。

    通知の管理

    必要に応じて、予算アラート通知のデフォルト メールにはない動作をするように予算を構成できます。[通知の管理] オプションを設定して、次の操作を行います。

    • Cloud Monitoring の通知を使用して、アラートメールの受信者をカスタマイズします。
    • Pub/Sub 通知を使用してプログラムによるアクションをトリガーするには、予算アラート通知を使用します。

    モニタリング通知

    デフォルトでは、アラートメールはターゲットの Cloud 請求先アカウント(つまり、roles/billing.admin または roles/billing.user のいずれかの課金のロールが割り当てられているすべてのユーザー)の請求先アカウント管理者と請求先ユーザーに送信されます。メールの受信者をカスタマイズするには、Cloud Monitoring の通知を使用して、任意のメールアドレスにアラートを送信します。

    • Cloud Monitoring 通知を使用するには、Monitoring 通知チャネルをこの予算にリンクします。

    この機能の詳細については、モニタリング通知の管理をご覧ください。

    プログラムによる通知

    メール送信を目的としてしきい値ルールを使用するのみでなく、しきい値ルールを使用して予算メッセージを他のメディア(例: Slack)に転送するなどのプログラムによるアクションをトリガーし、費用管理タスク(予算を超過した場合にプロジェクトに対する請求を無効にするなど)を自動化できます。この予算に関する費用の更新情報をプログラムで受け取るには、Pub/Sub 通知を使用します。

    • 通知の管理をプログラムで行う場合は、この予算に Pub/Sub トピックを接続します。

    この機能の詳細については、プログラムによる通知を管理するをご覧ください。

5. [完了] をクリックして予算を保存する

予算の構成が完了したら、[完了] をクリックします。

  • 予算しきい値ルールを設定した後、しきい値に達すると、デフォルトで予算アラートメールがターゲットの Cloud 請求先アカウント(つまり、roles/billing.admin または roles/billing.user のいずれかの課金のロールが割り当てられたすべてのユーザー)の請求先アカウント管理者と請求先アカウント ユーザーに送信されます。
  • オプションのモニタリング通知を設定して、メールアラートの受信者を(デフォルトのメール受信者に加えて)指定すると、予算のしきい値に達した場合に、予算アラートメールが予算にリンクした Cloud Monitoring 通知チャネルに送信されます。
  • プログラムによるアクションをトリガーするようにオプションの [プログラムによる通知] を設定すると、予算のしきい値に達した場合に予算に接続した Pub/Sub トピックに予算アラート通知が送信されます。

予算のリストを表示する(過去 1 か月の費用を含む)

このタスクに必要な権限

Cloud 請求先アカウントの予算のリストを表示するには、Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者または請求先アカウント閲覧者であることが必要です。

具体的には、このタスクを実行するには、Cloud 請求先アカウントに対する billing.budgets.getbilling.budgets.list の権限が必要です。

Cloud 請求先アカウントの予算のリストを表示するには、次の手順に従います。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を表示する対象アカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [予算とアラート] を選択すると、選択した Cloud 請求先アカウントに作成されたすべての予算のリストが表示されます。

    予算ごとに、次の情報が表示されます。

    • 予算名
    • 予算タイプ。予算額が [指定額] であるか、[先月の利用額] に基づいているかを示します。
    • 予算アラートの適用対象。予算アラートが Cloud 請求先アカウント全体に適用されるか、プロジェクト、プロダクト、またはラベルに範囲が限定されているかを示します。
    • アラートを送信するしきい値。アラートしきい値ルールを作成した予算に対してアラート対象となる各割合が表示されます。
    • [利用額と予算額] は、予算額に対して利用額を追跡する際の視覚的ゲージです。

予算を変更または削除する

このタスクに必要な権限

Cloud 請求先アカウントの予算を変更または削除するには、Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者であることが必要です。

このような操作を行うには、Cloud 請求先アカウントで次の権限が必要になります。

予算を変更または削除する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を管理するアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [予算とアラート] を選択すると、選択した Cloud 請求先アカウントに作成された予算のリストが表示されます。

    予算を変更する:

    1. 予算と予算のアラートしきい値ルールを変更するには、[予算名] をクリックし、目的の項目を変更します。
    2. 変更が完了したら、[保存] をクリックします。

      予算設定の詳細については、以下をご覧ください。

    予算を削除する:

    1. 予算を削除するには、[予算名] の横にあるチェックボックスをオンにして、 [削除] をクリックします。
    2. この操作を確認するよう求めるメッセージが表示されます。

API を使用して予算を作成し管理する

提供開始: Cloud Billing Budget API のベータ版リリースでは、予算の表示、作成、管理をプログラムで行うことができます。これは、組織全体で作成する予算の数が多い場合に特に便利です。