コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Private Service Connect の公開サービスをモニタリングする

Private Service Connect は、Private Service Connect の使用状況の把握に役立つ主要な指標を Cloud Monitoring に提供します。

指標は自動的に Cloud Monitoring に送信されます。カスタム ダッシュボードを作成してアラートを設定し、指標をクエリできます。

事前定義のダッシュボードを表示する

Private Service Connect には、公開サービスについて次の指標を表示する事前定義のダッシュボードが用意されています。

  • 接続済みの転送ルール
  • 使用中の NAT IP アドレス

特定の Private Service Connect 公開サービスの詳細ページで事前定義のダッシュボードを表示するには、次の操作を行います。

コンソール

  1. Google Cloud Console で、[Private Service Connect] ページに移動します。

    [Private Service Connect] に移動

  2. [公開サービス] タブをクリックします。

  3. 既存のサービスをクリックします。

  4. [モニタリング] タブをクリックします。

  5. 下にスクロールしてダッシュボードを表示します。ページ上部のコントロールを使用してビューを変更できます。グラフ上のポイントにカーソルを合わせると、その特定の時間の詳細が表示されます。

サービス アタッチメントの指標

次の表の指標タイプの文字列には、compute.googleapis.com/ という接頭辞を付ける必要があります。この接頭辞は、表中の項目では省略されています。

指標タイプリリース ステージ
表示名
種類、タイプ、単位
モニタリング対象リソース
説明
ラベル
private_service_connect/producer/connected_consumer_forwarding_rules 一般提供
接続されたコンシューマ転送ルール
GAUGEINT641
gce_service_attachment
PSC アタッチメント ID に接続しているコンシューマ転送ルールの数。60 秒ごとにサンプリングされます。サンプリング後、データは最長 165 秒間表示されません。
private_service_connect/producer/used_nat_ip_addresses 一般提供
使用された NAT IP アドレス
GAUGEINT641
gce_service_attachment
モニタリング対象サービス アタッチメントの IP 使用量。60 秒ごとにサンプリングされます。サンプリング後、データは最長 165 秒間表示されません。

アラート ポリシーを定義する

指標ベースのアラート ポリシーを作成する手順は次のとおりです。

コンソール

アラート ポリシーを作成して指標の値をモニタリングすると、条件に違反した場合に通知できます。

  1. Google Cloud コンソールで [Monitoring] ページに移動します。

    [Monitoring] に移動

  2. [Monitoring] のナビゲーション ペインで、[ アラート] を選択します。
  3. 通知チャンネルを作成せずに通知を受け取る場合は、[EDIT NOTIFICATION CHANNELS] をクリックして、通知チャンネルを追加します。チャンネルを追加したら、[アラート] ページに戻ります。
  4. [アラート] ページで、[CREATE POLICY] をクリックします。
  5. 指標を選択するには、[指標の選択] メニューを開き、次の操作を行います。
    1. メニューを関連するエントリに限定するには、フィルタバーに「Service Attachment」と入力します。結果が表示されない場合は、[Show only active resources & metrics] をオフにします。
    2. リソースタイプとして Service Attachment を選択します。
    3. 指標カテゴリ指標を選択して、[適用] を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. [Configure alert trigger] ページの設定によって、アラートがトリガーされるタイミングが決まります。条件タイプを選択し、必要に応じてしきい値を指定します。詳しくは、条件トリガーをご覧ください。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. (省略可)アラート ポリシーに通知を追加するには、[通知チャネル] をクリックします。ダイアログで、メニューから 1 つ以上の通知チャンネルを選択し、[OK] をクリックします。
  10. (省略可)インシデントの自動クローズ期間を更新します。このフィールドは、指標データがない場合に Monitoring がインシデントを閉じるタイミングを決定します。
  11. (省略可)[Documentation] をクリックして、通知メッセージに追加する情報を入力します。
  12. [アラート名] をクリックして、アラート ポリシーの名前を入力します。
  13. [Create Policy] をクリックします。
詳細については、アラート ポリシーをご覧ください。

次のステップ