Cloud TPU ベータ版

機械学習モデルのトレーニングと実行をこれまで以上に高速化

ドキュメントを見る 使ってみる

機械学習を加速させる

機械学習(ML)には、私たちの生活を大幅にシンプルにする力があります。コンピュータ ビジョンと自然言語処理が向上すれば、誰もがもっと自然にテクノロジーを扱えるようになります。企業は、ネットワーク セキュリティを強化して不正行為を減らすのに ML を活用しています。ML による医用イメージングの進歩は、医療診断の精度向上をもたらします。さらに多くの人が治療を受けられるようになり、生命を救うことにつながります。

機械学習のワークロードを高速化する

この革新的な Cloud TPU は、機械学習のワークロードを TensorFlow で高速化することを目的として設計されました。各 Cloud TPU の処理能力は最大 180 TFLOPS であり、最先端の機械学習モデルのトレーニングと実行を可能にするコンピューティング能力を提供します。Cloud TPU は、ビジネスの変革や、研究における次のブレイクスルーの達成に役立ちます。

オンデマンドの ML スーパーコンピューティング

機械学習向けの強力なアクセラレータに、オンデマンドでアクセスできます。設備投資は必要ありません。Cloud TPU を必要とする期間が数時間でも数週間でも、必要なだけ機械学習を高速化できます。自社のデータセンターを作る必要はありません。

クラウドへの移行も簡単

TensorFlow はオープンソースであるため、すでに TensorFlow で実行している ML のワークロードを Cloud TPU で試すことも簡単にできます。TensorFlow の高レベル API を使用して、モデルを CPU、GPU、TPU 間で移動させるときも、コードの変更は最小限に抑えられます。画像分類や機械翻訳が必要な場合は、TPU 上で動作する多数のモデルを用意しています。データを取り込み、TensorFlow のリファレンス モデルをダウンロードし、トレーニングするだけです。

Google の AI イノベーションにアクセスする

Google が機械学習プロダクトの開発に使用しているのと同じアクセラレータにアクセスできます。Cloud TPU は、トレーニングと推論を含む、最先端の機械学習ワークロードの高速化を目的として作られたものです。

Cloud TPU の特長

高パフォーマンス
各 Cloud TPU のコンピューティング能力は最大 180 TFLOPS であり、超高帯域幅メモリ 64 GB も備えています。
Google Cloud のメリット
機械学習のワークロードを Cloud TPU で実行すると、Google Cloud Platform の業界最先端のストレージ、ネットワーキング、データ分析のテクノロジーを利用できます。
リファレンス モデル
画像分類とオブジェクト検出の課題なら、ResNet-50 や RetinaNet などのモデルを Cloud TPU 上で実行して解決できます。機械翻訳や言語モデリングには Tensor2Tensor の Transformer モデルをお試しください。
統合
Cloud TPU と Google Cloud のデータと分析のサービスは、その中核で GCP のその他のサービスと統合されているため、サービスライン全体でアクセスが一本化されます。
Cloud TPU からカスタム マシンタイプへの接続
カスタムタイプの VM から Cloud TPU に接続できるので、個々のワークロードに合わせてプロセッサ速度、メモリ、高パフォーマンス ストレージ リソースの最適なバランスを維持するのに役立ちます。
ベータ版: Cloud TPU はベータ版です。この機能はサービスレベル契約(SLA)または非推奨ポリシーの対象ではなく、バージョンアップ時に下位互換性が維持されない可能性があります。