マイクロサービスの表示

Cloud Monitoring では、すべてのサービスの概要を示すダッシュボード、[サービスの概要] ダッシュボードを使用できます。[サービスの概要] ダッシュボードは、他のサービス モニタリング タスクのエントリ ポイントでもあります。

このページでは、Google Cloud Console の [サービスの概要] ダッシュボードの概要を紹介します。このダッシュボードでは、次の操作を行うことができます。

  • サービスのステータスを確認し、さらに詳しい情報を調べる。

  • サービスの構成を変更する。

    • Anthos Service Mesh、Google Kubernetes Engine 上の Istio、App Engine のサービスでは、標準の可用性とレイテンシの指標を使用してサービスレベル目標(SLO)を定義できます。
    • カスタム サービスでは、次の操作を行うことができます。
      • 新しいカスタム サービスを作成する。
      • サービスレベル指標(SLI)として機能する指標を特定する。
      • その SLI に基づいて SLO を定義する。
    • パフォーマンスが SLO を満たしていない場合に通知を送るアラート ポリシーを設定します。

    構成タスクの詳細については、以下をご覧ください。

また、Monitoring API を使用してサービスをプログラムによって管理することもできます。詳細については、API の使用をご覧ください。

始める前に

サービス モニタリングを理解するには、サービスレベル指標(SLI)、SLO、エラー バジェット、SLO ベースのアラート ポリシーなどのコンセプトを理解する必要があります。これらのコンセプトについては、たとえば以下のページで説明しています。

サービスの概要ダッシュボード

[サービスの概要] ダッシュボードには、プロジェクト内のすべてのサービスの概要(これらのサービスの健全性に関する基本情報を含む)が表示されます。

[サービスの概要] ダッシュボードを表示する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console で、[Monitoring] を選択します。

    [Monitoring] に移動

  2. [ サービス] を選択します。

[サービスの概要] ダッシュボードには、次のコンポーネントが表示されます。

  • 自動検出されるサービス(Anthos Service Mesh、Google Kubernetes Engine 上の Istio、App Engine)と以下の 2 つのボタンを表示する情報ボックス。

    • ページを再度開くまで情報ボックスを閉じる [閉じる] ボタン。
    • こちらのドキュメント セットを表示する [詳細] ボタン。

    以下のスクリーンショットは、情報ボックスです。

    **[サービスの概要]** 情報ボックスは、サービス モニタリング機能を表示します。

  • サービスの現在のステータスが表示される概要カード。このカードについては、サービスの概要をご覧ください。

  • 各サービスに関する情報を表示するインベントリ テーブル。デフォルトでは、すべてのサービスが表に表示されますが、特定のサービス グループが表示されるようにテーブルをフィルタリングすることもできます。この表の情報については、インベントリ テーブルをご覧ください。

サービスの概要

概要カードには、サービスの数と、健全性と構成に関する情報が表示されます。

[サービスの概要] 概要カードには、健全性に関する基本情報が表示されます。

概要カードには次のような情報が表示されます。

  • 検出されたサービスの数。
  • サマリー情報が収集された日時を示すタイムスタンプ。
  • SLO アラートが呼び出されたサービスの数。
  • SLO バジェット範囲外のサービスの数。
  • 追加の構成オプションがあるサービス。

SLO アラートを発したサービスまたはエラー バジェットを消費し尽したサービスがある場合は、概要カードに数が表示され、それらのサービスに対し [サービスを表示] オプションが表示されます。[サービスを表示] をクリックすると、インベントリ テーブルがフィルタリングされ、影響を受けるサービスのみが表示されます。

SLO またはアラート ポリシーが定義されていないサービスが存在する場合、概要カードにはそれらが記載され、[サービスを表示] オプションが表示されます。[サービスを表示] をクリックすると、インベントリ テーブルがフィルタリングされ、該当のサービスだけが表示されます。その後、概要カードでは、SLO またはアラート ポリシーの詳細を説明する [詳細] オプションを選択できます。

関連するカスタム サービスのない GKE エンティティがある場合、概要カードには [サービスを定義] オプションが表示されます。詳細については、マイクロサービスの定義をご覧ください。

インベントリ テーブル

下のスクリーンショットに示すとおり、[サービスの概要] インベントリ テーブルには各サービスの行が表示されます。

[サービスの概要] インベントリ テーブルには、各サービスの説明が表示されます。

インベントリ テーブルには、テーブルに掲載されるサービスごとに次の情報が表示されます。

  • 名前: サービスの表示名。

    サービスの名前をクリックすると、そのサービスのダッシュボードが表示されます。詳細については、マイクロサービス ダッシュボードの使用をご覧ください。

  • タイプ: 次のいずれかの値。

    • Istio: 自動検出された Google Kubernetes Engine 上の Istio または Anthos Service Mesh サービス。
    • App Engine: 自動検出された App Engine サービス。
    • Custom: GKE サービス。
  • エラー バジェット範囲外の SLO: バジェット外の SLO と合計 SLO 数の比。SLO がバジェット範囲外のサービスにも、テーブル内で目立つように印が付けられます。

  • アラートを発動した SLO: 発動されたアラート ポリシーとアラート ポリシーの合計数の比。また、ポリシーを呼び出したサービスも、テーブル内で目立つように印がつけられます。

  • ラベル: サービスに関する情報。表示される情報の種類は、サービスの種類によって異なります。

  • その他のオプション: サービスに対して実行できる変更を一覧表示します。選択肢はサービスの種類によって異なります。

    • 表示名の編集: すべてのサービスタイプで使用できます。
    • サービスの削除: カスタム サービスでのみ使用できます。

デフォルトでは、インベントリ テーブルにはプロジェクト内のすべてのサービスが掲載されますが、このテーブルをフィルタリングしてエントリ数を減らすこともできます。サービスの概要で説明しているとおり概要カードのオプションからテーブルをフィルタリングしたり、テーブルを直接フィルタリングしたりできます。

インベントリ テーブルのフィルタリング

次の方法でインベントリ テーブルをフィルタリングできます。

  • サービスの概要の説明に沿って、概要カードの [サービスを表示] オプションのいずれかをクリックします。

  • 手動でインベントリ テーブルにフィルタを追加する。

インベントリ テーブルにフィルタを手動で追加する手順は次のとおりです。

  1. [ フィルタ] をクリックします。フィルタ オプションのリストが表示されます。

    • 名前: SLO 名でフィルタリングします。
    • タイプ: SLO タイプでフィルタリングします。
    • ラベル: サービスラベルの値でフィルタリングします。
    • SLO 数: 構成された SLO の数でフィルタリングします。
    • SLO アラート ポリシー数: 構成した SLO ベースのアラート ポリシーの数でフィルタリングします。
  2. フィルタリストからオプションを 1 つ選択します。選択したフィルタがフィルタバーに表示されます。

    フィルタの適用方法は、選択したオプションによって異なります。

    1. [タイプ] を選択すると、使用可能なサービスタイプのリストが表示されます。このリストからタイプを選択します。

    2. [名前] または [ラベル] を選択した場合は、フィルタバーのテキストをクリックして、入力を開始します。一致する値がリストに掲載されます。リストから値を選択します。

    3. [SLO 数] または [SLO アラート ポリシー数] を選択すると、比較演算子のリストを取得できます。

      1. 演算子を選択します。
      2. 演算子の横をクリックして、比較値を入力します。

    完成したフィルタは、フィルタラベルに置き換えられます。たとえば、次のフィルタラベルは、構成された SLO ベースのアラート ポリシーが 2 つ未満であるサービスをフィルタリングします。

    完成したフィルタはフィルタラベルに変わります。

複数のフィルタを追加する場合は、この手順を繰り返します。フィルタを 1 つ追加したら、フィルタ オプションのメニューには、フィルタを評価するための OR オプションも含まれています。デフォルトでは、サービスがテーブルに表示するすべてのフィルタの論理 AND を満たす必要があります。

フィルタを削除するには、フィルタラベルの をクリックします。

次のステップ

サービス構成タスクの詳細については、以下をご覧ください。

サービスごとのダッシュボードの詳細については、マイクロサービス ダッシュボードの使用をご覧ください。