Container-Optimized OS

コンテナ用に構築され、Google Cloud Platform 向けに設計された OS

無料トライアル コンソールを開く

Google が厳選したコンテナ用 OS

Container-Optimized OS は、Google Cloud Platform 上でのコンテナのホスティングと実行を目的とした、Google が推奨する OS です。この OS は Google が設計、維持管理し、GCP とシームレスに統合されます。

コンテナ向けに最適化

Container-Optimized OS には、追加設定なしでコンテナのデプロイ、管理、オーケストレーションを行う Docker コンテナ ランタイムとすべての Kubernetes コンポーネントがプリインストールされています。Container-Optimized OS は、Kubernetes EngineCloud SQL などのさまざまな GCP サービスを実行し、Google のコンテナ ワークロード向けソリューションとして機能します。

スケーラブルに構築

Container-Optimized OS VM は高速で起動します。また、cloud-init や Compute Engine のメタデータ フレームワークのほか、起動時にインスタンスをプログラムによって構成するために必要なすべてのツールが用意されているため、サービスをすばやく開始して提供できます。また、コンテナ関連の依存関係がすべてプリインストールされているため、トラフィックやワークロードの変化に応じて OS でクラスタをスケールアップ、スケールダウンし、利用額を最適化して信頼性を向上させます。

最小サイズの OS、最大のセキュリティ

Container-Optimized OS の OS フットプリントは小さく、セキュリティの脅威にさらされる可能性が最小限でありながら、読み取り専用の最小ルート ファイル システム、ファイル システムの整合性チェック、遮断されたファイアウォール、監査ロギングといった重要なセキュリティ機能が組み込まれています。セキュリティ脆弱性のパッチが適切なタイミングで自動更新され、侵害リスクがさらに低減されます。

オープンソース

Container-Optimized OS は、信頼性が高く細部まで精査された Google のオープンソース OS である Chromium OS プロジェクトをベースとしています。Container-Optimized OS は、Chromium OS の強力なビルドおよびテスト インフラストラクチャを活用して、最先端のビルド管理、セキュリティ コンプライアンス、GCP 向けの信頼性の高いカスタマイズ機能を実現します。

Container-Optimized OS の機能

コンテナ用に構築され、Google Cloud Platform 向けに設計された OS

コンテナ サポート
Docker ランタイム、Kubernetes システム、コンテナの起動、管理、保存、取得用の Google Container Registry(GCR)などがあります。
自動更新
アクティブ - パッシブ ルート パーティション スキームを使用してアップデートを自動的に受信し、パッシブ パーティションにインストールします。
Compute Engine メタデータ フレームワーク
Compute Engine メタデータ フレームワークによるインスタンス メタデータの保存と取得をサポートしています。
cloud-init
ユーザーから渡されたデータで、起動時にインスタンスを設定する標準的な初期化マネージャです。
リリース チャネル
早期提供や安定性の異なる段階を提供する 3 種類のリリース チャネル(dev、beta、stable)をサポートします。

Container-Optimized OS の価格設定

Container-Optimized OS は、Google Compute Engine で無料で使用できます。

フィードバックを送信...