Google Cloud Certified

G Suite

G Suite

G SuiteGoogle Cloud 認定資格は、雇用者に対し、プロフェッショナルな環境で生産性の高い共同作業を行うデジタルスキルを持っていることのアピールにつながります。G Suite 認定資格を取得すると、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、ファイルを作成および共有するクラウドベースのツールを使って、一般的な業務を遂行するスキルがあることを証明できます。また、メールやオンライン会議ソリューションを使って効果的なコミュニケーションを図るスキルがあることも示せます。

この試験は次に示す G Suite プラットフォームの主な機能を使いこなせることを証明するものです。

  • ドライブ
  • Gmail
  • Hangouts Meet
  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • フォーム
  • スライド

この認定試験について

この試験は、生産性向上とコラボレーションを目的とする G Suite のさまざまなツールを職場で使用した場合の各受験者の作業能力、コミュニケーション能力、タスク管理能力を客観的に判定するものです。試験は 2 部構成で、多肢選択式問題と実技があります。この認定を受けるためには、G Suite 認定試験に合格する必要があります。

  • 試験時間: 2 時間
  • 登録料: 75 米ドル
  • *K-12 以上の高等教育機関の学生、教育者、管理者はアカデミー料金を利用できます。 利用可能になったときに通知を受け取りたい場合は、ここをクリックしてください
  • 試験オプション: 試験オプションの詳細については、よくある質問をご覧ください。
    • 遠隔試験: 快適な自宅やオフィスで試験を受けます
    • 公共のテストセンター: テストセンターで試験を受けます
    • *特定の都市で利用可能なテストセンター。新たに場所が追加される予定なので、定期的に確認してください。

認定資格を取得するまでのステップ

試験ガイドを確認する

試験に出題される可能性があるトピックの概要を確認します

試験の準備

  1. G Suite Training Chrome 拡張機能をインストールしたブラウザで、対話式かつセルフペース型の G Suite レッスンに直接アクセスする
  2. 試験の対象となるスキルを学んで実践するため、Google の Applied Digital Skills のカリキュラムを確認する
  3. Google のリソース センターで登録の詳細とシステム要件を確認する
  4. G Suite ラーニング センターでガイド、ヒント、お客様事例、その他の G Suite トレーニング資料を探す

実務経験を生かす

実際に、実践で経験しておくことが一番の準備です。経験を積みながら、提供されているリソースを利用して試験に備えてください。

知識を評価する

認定試験で出題される可能性のある問題に慣れるために模擬試験を見直して、受験の準備ができているか、それともさらなる準備や経験が必要かを見極めます。実際に試験に使用されるドキュメントを扱うケーススタディを参照しましょう。

認定を取得しましょう!

Teachers and Administrators

この認定資格は、今年中に教育関係者に公開される予定です。教育者向けの認定資格の詳細については、Teacher Center にお問い合わせください。