CAPACITY_COMMITMENTS ビュー

INFORMATION_SCHEMA.CAPACITY_COMMITMENTS ビューには、管理プロジェクト内の現在のすべての容量コミットメントの一覧が含まれます。各行は、現在の 1 つの容量コミットメントを表します。現在の容量コミットメントは、保留中またはアクティブであり、削除されていません。予約の詳細については、コミットメントをご覧ください。

必要な権限

INFORMATION_SCHEMA.CAPACITY_COMMITMENTS ビューにクエリを実行するには、プロジェクトに対する bigquery.capacityCommitments.list Identity and Access Management(IAM)権限が必要です。事前定義された各 IAM ロールには、必要な権限が含まれています。

  • roles/bigquery.resourceAdmin
  • roles/bigquery.resourceEditor
  • roles/bigquery.resourceViewer
  • roles/bigquery.user
  • roles/bigquery.admin

BigQuery の権限の詳細については、IAM によるアクセス制御をご覧ください。

スキーマ

INFORMATION_SCHEMA.CAPACITY_COMMITMENTS ビューのスキーマは次のとおりです。

列名 データ型
ddl STRING この容量コミットメントの作成に使用される DDL ステートメント。
project_id STRING 管理プロジェクトの ID。
project_number INTEGER 管理プロジェクトの番号。
capacity_commitment_id STRING 容量コミットメントを一意に識別する ID。
commitment_plan STRING 容量コミットメントのコミットメント プラン。
state STRING 容量コミットメントの状態。PENDING または ACTIVE のいずれかです。
slot_count INTEGER 容量コミットメントに関連付けられたスロット数。

スコープと構文

このビューに対するクエリでは、リージョン修飾子を指定する必要があります。リージョン修飾子を指定しない場合、メタデータはすべてのリージョンから取得されます。次の表に、このビューのリージョン スコープを示します。

ビュー名 リソース スコープ リージョン スコープ
[PROJECT_ID.]`region-REGION`.INFORMATION_SCHEMA.CAPACITY_COMMITMENTS[_BY_PROJECT] プロジェクト レベル REGION
以下を置き換えます。

  • (省略可)PROJECT_ID: Cloud プロジェクトの ID。指定しない場合は、デフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • REGION: 任意のデータセット リージョン名。例: region-us