App Engine スタンダード環境での PHP 7.2 のクイックスタート

は、

このページでは、短いメッセージを表示する基本的な App Engine アプリケーションをデプロイする方法を説明します。App Engine での PHP の概要については、アプリの作成をご覧ください。

App Engine が最適なコンピューティング オプションかどうか不明な場合は、Google Cloud Platform 上でアプリケーションをホストするためのその他の方法をご覧ください。

始める前に

  1. GCP Console を使用して、Google Cloud Platform プロジェクトの作成、アプリケーションのリソースを配置するリージョンの選択、課金の有効化を行います。

    Console に移動

    リージョンを選択して課金を有効にすると、[ダッシュボード] が開きます。

  2. PHP サンプルアプリ リポジトリCloud Shell 開発環境にダウンロードします。

    Cloud Shell で開く

    Cloud Shell には、Cloud SDK がインストール済みで、環境がすでにセットアップされており、言語サポートやコードエディタなど、他の多くの機能も用意されています。

  3. 次のコマンドを使用して、Cloud Shell でプロジェクトを設定します。

    gcloud config set project [YOUR_PROJECT_ID]
    

App Engine のロケーション

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラストラクチャは特定のリージョンに配置され、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されます。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。一般に、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、アプリで使用されている他の GCP プロダクトやサービスのロケーションを考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響します。

App Engine は次のリージョンで利用できます。

  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • us-central(アイオワ)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(バージニア北部)
  • southamerica-east1(サンパウロ)*
  • europe-west(ベルギー)
  • europe-west2(ロンドン)
  • europe-west3(フランクフルト)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-south1(ムンバイ)
  • australia-southeast1(シドニー)

* サンパウロ リージョンをご利用のお客様には、すべてのリージョナル プロダクト SLA が引き続き有効です。ただし、北米と南米を対象とするマルチリージョン機能およびクロスリージョン機能は、可用性またはパフォーマンスが一時的に低下する可能性があります。

アプリのリージョンを設定した後で変更することはできません。

App Engine アプリケーションをすでに作成している場合は、gcloud app describe コマンドを実行するか GCP Console の App Engine ダッシュボードを開くことで、リージョンを表示できます。App Engine アプリケーションのリージョンは https://[YOUR_PROJECT_ID].appspot.com に表示されます。

App Engine に Hello World をデプロイする

  1. php-docs-samples/appengine/php72/helloworld ディレクトリから次のコマンドを実行して、Hello World アプリを App Engine にデプロイします。

    gcloud app deploy
    
  2. https://[YOUR_PROJECT_ID].appspot.com で公開されているアプリを表示します。

    gcloud app browse
    

Hello, world! というメッセージ が、App Engine インスタンス上で実行されているウェブサーバーによって配信されます。

これで完了です。 App Engine に PHP ウェブサービスが正常にデプロイされました。

クリーンアップ

App Engine の学習を続けたい場合は、GCP プロジェクトを保存して、アプリの構築に進むことができます。

あるいは、GCP プロジェクトを削除して、そのプロジェクト内のすべてのリソースへの課金を停止することもできます。

  1. GCP Console で [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ

App Engine にウェブサービスをデプロイすることができました。次にアプリの作成を参照して、App Engine での PHP のさらに詳しい手順を理解しましょう。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine スタンダード環境での PHP 7.2 に関するドキュメント