Google Cloud VMware Engine での Oracle ワークロードのサポート

Google Cloud VMware Engine は、VMware vSphere、vCenter、vSAN、NSX-T を備えた、フルマネージドの VMware プラットフォームを提供します。これらは、Google が提供するエンタープライズ クラスのハードウェア インフラストラクチャ上で動作します。Oracle は、VMware 仮想化環境上の Oracle 製品をサポートします

My Oracle サポート ポータル note 249212.1 にて、有効なサポート契約を持ち、サポート対象バージョンの Oracle プロダクトを実行しているお客様は、VMware 仮想化環境でプロダクトを実行する際にサポートを受けることが記載されています。

Oracle サポート ポータル上にある互換性マトリックスには、オペレーティング システムのサポートを使用して Oracle によって認定された Oracle プロダクトが示されています。Oracle は、Google Cloud VMware Engine で使用される VMware ESXi ハイパーバイザの独自のオペレーティング システムも認定しています。

VMware vSphere プラットフォームは、Oracle Linux、SUSE Linux、Red Hat Linux、Windows Server など、Oracle 製品で認定されているその他のオペレーティング システムに完全に対応しています。詳細については、ゲスト OS 用の VMware 互換性ガイドをご覧ください。

VMware は、VMware vSphere プラットフォームで、Oracle データベースの技術的な問題のサポートを提供します。サポートとサブスクリプションの契約については、VMware Oracle サポートポリシーをご覧ください。

Google Cloud サポートは、VMware Engine のお客様向けに上記のサポートを拡張しています。Google は、VMware や Oracle と連携して、VMware Engine で実行されている Oracle ワークロードをサポートするように努めています。

ユーザーは、Google Cloud VMware Engine で Oracle のライセンスおよびテクニカル サポートに準拠していることに完全な責任を負います。

次のステップ