プロジェクトのモニタリング

Google Cloud VMware Engine を使用すると、本番環境で問題のトラブルシューティングを行う必要や、完全に commit する前にプロセスが正常に機能するかどうかをテストする必要が予想されます。モニタリング ツールとアラートツールにより、プライベート クラウドで生成されたデータに基づいて、環境を効率よく運用できます。

次のオプションを 1 つ以上使用してプロジェクトをモニタリングします。

  • Google Cloud のオペレーション スイートのダッシュボード、アラート、指標
  • リモート サーバーに転送する Syslog メッセージ
  • vRealize Operations
  • vCenter モニタリング ツール

Google Cloud のオペレーション スイート

Cloud Monitoring をはじめとする Google Cloud のオペレーション スイートの他のプロダクトにより、サービスのモニタリング、トラブルシューティング、運用を大規模に実施できます。Cloud Monitoring を使用すると、アプリケーションやインフラストラクチャのパフォーマンス、可用性、健全性の可視化が容易になります。

プライベート クラウドから指標を転送するには、Monitoring パートナーの Blue Medora が提供するソリューションの BindPlane で、コレクタ、ソース、宛先を定義します。構成の詳細については、Cloud Monitoring の設定をご覧ください。

Cloud Monitoring ダッシュボード

Cloud Monitoring を使用すると、最小限の設定や構成で VMware Engine の事前定義されたダッシュボードをインストールできます。次のダッシュボードで、指定した BindPlane ソースのすべてにわたる集計情報が提供されます。

  • 概要ダッシュボード: データセンター、クラスタ、VM などの主要なリソースをリスト表示した概要ビュー。
  • 競合ダッシュボード: リソース需要(ストレージ、CPU、メモリ、ネットワーキングのリソース使用率)が上位の VM とホストの特定を容易にする。

Cloud Monitoring アラート

BindPlane 統合の指標を使用し、カスタムしきい値とインシデントに基づくアラートと通知をトリガーできます。たとえば、プライベート クラウドに新しい VM が作成されると、Cloud Monitoring から SMS 通知が送信されるように設定できます。

リモート サーバーに syslog のメッセージを転送する

Google Cloud VMware Engine には、リモート syslog サーバーに syslog メッセージを送信するための構成オプションが用意されています。このプライベート クラウド構成により、リモートログとモニタリング システムを使用して syslog メッセージを照合し処理できます。

構成の詳細については、リモート サーバーへの syslog メッセージの転送をご覧ください。

vRealize Operations

vRealize Operations は、モニタリング対象のシステム コンポーネントの問題を特定して修正するための提案を行います。vRealize Operations には、オブジェクト データを確認して操作することで、隠れた問題の発見、傾向の特定、またはオブジェクト単体の状態判断を行う有用な分析ツールが複数用意されています。

vRealize Operations は、vCenter 環境をモニタリングを可能にする VMware 製品です。また、VMware Engine プライベート クラウドの指標と、要約されたモニタリング データを表示することもできます。

構成の詳細については、vRealize Operations Manager の構成をご覧ください。

vCenter モニタリング ツール

vCenter には、環境のモニタリングや問題の原因の特定に役立つツールが複数用意されています。これらのツールは、実行中のオペレーションの一部として、また他のモニタリング オプションを補うために使用します。

詳細については、VMware のドキュメント vSphere のモニタリングとパフォーマンスについてをご覧ください。