クイックスタート

Google Cloud SDK のインストール

Cloud Translation API は、Google Cloud Platform の Cloud SDK の一部として配布される gcloud コマンドライン ツールを利用します。Cloud SDK のインストールとセットアップについて説明したページの手順に沿って操作してください。

コマンド プロンプトが必要な場合は、Google Cloud Shell を使用できます。Google Cloud Shell は Google Cloud SDK がすでに含まれているコマンドライン環境であるため、Cloud SDK をインストールする必要はありません(Google Cloud SDK は、Google Compute Engine の仮想マシンにもプリインストールされています)。

プロジェクトを設定する

次の手順をまだ行っていない場合は、行います。

  1. Google アカウントへのログイン

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Platform Console プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクト] ページに移動

  3. プロジェクトの課金を有効にします。

    課金の有効化

  4. Cloud Translation API を有効にする。

    Enable the API

  5. Google Cloud Translation API を有効にした後、[認証情報に進む] ボタンをクリックして Cloud Translation API の認証情報を設定します。

    Google Cloud translation API が有効になりました。次に、API を使用するための適切な認証情報が必要です。
  6. コードから Cloud Translation API サービスに対する認証を受ける方法について詳しくは、認証ガイドをご覧ください。承認を受けると、このクイックスタートで Translation API への認証に使用できるサービス アカウント キーファイル(JSON 形式)と GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数の両方を取得できます。

Translation API リクエストの実行

Translation API リクエストを実行するには、v2 REST メソッドを使用します。

  1. 次のテキストを含む JSON リクエスト ファイルを作成し、translate-request.json 書式なしテキスト ファイルとして保存します。

    {
      'q': 'The quick brown fox jumped over the lazy dog.',
      'source': 'en',
      'target': 'es',
      'format': 'text'
    }
      

    この JSON スニペットには、q フィールド内の翻訳されるテキスト(クエリ)が含まれます。iso-639-1 コードを使用して、英語(「en」)の原文の言語とスペイン語(「es」)の翻訳する言語を含めます。クエリの形式は、「テキスト」(書式なしテキスト)として表示されます。

  2. サービス アカウント キーファイルの場所を渡して、サービス アカウントへの認証を行います。

    gcloud auth activate-service-account --key-file=service-account-key-file
      
  3. アプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)の GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数がまだ設定されていない場合は、設定します。

    export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=/path/to/service_account.json
      
  4. サービス アカウントを使用して承認トークンを取得します。

    gcloud auth application-default print-access-token
    access_token
      
  5. curl を使用して v2 リクエストを行い、出力したアクセス トークンとステップ 1 で設定した JSON リクエストのファイル名を渡します。

    curl -s -X POST -H 'Content-Type: application/json' \
        -H 'Authorization: Bearer access_token' \
        'https://translation.googleapis.com/language/translate/v2' \
        -d @translate-request.json
      

    curl にファイル名を渡すには、-d オプション(「データ」を指定する)を使用して、ファイル名の前に @ 記号を付けます。このファイルは、curl コマンドを実行する同じディレクトリにある必要があります。

    次のようなレスポンスが表示されるはずです。

    {
      "data": {
        "translations": [
          {
            "translatedText": "El zorro rápida saltó sobre el perro perezoso."
          }
        ]
      }
    }
      

これで、Cloud Translation API への最初のリクエストが送信されました。

次のステップ

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Google Cloud Translation API Documentation