割り当てと制限

このドキュメントでは、Translation API の使用に関する現在の API 制限事項と使用量の割り当てについて説明します。これらの制限事項と使用量の割り当てに変更があった場合は、このページにもその変更が反映されます。

これらの割り当ては、Translation API の各デベロッパー プロジェクトと各ユーザーに適用され、そのデベロッパー プロジェクトによって使用されるすべてのアプリケーションと API バージョンで共有されます。

Google Cloud Platform ダッシュボードを使用して、最大値まで割り当てを編集できます。割り当て上限の引き上げをリクエストするには、Google Cloud Platform Console ページからリクエストを送信してください。

コンテンツの割り当て

コンテンツは Translation API に対するテキスト文字列として提供します。料金と使用量の上限はいずれも文字数に基づきます。スペース文字を含めて Translation API に送信されるすべての文字が、これらの割り当てに対してカウントされます。

Translation API は、短いリクエストの翻訳に最適化されています。リクエストごとに推奨される最大の長さは 2,000 コードポイントです。非常に大きなリクエストは、利用できる割り当てに関係なく Translation API によって拒否され、400 INVALID_ARGUMENT エラーが発生します。

文字ベースの割り当ては translateText メソッドと detectLanguage メソッドに適用されます。リクエストのハードリミットは 30,000 Unicode 文字(コードポイント)です。

コンテンツの割り当て デフォルト 最大値 所要時間 対象
v2 と v3 の文字数(1 日あたり) 10 億 無制限 プロジェクト
v2 と v3 の文字数(1 プロジェクト、100 秒あたり) 1,000,000 文字 10,000,000 文字 100 秒 プロジェクト
v2 と v3 の文字数(1 ユーザー、1 プロジェクト、100 秒あたり) 100,000 文字 10,000,000 文字 100 秒 プロジェクトとユーザー

割り当てを超過すると、Translation API v2 によって 403 エラーが返されます。エラー メッセージは、1 日の上限を超えた場合は「Daily Limit Exceeded」、いずれかの 100 秒あたりの文字数を超えた場合は「User Rate Limit Exceeded」になります。

プロジェクトで使用量の上限を確認および変更する場合、または割り当ての増加をリクエストする場合の手順は次のとおりです。

  1. プロジェクトの請求先アカウントをまだ持っていない場合は、1 つ作成します。
  2. GCP Console で API ライブラリの有効な API のページに移動し、リストから API を選択します。
  3. 割り当て関連の設定を表示および変更するには、[割り当て] を選択します。使用状況に関する統計情報を表示するには、[使用状況] を選択します。

リクエストの割り当て

上記のコンテンツの割り当てに加えて、Translation API では API の使用量に対して割り当てが適用されます。

サポート対象言語のリクエストについて

Translation API v2 と v3beta1 では、サポートされている翻訳言語のリストをリクエストできる頻度に上限があります。

この割り当ては、翻訳対象として送信されるテキストには適用されません。サポートされている言語のリストのリクエストにのみ適用されます。

割り当て デフォルト 最大値 所要時間 対象
サポート対象言語リストの v2 と v3 のリクエスト数 1,000 リクエスト 1,000 リクエスト 100 秒 プロジェクト

v3beta1

Translation API v3beta1 では、リクエストできる回数に上限があります。この割り当てはすべての v3beta1 メソッド呼び出しに適用されます。ただし、translateTextdetectLanguagegetSupportedLanguages の各メソッドには v2 and v3 Charactersv2 and v3 Requests for the list of supported languages per 100 seconds の割り当てが適用されます(上記参照)。

この割り当ては、Translation API v2 に送信されるリクエストには適用されません

作業内容 デフォルトの割り当て 対象
1 プロジェクトあたりの API リクエスト数 6000 プロジェクト
1 ユーザー、1 プロジェクトあたりの API リクエスト数 無制限 プロジェクトとユーザー

カスタムの AutoML Translation モデルを使用するリクエストの場合、1 分あたりの AutoML Translation 文字数の割り当ても適用されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。