割り当てと上限

Cloud Translation では、リクエストのコンテンツ サイズと送信できるリクエストの数に対して割り当てが適用されます。割り当てを適用することで、予期しない使用量の急増を防ぎ、Google Cloud ユーザーのコミュニティを保護します。割り当てを低くして、過剰な使用を防ぎ、費用を管理することもできます。

割り当てを超過すると、Cloud Translation から 403 エラーが返されます。1 日の割り当てを超えた場合は、「Daily Limit Exceeded」というエラー メッセージが返され、分単位の割り当てを超えた場合は、「User Rate Limit Exceeded」というエラー メッセージが返されます。

1 日の割り当ては午前 0 時(太平洋時間)にリセットされます。そのため、新しい割り当てが有効になるまでに最大 24 時間かかることがあります。

Cloud Translation - Basic には v2 割り当てが適用され、Cloud Translation - Advanced には v3 割り当てが適用されます。割り当ての表示や編集は、Google Cloud Console の割り当てページで行えます。

コンテンツの割り当て

コンテンツの割り当ては、translateTextdetectLanguage メソッドを使用して Cloud Translation API に送信されるテキスト文字列に適用されます。Cloud Translation API に送信されるすべての文字(空白文字を含む)が、この割り当てにカウントされます。Cloud Translation - Basic と Cloud Translation - Advanced を同時に使用している場合、これらの割り当ては累積されます。

コンテンツの割り当て デフォルト
v2 と v3 の 1 プロジェクト、1 日あたりの一般モデル文字数 上限なし
v2 と v3 の 1 プロジェクト、1 分あたりの一般モデル文字数 6,000,000 文字
v2 と v3 のユーザーごとの、1 プロジェクト、1 分あたりの一般モデル文字数* 6,000,000 文字

*ユーザーごとの割り当ては、エンドユーザーがクライアント アプリケーションを使って 1 分あたりに送信できるリクエスト数に適用されます。サービス アカウントを使用する場合、サービス アカウントの ID が割り当ての対象となるユーザーです。Cloud Translation - Basic と API キーを使用する場合、この上限を適用するために Cloud Translation でクライアントの IP アドレスが使用されます。

Cloud Translation API は短いリクエストの翻訳向けに最適化されています。リクエストの長さの推奨上限は、1 リクエストあたり 5,000 文字(コードポイント)です。ただし、含める文字数が多くなるほど、レスポンスのレイテンシが高くなります。Cloud Translation - Advanced の場合、1 リクエストあたりの最大コードポイント数は 30,000 です。Cloud Translation - Basic は最大リクエスト サイズが 10 万バイトです。

利用可能な割り当てにかかわらず、上限を超えるリクエストは Cloud Translation API によって拒否され、400 INVALID_ARGUMENT エラーが発生します。

リクエストの割り当て

Cloud Translation では、サービスに送信できるリクエストの数に対して割り当てが適用されます。

割り当て デフォルト
v2 と v3 の 1 プロジェクト、1 分あたりのサポート対象言語のリクエスト数 600 リクエスト
v3 の 1 プロジェクト、1 分あたりのリクエスト数 6,000 リクエスト
v3 のユーザーごとの、1 プロジェクト、1 分あたりのリクエスト数* 上限なし
v3 の 1 プロジェクト、1 日あたりの一括翻訳リクエスト数 上限なし

*ユーザーごとの割り当ては、エンドユーザーがクライアント アプリケーションを使って 1 分あたりに送信できるリクエスト数に適用されます。サービス アカウントを使用する場合、サービス アカウントの ID が割り当ての対象となるユーザーです。Cloud Translation - Basic と API キーを使用する場合、この上限を適用するために Cloud Translation でクライアントの IP アドレスが使用されます。

translateTextdetectLanguagegetSupportedLanguages メソッドを除く、すべての Cloud Translation - Advanced メソッド呼び出しに適用されます。

AutoML の割り当て

Cloud Translation - Advanced では、AutoML のモデルを使用してコンテンツを翻訳できます。カスタムモデルを使用する場合、使用量は個別に設定された割り当てに対してカウントされます。AutoML コンテンツとリクエストの割り当てに関する詳細については、AutoML Translation ドキュメントをご覧ください。

割り当てのカウント

Cloud Translation - Basic の場合、コンテンツとリクエストの割り当ては、リクエストを行うプロジェクトに対してカウントされます(リクエストで使用されるキーにより決定)。

Cloud Translation - Advanced の場合、コンテンツの割り当ては、リクエストのモデルに関連付けられているプロジェクトに対してチェックされます。リクエストの割り当ては、リクエストを行うプロジェクトに対してチェックされます。

たとえば、次のテキストの翻訳のリクエストでは、リクエストが project-id-1 から来ているため、project-id-1 に対してチェックされます。コンテンツの割り当ては、project-id-2 に対してチェックされます。このプロジェクトのモデルが使用されているためです。

POST https://translation.googleapis.com/v3/projects/project-id-1/locations/us-central1:translateText
{
  "Model":"projects/project-id-2/locations/us-central1/models/model-id",
  "sourceLanguageCode": "en",
  "targetLanguageCode": "ru",
  "contents": ["Dr. Watson, please discard your trash."]
}

Cloud Translation - Advanced に関する上限

次の表は、Cloud Translation - Advanced に関する上限を示しています。この上限は変更できません。

説明 上限
1 つの一括リクエストに含めることができるファイルの最大数 1,000 ファイル
1 プロジェクトに使用できる用語集リソースの最大数 1,000