テキストの翻訳(Advanced)

Cloud Translation - Advanced では、カスタムの AutoML Translation モデルを使用したテキスト翻訳が可能で、用語集の作成により Cloud Translation API でお客様の分野の専門用語を正しく翻訳できるようにします。

プロジェクトで AutoML カスタムモデルを使用するには、AutoML API(automl.googleapis.com)を有効にする必要があります。 Cloud SDK のインストール、サービス アカウントでのプロジェクトの設定、アクセス トークンの取得を行う手順については、設定ページをご覧ください。用語集またはバッチ機能を使用する場合は、Cloud Storage バケットを作成し、サービス アカウントにアクセス権を付与する必要があります。

始める前に

Cloud Translation API を使用するには、Cloud Translation API が有効になっているプロジェクトと適切な認証情報を持つ秘密鍵が必要です。また、この API の呼び出しを支援する一般的なプログラミング言語のクライアント ライブラリをインストールすることもできます。詳細については、設定ページをご覧ください。

モデルの比較

Cloud Translation - Advanced から翻訳をリクエストするときに、使用する翻訳モデルを指定できます。モデルが指定されていない場合、nmt モデルが使用されます。

モデル 適した事例
ニューラル機械翻訳(NMT)モデル

一般的なテキストを扱うケース。ニュース記事など、分野を特化しない一般的なウェブサイト コンテンツ。

ニュース記事、ソーシャル メディア、チャット アプリケーション、レビュー

AutoML Translation モデル 分野固有のテキスト。顧客から個別のユースケースに沿ったトレーニング データの提供を受け、Google の NMT モデルを特定の言語ペアで分野に対応したものにカスタマイズします。 金融ニュース、技術文書、その分野に固有の用語および専門用語を使用するテキスト

モデル ID を使用して翻訳モデルを指定します。NMT モデルの場合、モデル ID は general/nmt です。AutoML Translation モデルの ID については、次のセクションで説明します。

テキストの翻訳

入力テキストにはプレーン テキストまたは HTML を使用できます。Cloud Translation API は入力テキスト内の HTML タグは翻訳せず、タグ間にあるテキストのみを翻訳します。出力では、(未翻訳の)HTML タグは保持されます。タグは翻訳されたテキストに合わせて挿入されますが、ソース言語とターゲット言語には差異があるため、その位置調整は可能な範囲で行われます。出力内の HTML タグの順序は、翻訳による語順変化により、入力テキスト内の順序と異なる場合があります。

入力文字列の翻訳

REST とコマンドライン

テキストを翻訳するには、POST リクエストを作成し、リクエスト本文に翻訳元の言語(source_language_code)、翻訳先の言語(target_language_code)、翻訳するテキスト(contents)を特定する JSON を指定します。翻訳するテキストの複数の文字列を JSON に含めることで指定できます(例を参照)。ソース言語とターゲット言語は ISO-639-1 コードで指定できます。

以下は、curl または PowerShell を使用した POST リクエストの例です。この例では、Google Cloud Cloud SDK を使用するプロジェクト用に設定されたサービス アカウントのアクセス トークンを使用します。Cloud SDK のインストール、サービス アカウントでのプロジェクトの設定、アクセス トークンの取得を行う手順については、設定ページをご覧ください。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER_OR_ID: Google Cloud プロジェクト番号または ID

HTTP メソッドと URL:

POST https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID:translateText

JSON 本文のリクエスト:

{
  "sourceLanguageCode": "en",
  "targetLanguageCode": "ru",
  "contents": ["Dr. Watson, come here!", "Bring me some coffee!"]
}

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

curl -X POST \
-H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
-H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
-d @request.json \
"https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID:translateText "

PowerShell

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

$cred = gcloud auth application-default print-access-token
$headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

Invoke-WebRequest `
-Method POST `
-Headers $headers `
-ContentType: "application/json; charset=utf-8" `
-InFile request.json `
-Uri "https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID:translateText " | Select-Object -Expand Content

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "translations": [
    {
      "translatedText": "Доктор Ватсон, иди сюда!",
    },
    {
      "translatedText": "Принеси мне кофе!",
    }
  ]
}

translations 配列の 2 つの translatedText フィールドに、リクエストした targetLanguageCode 言語(ru: ロシア語)の訳文が返されています。翻訳は、リクエスト内の対応するソースの配列と同じ順序で表示されます。

Go

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	translate "cloud.google.com/go/translate/apiv3"
	translatepb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/translate/v3"
)

// translateText translates input text and returns translated text.
func translateText(w io.Writer, projectID string, sourceLang string, targetLang string, text string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// sourceLang := "en-US"
	// targetLang := "fr"
	// text := "Text you wish to translate"

	ctx := context.Background()
	client, err := translate.NewTranslationClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewTranslationClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &translatepb.TranslateTextRequest{
		Parent:             fmt.Sprintf("projects/%s/locations/global", projectID),
		SourceLanguageCode: sourceLang,
		TargetLanguageCode: targetLang,
		MimeType:           "text/plain", // Mime types: "text/plain", "text/html"
		Contents:           []string{text},
	}

	resp, err := client.TranslateText(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("TranslateText: %v", err)
	}

	// Display the translation for each input text provided
	for _, translation := range resp.GetTranslations() {
		fmt.Fprintf(w, "Translated text: %v\n", translation.GetTranslatedText())
	}

	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud Translation library.
import com.google.cloud.translate.v3.LocationName;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslateTextRequest;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslateTextResponse;
import com.google.cloud.translate.v3.Translation;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslationServiceClient;
import java.io.IOException;

public class TranslateText {

  // Set and pass variables to overloaded translateText() method for translation.
  public static void translateText() throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "YOUR-PROJECT-ID";
    // Supported Languages: https://cloud.google.com/translate/docs/languages
    String targetLanguage = "your-target-language";
    String text = "your-text";
    translateText(projectId, targetLanguage, text);
  }

  // Translate text to target language.
  public static void translateText(String projectId, String targetLanguage, String text)
      throws IOException {

    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (TranslationServiceClient client = TranslationServiceClient.create()) {
      // Supported Locations: `global`, [glossary location], or [model location]
      // Glossaries must be hosted in `us-central1`
      // Custom Models must use the same location as your model. (us-central1)
      LocationName parent = LocationName.of(projectId, "global");

      // Supported Mime Types: https://cloud.google.com/translate/docs/supported-formats
      TranslateTextRequest request =
          TranslateTextRequest.newBuilder()
              .setParent(parent.toString())
              .setMimeType("text/plain")
              .setTargetLanguageCode(targetLanguage)
              .addContents(text)
              .build();

      TranslateTextResponse response = client.translateText(request);

      // Display the translation for each input text provided
      for (Translation translation : response.getTranslationsList()) {
        System.out.printf("Translated text: %s\n", translation.getTranslatedText());
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const projectId = 'YOUR_PROJECT_ID';
// const location = 'global';
// const text = 'text to translate';

// Imports the Google Cloud Translation library
const {TranslationServiceClient} = require('@google-cloud/translate');

// Instantiates a client
const translationClient = new TranslationServiceClient();

async function translateText() {
  // Construct request
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/${location}`,
    contents: [text],
    mimeType: 'text/plain', // mime types: text/plain, text/html
    sourceLanguageCode: 'en',
    targetLanguageCode: 'sr-Latn',
  };

  // Run request
  const [response] = await translationClient.translateText(request);

  for (const translation of response.translations) {
    console.log(`Translation: ${translation.translatedText}`);
  }
}

translateText();

Python

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# Imports the Google Cloud Translation library
from google.cloud import translate

# Initialize Translation client
def translate_text(text="YOUR_TEXT_TO_TRANSLATE", project_id="YOUR_PROJECT_ID"):
    """Translating Text."""

    client = translate.TranslationServiceClient()

    location = "global"

    parent = f"projects/{project_id}/locations/{location}"

    # Translate text from English to French
    # Detail on supported types can be found here:
    # https://cloud.google.com/translate/docs/supported-formats
    response = client.translate_text(
        request={
            "parent": parent,
            "contents": [text],
            "mime_type": "text/plain",  # mime types: text/plain, text/html
            "source_language_code": "en-US",
            "target_language_code": "fr",
        }
    )

    # Display the translation for each input text provided
    for translation in response.translations:
        print("Translated text: {}".format(translation.translated_text))

その他の言語

C#: クライアント ライブラリ ページの C# の設定手順を実行してから、.NET 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

PHP: クライアント ライブラリ ページの PHP の設定手順を実行してから、PHP 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Ruby: クライアント ライブラリ ページの Ruby の設定手順を行ってから、Ruby 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

AutoML Translation カスタムモデルを使用したテキストの翻訳

REST とコマンドライン

この例では、モデル ID が TRL1395675701985363739 の AutoML Translation モデルを使用してテキストを翻訳します。AutoML Translation モデルの ID は、AutoML Translation UI のモデルリストから取得できます。また、モデルのトレーニング時に API レスポンスから取得することもできます。

プロジェクトで Cloud AutoML API が有効になっていることを確認します。これは、Cloud Translation API で AutoML モデルを使用する場合に必要な作業ですAPI を有効にするには、このスタートガイドをご覧ください。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER_OR_ID: Google Cloud プロジェクト番号または ID

HTTP メソッドと URL:

POST https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/us-central1:translateText

JSON 本文のリクエスト:

{
  "model": "projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/us-central1/models/TRL1395675701985363739",
  "sourceLanguageCode": "en",
  "targetLanguageCode": "ru",
  "contents": ["Dr. Watson, please discard your trash. You've shared unsolicited email with me.
  Let's talk about spam and importance ranking in a confidential mode."]
}

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

curl -X POST \
-H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
-H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
-d @request.json \
"https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/us-central1:translateText "

PowerShell

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

$cred = gcloud auth application-default print-access-token
$headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

Invoke-WebRequest `
-Method POST `
-Headers $headers `
-ContentType: "application/json; charset=utf-8" `
-InFile request.json `
-Uri "https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/us-central1:translateText " | Select-Object -Expand Content

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "translation": {
    "translatedText": "Доктор Ватсон, пожалуйста, откажитесь от своего мусора.
    Вы поделились нежелательной электронной почтой со мной. Давайте поговорим о
    спаме и важности рейтинга в конфиденциальном режиме.",
    "model": "projects/project-number/locations/us-central1/models/TRL1395675701985363739"
  }
}

Go

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	translate "cloud.google.com/go/translate/apiv3"
	translatepb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/translate/v3"
)

// translateTextWithModel translates input text and returns translated text.
func translateTextWithModel(w io.Writer, projectID string, location string, sourceLang string, targetLang string, text string, modelID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// location := "us-central1"
	// sourceLang := "en"
	// targetLang := "fr"
	// text := "Hello, world!"
	// modelID := "your-model-id"

	ctx := context.Background()
	client, err := translate.NewTranslationClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("NewTranslationClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	req := &translatepb.TranslateTextRequest{
		Parent:             fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s", projectID, location),
		SourceLanguageCode: sourceLang,
		TargetLanguageCode: targetLang,
		MimeType:           "text/plain", // Mime types: "text/plain", "text/html"
		Contents:           []string{text},
		Model:              fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s/models/%s", projectID, location, modelID),
	}

	resp, err := client.TranslateText(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("TranslateText: %v", err)
	}

	// Display the translation for each input text provided
	for _, translation := range resp.GetTranslations() {
		fmt.Fprintf(w, "Translated text: %v\n", translation.GetTranslatedText())
	}

	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.translate.v3.LocationName;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslateTextRequest;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslateTextResponse;
import com.google.cloud.translate.v3.Translation;
import com.google.cloud.translate.v3.TranslationServiceClient;
import java.io.IOException;

public class TranslateTextWithModel {

  public static void translateTextWithModel() throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "YOUR-PROJECT-ID";
    // Supported Languages: https://cloud.google.com/translate/docs/languages
    String sourceLanguage = "your-source-language";
    String targetLanguage = "your-target-language";
    String text = "your-text";
    String modelId = "YOUR-MODEL-ID";
    translateTextWithModel(projectId, sourceLanguage, targetLanguage, text, modelId);
  }

  // Translating Text with Model
  public static void translateTextWithModel(
      String projectId, String sourceLanguage, String targetLanguage, String text, String modelId)
      throws IOException {

    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (TranslationServiceClient client = TranslationServiceClient.create()) {
      // Supported Locations: `global`, [glossary location], or [model location]
      // Glossaries must be hosted in `us-central1`
      // Custom Models must use the same location as your model. (us-central1)
      String location = "us-central1";
      LocationName parent = LocationName.of(projectId, location);
      String modelPath =
          String.format("projects/%s/locations/%s/models/%s", projectId, location, modelId);

      // Supported Mime Types: https://cloud.google.com/translate/docs/supported-formats
      TranslateTextRequest request =
          TranslateTextRequest.newBuilder()
              .setParent(parent.toString())
              .setMimeType("text/plain")
              .setSourceLanguageCode(sourceLanguage)
              .setTargetLanguageCode(targetLanguage)
              .addContents(text)
              .setModel(modelPath)
              .build();

      TranslateTextResponse response = client.translateText(request);

      // Display the translation for each input text provided
      for (Translation translation : response.getTranslationsList()) {
        System.out.printf("Translated text: %s\n", translation.getTranslatedText());
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const projectId = 'YOUR_PROJECT_ID';
// const location = 'us-central1';
// const modelId = 'YOUR_MODEL_ID';
// const text = 'text to translate';

// Imports the Google Cloud Translation library
const {TranslationServiceClient} = require('@google-cloud/translate');

// Instantiates a client
const translationClient = new TranslationServiceClient();
async function translateTextWithModel() {
  // Construct request
  const request = {
    parent: `projects/${projectId}/locations/${location}`,
    contents: [text],
    mimeType: 'text/plain', // mime types: text/plain, text/html
    sourceLanguageCode: 'en',
    targetLanguageCode: 'ja',
    model: `projects/${projectId}/locations/${location}/models/${modelId}`,
  };

  // Run request
  const [response] = await translationClient.translateText(request);

  for (const translation of response.translations) {
    console.log(`Translated Content: ${translation.translatedText}`);
  }
}

translateTextWithModel();

Python

このサンプルを試す前に、Translation クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python の設定手順を行ってください。詳細については、Translation Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


from google.cloud import translate

def translate_text_with_model(
    text="YOUR_TEXT_TO_TRANSLATE",
    project_id="YOUR_PROJECT_ID",
    model_id="YOUR_MODEL_ID",
):
    """Translates a given text using Translation custom model."""

    client = translate.TranslationServiceClient()

    location = "us-central1"
    parent = f"projects/{project_id}/locations/{location}"
    model_path = f"{parent}/models/{model_id}"

    # Supported language codes: https://cloud.google.com/translate/docs/languages
    response = client.translate_text(
        request={
            "contents": [text],
            "target_language_code": "ja",
            "model": model_path,
            "source_language_code": "en",
            "parent": parent,
            "mime_type": "text/plain",  # mime types: text/plain, text/html
        }
    )
    # Display the translation for each input text provided
    for translation in response.translations:
        print("Translated text: {}".format(translation.translated_text))

その他の言語

C#: クライアント ライブラリ ページの C# の設定手順を実行してから、.NET 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

PHP: クライアント ライブラリ ページの PHP の設定手順を実行してから、PHP 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Ruby: クライアント ライブラリ ページの Ruby の設定手順を行ってから、Ruby 用の Translation リファレンス ドキュメントをご覧ください。

model パラメータの使用

REST とコマンドライン

翻訳に使用するモデルを指定するには、model クエリ パラメータを使用します。たとえば、NMT モデルを使用するには nmt を指定します。

次のサンプルは、翻訳リクエストで model パラメータを使用する方法を示しています。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_NUMBER_OR_ID: Google Cloud プロジェクト番号または ID

HTTP メソッドと URL:

POST https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/global:translateText

JSON 本文のリクエスト:

{
  "model": "projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/global/models/general/nmt",
  "sourceLanguageCode": "en",
  "targetLanguageCode": "de",
  "contents": ["Come here!"]
}

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

curl -X POST \
-H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
-H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
-d @request.json \
"https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/global:translateText "

PowerShell

リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存して、次のコマンドを実行します。

$cred = gcloud auth application-default print-access-token
$headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

Invoke-WebRequest `
-Method POST `
-Headers $headers `
-ContentType: "application/json; charset=utf-8" `
-InFile request.json `
-Uri "https://translation.googleapis.com/v3/projects/PROJECT_NUMBER_OR_ID/locations/global:translateText " | Select-Object -Expand Content

次のような JSON レスポンスが返されます。

{
  "translations": [
    {
      "translatedText": "Komm her!",
      "model": "projects/project-number/locations/global/models/general/nmt"
    }
  ]
}

参考情報