Basic と Advanced の比較

Cloud Translation の 2 つのエディション(Basic または Advanced)のいずれかを選択できます。使用するエディションは、使用するクライアント ライブラリまたはサービス エンドポイントのバージョンによって異なります。以下では、2 つのサービスの主な違いについて説明します。

新しいプロジェクトを計画している場合は、Cloud Translation - Advanced でアプリケーションをビルドし、新しい機能と改善されたサービスを利用してください。Cloud Translation - Basic は引き続き利用できますが、用語集の使用、一括翻訳のリクエスト、AutoML モデルの使用など、新機能は対応していません。

Cloud Translation - Basic(v2)

Cloud Translation - Basic では、Google の一般的な翻訳モデルを使用して、言語間で動的に翻訳できます。Basic は、簡素化とスケーリングを行えるように最適化されています。チャット、ソーシャル メディア、コメントなど、主に形式張らないユーザー作成コンテンツでの利用に適しています。

Cloud Translation - Advanced (v3)

Cloud Translation - Advanced は Cloud Translation - Basic のすべてとそれ以上の機能を備えています。Cloud Translation - Advanced エディションは、カスタマイズや長い形式のコンテンツに使用するのに適しています。カスタマイズ機能には、用語集とカスタムモデルの選択が含まれます。詳細については、Cloud Translation - Advanced の詳細をご覧ください。

サポートされている機能

次の表は、各エディションで利用できる機能を示したものです。

機能 Basic(v2) Advanced(v3)
言語の検出
汎用モデルを使用した翻訳
AutoML モデルを使用した翻訳
ドキュメントの翻訳
1 つのリクエストでの複数の文字列の翻訳 (AutoML と汎用モデル)
用語集 (AutoML と汎用モデル)
Cloud Storage を使用した一括翻訳 (AutoML と汎用モデル)
統合された REST API
統合された gRPC API
サービス アカウント
API キー
監査ロギング
シームレスな HTML 処理
100 以上の言語のサポート
リージョン エンドポイントのサポート

参考情報

  • 料金と割り当てについては、料金および割り当てと上限ページをご覧ください。
  • Cloud Translation に関する一般的な質問については、よくある質問のページをご覧ください。