Advanced か Basic の選択

Cloud Translation の 2 つのエディション、「Basic」と「Advanced」のいずれか一方を選択できます。以下の説明は、どのエディションが適切であるかを決定する際に役立ちます。

Cloud Translation - Basic(v2)

Cloud Translation - Basic では、Google の一般的な翻訳モデルを使用して、言語間で動的に翻訳できます。Basic は、簡素化とスケーリングを行えるように最適化されています。チャット、ソーシャル メディア、コメントなど、主に形式張らないユーザー作成コンテンツでの利用に適しています。詳細については、料金および割り当てと制限をご覧ください。

Basic は、100 を超える言語での言語の検出とテキスト翻訳に対応しています。機能の比較については、下の表をご覧ください。

Cloud Translation - Advanced (v3)

Translation の Advanced エディションには、Basic のすべての機能に加え、さらに多くの機能が備わっています。 Advanced エディションは、カスタマイズや長い形式のコンテンツに使用するのに適しています。Advanced のカスタマイズ機能には、用語集一括処理モデル選択などがあります。API はお客様のリソース(用語集など)と連携するため、Advanced では API キーの代わりにサービス アカウントを使用します。モデルの選択が可能なため、コンテキストとコンテンツに基づいて Google の汎用翻訳モデルまたはカスタム(AutoML)翻訳モデルを使用して、言語間を動的に翻訳できます。

詳細については、料金および割り当てと制限をご覧ください。

サポートされている機能

機能 Basic(v2) Advanced(v3)
言語の検出
汎用モデルを使用した翻訳
AutoML モデルを使用した翻訳
1 つのリクエストでの複数の文字列の翻訳 (AutoML と汎用モデル)
用語集 (AutoML と汎用モデル)
Cloud Storage を使用したバッチ翻訳 (AutoML と汎用モデル)
統合された REST API
統合された gRPC API
サービス アカウント
API キー
シームレスな HTML 処理
100 以上の言語のサポート