ソリューション

データ ウェアハウスのモダナイゼーション

BigQuery で移行パスを合理化し、インテリジェントな分析情報を取得

従来のデータ ウェアハウスは、爆発的に増加する今日のデータの処理、高度な分析の実施、すばやく費用対効果の高い拡大に対応できるよう設計されていません。最新のサーバーレス データ ウェアハウス ソリューションである BigQuery は、今日の分析の要求に応えながら、データのニーズの拡大に合わせてスケーリングできます。Google Cloud の移行サービス、使いやすいツールグローバル パートナーのサポートにより、モダナイゼーションをスムーズに進め、エンドツーエンドのプロセスの管理をサポートします。

お客様の声

事例の概要

  • 運用コストを 5~10% 削減

  • 分析情報取得までの期間を 7 日から数分に短縮

  • 1,500 人のユーザーの誰もが分析を実施できるように改善

  • 5 億人の乗客のそれぞれの好みに対応できるようにエクスペリエンスを改善

業種

  • 運輸

すべてのお客様を表示

Google Cloud でモダナイズする理由

サーバーレス分析により、分析情報取得までの期間を短縮

Google Cloud のサーバーレス クラウド データ ウェアハウスである BigQuery を使用すると、データ分析を数か月ではなく数分で開始できます。どのような規模のデータに対しても極めて高速にクエリを実行できます。実績のある Google Cloud の移行手法、移行ツール、パートナー ソリューションを使用すれば、自信を持ってモダナイゼーションを進められます。

大幅にオペレーションを簡略化し、TCO を削減

BigQuery により、レガシー インフラストラクチャを管理する運用上の負担をなくし、分析に集中することが可能になります。BigQuery のフルマネージド サーバーレス インフラストラクチャでは、データベース オペレーションが完全に自動化されるため、TCO を最大 41%~52% 削減できます。

データのセキュリティ保護と信頼性の高いオペレーションを実現

組み込みの暗号化、データの自動保護、大規模なデータ レプリケーションにより、データ ウェアハウスをセキュリティで保護し、データの引き出しのリスクを低減します。BigQuery は 99.9% の稼働時間 SLA に基づき、高可用性を実現します。

Google Cloud の移行フレームワークにより簡単にモダナイズ

実績のある Google のフレームワークにより、データ ウェアハウスの移行期間を短縮し、費用、複雑さ、リスクを低減できます。

準備と調査1主要なワークロードとユースケースを調査します。評価と計画2ユースケースに優先順位を付け、成功の基準を定義します。実施ユースケースごとに、以下の手順を 3a または 3b から開始して繰り返します。3移行(オフロード)3aデータスキーマと下流の ビジネス アプリケーションを 移行します。3b移行(完全)上流と下流のパイプライン ケースをエンドツーエンドで 移行します。3c確認と検証移行をテストして 検証します。繰り返す3a または 3b に戻ります。

ユースケース

Google の移行ツールとサービスでデータ ウェアハウスをモダナイズします。

ユースケース
Teradata から BigQuery への移行

BigQuery Data Transfer Service を使用して、データを Teradata から BigQuery に移行します。

ユースケース
Redshift から BigQuery への移行

BigQuery Data Transfer Service を使用して、データを Amazon Redshift から BigQuery に移行します。

おすすめのデータ ウェアハウス モダナイゼーション パートナー

Google の技術パートナーが提供するツールやサービスを使用して、データ ウェアハウスをモダナイズできます。Google のシステム インテグレータからエンドツーエンドの移行サポートを受けることもできます。

最新情報

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、プロダクトの最新情報、イベント情報、特典のお知らせなどが配信されます。