サーバーレス コンピューティング

アプリケーションの開発のみに専念できます。

サーバーレス コンピューティングとは

サーバーレスにすると、面倒な基盤インフラストラクチャの管理に時間をとられずにコードの作成やデプロイを行うことができます。これにより、開発者は最も重要なアプリケーションの開発に専念し、その他のことに頭を悩ませる必要がないため、生産性が向上します。サーバーの管理や事前のプロビジョニングが不要になること、トラフィックの需要に合わせた自動スケーリング、使用リソースのみを対象とする従量課金制システムなどは、サーバーレス コンピューティングの利点のほんの一部にすぎません。

エンドツーエンドのサーバーレス プラットフォーム

サーバーレスの利点は、コンピューティングの処理単位が関数であるかアプリケーションであるかにかかわりません。Google をご利用いただくと、フルマネージドでエンドツーエンドのサーバーレス プラットフォームを使用してファンクションやアプリケーションを開発し、デプロイできます。

コンピューティング

Cloud Functions

クラウド サービスを容易に連携させて機能を拡張できるイベント駆動型コンピューティング。

コンピューティング

App Engine

スケーラブルなウェブアプリやモバイルアプリのためのフルマネージド サーバーレス プラットフォーム。

ストレージ

Cloud Storage

セキュリティと耐久性を考慮して設計された統合オブジェクト ストレージ。

データベース

Cloud Firestore

フルマネージドで水平スケーリング可能な、モバイルおよびウェブ用の NoSQL データベース。

データ ウェアハウジング

BigQuery

あらゆる規模の分析に対応する、高速かつフルマネージドのエンタープライズ データ ウェアハウス。

データ分析

Cloud Dataflow

信頼性と表現力を備えたストリーム データ処理とバッチデータ処理。

メッセージング

Cloud Pub/Sub

規模の大小を問わず、あらゆる場所からリアルタイムでイベント ストリームを取り込みます。

機械学習

Cloud ML Engine

優れたモデルを構築して、本番環境用に簡単に移行できます。

始めに

Cloud Functions

どこで発生したイベントに対しても、それらに応答してオンデマンドでコードを実行します。Google やサードパーティのクラウド サービスを連携させて機能を拡張し、ゼロから地球規模にまでスケーリング可能なアプリケーションを構築できます。その際、サーバーのプロビジョニングや管理は一切必要ありません。

詳細 

App Engine

一般的な開発言語やツールを使用することで、より高い生産性とアジリティを維持できます。サーバーの管理も環境の構成も不要なため、開発者は管理作業に時間をとられずにスケーラビリティの高いアプリケーションの開発に専念できます。

詳細 

お問い合わせ

使用の開始にあたりサポートが必要ですか。または、適切なパートナーをお探しでしょうか。

お問い合わせ

サーバーレス コンピューティングは、次に訪れる大きな波です。それはソフトウェア開発における本当にうまみのある事業分野です。

Brian Granatir 氏 Smart Parking 社 SmartCloud エンジニアリング チーム主任

サーバーレスとコンテナ: それぞれの長所を生かす

コンテナには、お客様の選んだ環境がオンプレミス、Google Cloud、サードパーティ クラウド プロバイダのいずれであっても、固有の要件を持つアプリケーションを実行できる柔軟性があります。しかし、コンテナの使用と引き換えにサーバーレスの利点をあきらめる必要はありません。その逆もまた同様です。

Cloud Functionsアルファ版上のサーバーレス コンテナ

Cloud Functions 上のサーバーレス コンテナを使用することで、サーバーレスのメリットをすべて享受しながら、お客様が独自にコンテナ化したワークロードを GCP 上で実行できます。この場合も、お支払いは従量制です。サーバーレス コンテナについて詳しく知りたい場合は、アルファ版をお申し込みください。

Kubernetes Engine サーバーレス アドオンアルファ版

サーバーレス アドオンのワンクリック デプロイにより、現在のお客様のワークロードを Kubernetes Engine で実行できるようになります。サーバーレス ワークロードをお客様独自のクラスタで実行しながら、サービス提供や自動スケーリングのニーズを自動的に管理できます。このアドオンについて詳しく知りたい場合は、アルファ版をお申し込みください。

Knative

Knative は Kubernetes を拡張することで、これまでなかったミドルウェアを提供します。このミドルウェアは、ソース中心の最新のコンテナベース アプリケーションを開発する際には不可欠です。Knative が焦点を当てているのは、「煩雑で理解が難しい」コード部分です。これらは必須コードですが、何度も繰り返されるため、コーディングのメリットが少ない箇所です。

サーバーレスでの CI / CD

Cloud Build を使用すると、サーバーレス アプリケーションの継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI / CD)のパイプラインを簡単かつ迅速に作成できます。Kubernetes、Firebase、サーバーレス ランタイム(Cloud Functions、Knative、App Engine など)にわたってビルド、テスト、デプロイを行うためのカスタム ワークフローを自由に定義できます。

詳細 

Cloud Build のドキュメント

Cloud Build のトリガーを使用することで、GitHub、GitLab、Cloud Source Repositories、Bitbucket リポジトリでコードを変更したときに自動的にビルド、テスト、デプロイが行われるようになります。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めてご利用の場合、$300 相当の無料クレジットを使ってあらゆる GCP プロダクトをお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築や、お客様のニーズに合ったパートナーを見つけるお手伝いをいたします。

このページで紹介しているプロダクトは現在、アルファ版の段階にあります。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。