CPU 制限

このページでは、Cloud Run コンテナ インスタンスに使用する CPU の数を指定する方法について説明します。デフォルトでは、Cloud Run コンテナ インスタンスは 1 つの CPU に制限されています。この値は、このページの説明に従って増減できます。

CPU 上限の設定と更新

Cloud Run のサービスとジョブの CPU 上限を設定できます。

デフォルトでは、各コンテナ インスタンスの CPU は 1 つに制限されています。任意の整数値を使用して、CPU を最大 8 つまで増やすことができます。

CPU とメモリ

CPU の最小メモリ要件は次のとおりです。

CPU 最小メモリ
4 2 GiB
6 3 GiB
8 4 GiB

または、Cloud Run サービスでのみ、使用する CPU が 1 未満の場合、0.08 から 1 までの任意の値を 0.01 単位で選択できます。1 より大きい値は整数値にする必要があります。使用する CPU が 1 未満の場合は、次の要件が適用されます。

設定 要件
メモリ メモリ上限に 512 MiB を超える値を設定するには、0.5 以上の CPU が必要です。
メモリ上限に 1 GiB を超える値を設定するには、1 以上の CPU が必要です。
同時実行 最大同時実行数1 に設定する必要があります。
割り当てられている CPU CPU 割り当ては、リクエストの処理中にのみ CPU を割り当てるように設定する必要があります。
実行環境 第 1 世代の実行環境を使用する必要があります。

Cloud Run サービスの場合

構成を変更すると、新しいリビジョンが作成されます。明示的に更新しない限り、以降のリビジョンでも、この構成が自動的に設定されます。

新しいサービスを作成するとき、または新しいリビジョンをデプロイするときに、コンソール、gcloud コマンドライン、YAML ファイルを使用して CPU の上限を設定できます。

コンソール

  1. Cloud Run に移動します

  2. デプロイ先の新しいサービスを構成する場合は、[サービスの作成] をクリックします。既存のサービスを構成する場合は、サービスをクリックし、[新しいリビジョンの編集とデプロイ] をクリックします。

  3. 新しいサービスを構成する場合は、必要に応じて最初のサービス設定のページに入力した後、[次へ] > [コンテナ、変数とシークレット、接続、セキュリティ] の順にクリックしてサービス構成ページに移動します。

  4. [コンテナ] タブをクリックします。

    画像

  5. プルダウン リストから目的の CPU の上限を選択します。使用する CPU が 1 未満の場合は、[カスタム] を使用します。CPU 数には 12468 のいずれかの値を選択します。CPU が 1 未満の場合は、0.08 から 1.00 までの範囲の値を 0.01 単位で指定します(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

  6. [作成] または [デプロイ] をクリックします。

コマンドライン

次のコマンドを使用して、特定のサービスの CPU の上限を更新します。

gcloud run services update SERVICE --cpu CPU

次のように置き換えます。

  • SERVICE は、実際のサービスの名前に置き換えます。
  • CPU は、目的の CPU の上限値に置き換えます。12468 のいずれかの値を指定します。CPU が 1 未満の場合は 0.08 から 1.00 までの範囲の値を 0.01 単位で指定します(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

次のコマンドを使用して、デプロイ中に CPU を設定することもできます。

gcloud run deploy --image IMAGE_URL --cpu CPU

次のように置き換えます。

  • IMAGE_URL は、コンテナ イメージへの参照(us-docker.pkg.dev/cloudrun/container/hello:latest など)に置き換えます。
  • CPU12468 のいずれかの値に置き換えます。CPU が 1 未満の場合は、0.08 から 1.00 までの範囲の値を 0.01 単位で指定します(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

YAML

既存のサービス構成をダウンロードして表示するには、gcloud run services describe --format export コマンドを使用します。読みやすく整えられた結果が YAML 形式で出力されます。次に、下記の手順に沿ってフィールドを変更し、gcloud run services replace コマンドを使用して変更後の YAML ファイルをアップロードします。必ず説明されているとおりにフィールドを変更してください。

  1. 次のコマンドで、構成を表示してダウンロードします。

    gcloud run services describe SERVICE --format export > service.yaml
  2. cpu 属性を更新します。

    apiVersion: serving.knative.dev/v1
    kind: Service
    metadata:
      name: SERVICE
    spec:
      template:
        metadata:
          name: REVISION
        spec:
          containers:
          - image: IMAGE
            resources:
              limits:
                cpu: CPU

    次のように置き換えます。

    • SERVICE は、Cloud Run サービスの名前に置き換えます。
    • IMAGE_URL は、コンテナ イメージへの参照(us-docker.pkg.dev/cloudrun/container/hello:latest など)に置き換えます。
    • CPU は、目的の CPU の上限値に置き換えます。12468 のいずれかの値を指定します。CPU が 1 未満の場合は 0.08 から 1.00 までの範囲の値を 0.01 単位で指定します(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。
    • REVISION を新しいリビジョン名に置き換えるか、削除(存在する場合)します。新しいリビジョン名を指定する場合は、次の条件を満たす必要があります
      • SERVICE- で始まる
      • 小文字、数字、- のみが使用されている
      • 末尾が - ではない
      • 63 文字以内である
  3. 次のコマンドを使用して、サービスを新しい構成に置き換えます。

    gcloud run services replace service.yaml

Cloud Run ジョブの場合

Cloud Run ジョブには 1 個以上の CPU を設定する必要があります。

Cloud Run ジョブの CPU を指定するには:

コンソール

  1. Cloud Run に移動します

  2. 新しいジョブを構成する場合は、[ジョブ] タブをクリックし、必要に応じて初期ジョブ設定ページを入力します。既存のジョブを構成する場合は、ジョブをクリックして [編集] をクリックします。

  3. [コンテナ、変数、接続、セキュリティ] をクリックして、ジョブのプロパティ ページを開きます。

  4. [全般] タブをクリックします。

    画像

  5. プルダウン リストから目的の CPU の上限を選択します。1246、または 8 個の CPU を選択します。ジョブには 1 個以上の CPU が必要です(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

  6. [作成] または [更新] をクリックします。

コマンドライン

  1. 次のコマンドを使用して、特定のジョブの CPU の上限を更新します。

    gcloud beta run jobs update JOB_NAME --cpu CPU

    次のように置き換えます。

    • JOB_NAME は、ジョブの名前に置き換えます。
    • CPU は、目的の CPU の上限値に置き換えます。CPU の値は 12468 のいずれかに指定します。ジョブには 1 個以上の CPU が必要です(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

    また、次のコマンドを使用してジョブの作成時に CPU を設定することもできます。

    gcloud beta run jobs create JOB_NAME --image IMAGE_URL --cpu CPU

    次のように置き換えます。

    • JOB_NAME: ジョブの名前。
    • IMAGE_URL: コンテナ イメージへの参照(us-docker.pkg.dev/cloudrun/container/job:latest など)。
    • CPU は、目的の CPU の上限値に置き換えます。CPU の値は 12468 のいずれかに指定します。ジョブには 1 個以上の CPU が必要です(必要な設定については、CPU の上限の設定と更新の表を参照)。

CPU 設定を表示する

Cloud Run サービスの現在の CPU の設定を表示するには:

コンソール

  1. Cloud Run に移動します

  2. 目的のサービスをクリックして、[サービスの詳細] ページを開きます。

  3. [リビジョン] タブをクリックします。

  4. 右側の詳細パネルの [コンテナ] タブに、CPU の設定が表示されます。

コマンドライン

  1. 次のコマンドを使用します。

    gcloud run services describe SERVICE
  2. 返された構成で、CPU 設定を見つけます。

Cloud Run ジョブの現在の CPU の設定を表示するには:

コンソール

  1. Cloud Run ジョブに移動

  2. 目的のジョブをクリックして、[ジョブの詳細] ページを開きます。

  3. [構成] タブをクリックします。

  4. 構成の詳細で CPU の設定を見つけます。

コマンドライン

  1. 次のコマンドを使用します。

    gcloud beta run jobs describe JOB_NAME
  2. 返された構成で、CPU 設定を見つけます。